サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

早野剛史が実践するジャークベイト高速ポンプリトリーブ :第2回

高速ポンプのロッドワークとリールワーク

Basser編集部=写真と文
270_hayano-011_1
JB TOP50に参戦するトーナメントアングラーにして、高いプロフェッショナル意識をもつガイド、早野剛史さん。
ゲストに釣ってもらうために編み出したジャークベイトメソッドは、「ハヤノポンプ」とでも呼びたくなるような彼のオリジナルだった。
今回は、2014年4月に行なった取材のようすを時系列で追いながら、その釣り方を紹介したい。


※この記事はBasser2014年6月号に掲載されたものを再編集しています

●早野剛史(はやの・たけし)
1988年2月20日福岡県生まれ。元・バスケットマンで日常生活は両利き、釣りの利き手は右。2012年のJBマスターズで年間5位の成績を収め、2013年よりTOP50に参戦。河口湖、山中湖、西湖、野尻湖、桧原湖でガイドを営業しており、WFG(ワールド・フィッシング・ガイド)にも加盟。詳細は下記ホームページで。
Hayano Guide Service 
WFG
湖波(レンタルボート&食事処)


北北西の風で南岸に時合到来!

 前回は朝の無風の状況での釣りを見せてもらったわけだが、10時半になると、それまで東絡みで弱く吹いていた風が、北西に変わって勢いをやや増した。そのタイミングで早野さんは、前もって水深2m前後にベイトフィッシュを確認していた南岸の溶岩帯へ向かった。

 その少し前、鵜ノ島のウインディーサイド(そのときは島の西側)でも起きていたことが、南岸でも起きていた。ひょろひょろと頼りなく泳ぐシラウオの群れが、目視可能な水面直下まで上がってきていたのである。

 1尾目は水中の大岩を目視してのポーズ&トゥイッチでキャッチ。さらに、そこから今回の真打ちである「高速ポンプリトリーブ」に切り換え、瞬く間に2尾を追加した。

270_hayano-004_1 ウインディーサイドで大岩を視認し、際でトゥイッチを入れて1尾目を誘い出した

270_hayano-005_1ヒットルアーはマグスカッド128のサスペンドモデル

270_hayano-006_1予報どおり吹きだした風の中、高速ポンプリトリーブで2尾目をキャッチ

早野オリジナルの高速ポンプリトリーブ


「ポンプリトリーブですよ」

 そう早野さんが言うメソッドは、記者が知るポンプリトリーブとはだいぶかけ離れていた。が、「ポンプリトリーブ」「ポンプリトリーブ」と繰り返し当たり前のように言うので、こちらの常識が違っているのかと不安になり、簡単な動画を撮っていろいろな人に観てもらった。

 そうしたところ、やはり早野さんのメソッドは普通のポンプリトリーブではなかった(安心した……)。どこが「普通」とかけ離れているかといえば、それはスピードだ。ポンプリトリーブには違いないのだが、まるで動画を高速再生しているかのようにロッドの引きも戻しも異常に速いのである。

早野さんのポンプリトリーブ

 ロングキャストしてリーリングで1~2m(任意の水位まで)潜らせたら高速ポンプを開始。正面から90度ほどグイッとロッドを引いてそこでロック。ロッドを引く速度とリップの抵抗に負けたロッドは、大きくしなり、そこから反発して直線状に戻っていく。この戻りのストロークでジャークベイトが泳ぐ。

270_rod-001_1ご覧のとおりバットが入るくらい速く、力強く、ロッドでルアーを引く。ダートさせるのではなく、あくまでもリップで水を噛ませて泳がせたいので、ロッドの引き方はスイープにアワせるときの要領で「グイッ!」が正解。「ビシッ!」はNG

 ロッドの戻り始めはルアーが速く泳ぎ、直線に近くなるに従って反発力が弱くなるためルアーは減速していく。

270_rod-003_1曲げたロッドが直線状に戻ろうとする反発力でルアーを引く。反発力は最初強く、徐々に弱くなるため、それに準じてルアーの速度とアクションのピッチも変化する。これをロッドがオートマチックにやってくれるのが早野式ポンプの大きな特徴

 ロッドが完全に直線に戻るより一瞬早くロッドポジションを正面に戻す。このロッドを戻す動作のときに、左手の指でハンドルを引っ掛けて弾き、その勢いと慣性でハンドルを回してロッドを元のポジションへ戻しつつラインスラックを瞬間的に回収。

270_rod-004_1ロッドが真っ直ぐになる”直前に”ロッドポジションを元の位置へ戻す。「じわじわ減速……、……停止」ではなく、ある程度のスピードで泳いでいるルアーを「ピタッ」と止めるため

270_reel-001_1連続でポンプリトリーブするため、ロッドを元のポジションに戻すわずかな時間でラインスラックを回収しきる必要がある。ハンドルを普通に回していては手の動きが追いつかない。ハンドルを弾いて回転させ、慣性で回し続けることでラインスラックを一瞬で処理する

270_reel-003_1ハンドルを弾いて回す動作は、ロッドを前方へ戻す動作と連動している。このときラインテンションはだるだる(ルアーの抵抗ゼロ)だから、慣性の回転でスラックを回収できる。そのうえ、こうしてスラックを処理すれば”一瞬だが完全な静止状態”を作り出せる


 ロッドの戻しとラインスラックの回収を同時に行なっているとき(慣性でハンドルが回る=ラインスラックは回収しつつもだるだるになっている)、サスペンドジャークベイトは一瞬だが完全にステイしている。

 ロッドポジションが身体の正面に戻り、ラインスラックを回収しきると同時に次のストロークに移ってルアーを引く。

 観れば一目瞭然なので、ジャッカルホームページにアップされている動画をご覧になっていただきたい。ちなみにその映像で早野さんが行なっているのは、「アップストローク気味の高速ポンプリトリーブ」。当日に見せてもらったなかでは「中速」にあたるロッドワークだが、それでも充分に速いと感じるはずだ。

JACKALLSTATION「早野剛史 河口湖実釣連発シーン集」
※早野式ポンプリトリーブは1:00~



  
 
  
 
 好評発売中のBasser2017年6月号。巻頭記事では、伊豫部健さんが牛久沼に初挑戦! 「バスの個体数は少ないが、出ればデカい」と言われる老舗レイクで、伊豫部さんが春を追い求めます。人気連載「オカッパリで行こう!」、「THE TAKE BACK」のほか、橋本卓哉さんや折金一樹さんによる5月の表層攻略法を紹介。実践すれば釣果に直結するヒントが満載です。特別付録の『fenwick Aces Concept Book』では、フェンウィックの新たなフラッグシップ「Aces(エイシス)」の全モデルをウエイト別のベンディングカーブとともに紹介。お見逃しなく!




  
 

 

河口湖、西湖、山中湖を現地ガイド中田敬太郎さんが誌上ナビゲート!

 

山中湖 河口湖 西湖バス釣り大明解MAP

中田敬太郎


2017/5/2

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING