サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

siteB、寒さに打ち克つ冬の釣り特集①

低水温期にクオリティーフィッシュを反応させるヒント集

サイト・ビー=まとめ
 2017年も残すところあと1ヶ月。寒さも本格的になってきました。siteBではこれからの低水温期にぜひ試してほしいテクニックの数々を掲載中です。

小林知寛×フェイス 冬は黙ってジャーキング

koba-16
第1回:1日中ジャークし続ける理由
第2回:ルアーを1種類に絞る意味
第3回:ウエイトの貼り方も使い分ける。小林流チューニング&タックル
第4回:バイトの出方で考えるカラーローテーション
第5回:釣果に差がつくジャークベイト操作法

関和学×霞ヶ浦 冬のクランキングゲーム

254-sekiwa-008
第1回:霞ヶ浦本湖でクランクを巻くとき、シャッドを巻くとき
第2回:水温8度台の朝マヅメ、クランクを巻いて2尾をキャッチ
第3回:日中はシャッドにローテーション

青木大介が実践するフィネス・ビッグベイティング

no220_aoki-big-001
第1回:ボディーサイズによるアピール力が冬バスに効く
第2回:同じビッグベイトで4種類の浮力を使い分ける
第3回:ねらうべきは3mより浅いシャロー
第4回:アプローチこそフィネスに!
第5回:冬の相模湖でもビッグバスをキャッチ

中村哲也×池原貯水池 冬の巻きモノゲーム

243-naka-012
第1回:「何を求めて冬の釣り場に行くのか。まずはそこ」
第2回:ヨコの釣りを選んだ理由
第3回:総リトリーブ距離10kmの果てに
第4回:中村さんが実践した4つのテクニック
第5回:中村さんのメインルアー&タックル

川村光大郎×高滝湖 食わせとナチュラルリアクション

k-001
第1回:テクニックの前に、まずはアプローチの基本を
第2回:ナチュラルなルアーにリアクション要素を加える釣り
第3回:低水温期に有効な食わせの釣り
第4回:「カバーの中でメタルジグをシャクれたら……」

温故知新でひも解くバス釣り

allstar6-01_0001c
第1回:西山徹が試行錯誤した1979年のウインターバスフィッシング
第2回:西山徹が経験したウインターバスフィッシングのヒントとは?
第3回:西山徹が見出した冬バスねらいのノウハウ
第4回:西山徹が教える冬バスの“聖域”の見つけ方

 
 
 もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。
 さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。
 台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。
 また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

2017/12/5

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING