サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

siteB、寒さに打ち克つ冬の釣り特集③

年末年始に9人全員がバスをキャッチ。「ラスバス・初バスドキュメント」

サイト・ビー=まとめ
siteBでは、Basser2015年3月号に掲載した9人のアングラーによる年末年始釣行記を公開しています。
「2014年のラストバス、もしくは2015年の初バスを釣ってきてほしい」という編集部からの依頼に応え、なんと全員がバスをキャッチ。
貴重な1尾をキャッチするためのテクニックも解説されていますので、ぜひ参考にしてください。


ラスバス・初バス挑戦記

馬路久史×利根川maji-112月27日、消波ブロック帯で重めのスモラバをズル引く

平川征利×相模湖p044-045_hirakawa-112月31日~1月1日、40㎝アップを連続ヒットさせたルアーはやっぱりデビルジグ!

高橋洋一×笹川湖p46-47-takahashi-41月2日、カレントが緩むベンドのインサイドでダウンショットのシャクリが効いた!

市川哲也×琵琶湖p048-049_ichikawa-51月4日、答えをバスに訊いた巻きモノからテキサスリグへのローテ

羽生和人×亀山湖p50-51-habu-11月4日、初バスへの最短距離はディープのライトリグ

草深幸範×野田奈川p052-053_kusabuka-51月1、2、4日、シャローカバーへ撃ったテキサスリグに落ちパクバイト!!

杉村和哉×琵琶湖p054-055-sugimura-141月5~7日、最低水温期でもねらいはフィーディングフィッシュ!

大津清彰×利根川 p56-57-ootsu-2 1月6日、消波ブロックと支流をキーワードに小魚食いのバスをねらう

早野剛史×河口湖p58-59-hayano-31月7~8日、サイトフィッシングとディープゲームの二本立てで挑んだ二日間


 
 
 もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。
 さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。
 台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。
 また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/12/11

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING