サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

開幕直前、H-1グランプリウイニングルアーまとめ 新利根川篇

クランク、スピナベなど定番の巻き物が勝利に貢献

サイト・ビー=まとめ
 いよいよ次の日曜日に迫ったH-1グランプリ開幕戦。その舞台は茨城県・霞ヶ浦の流入河川のひとつ、新利根川。そこでこの記事では過去に新利根川で開催された同トーナメントのウイニングルアーをまとめました。

※ルアーの写真は、実際に使用されたものとカラーなどが異なる場合があります。ご了承ください。

H-1グランプリとは?

鈴木美津男さんが提唱する新スタイルのトーナメント。ハードベイト縛り、エレキ限定のレンタルボート戦で、順位はバス3尾(キーパーサイズは設定なし)のウエイトで決定される。5戦終了後に、年間順位上位30名が参加できる「マスターズカップ」が行なわれる。年間優勝の賞品はアメリカのバスフィッシングツアーへの招待状! 詳しいルールやエントリー方法などはウェブサイトをチェック!
http://www.h1gpx.com/index.htm

関連記事
H-1グランプリ&レンタルボート多根や H-1戦士のレンタルボート
JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録
dsc_8540

2011年第3戦
10月2日(日)

優勝:中西通選手 3尾2480g
ウイニングルアー:ノーネイム・クランク(ウッドリーム)

nnc_10_cb_l_mbc

稲渋による水質の悪化で参加選手の半分近くがノーフィッシュというタフコンディションのなか優勝したのは中西通さん。1660gというビッグフィッシュを洲ノ野原にあるワンド内のクランキングでキャッチし、そのあともクランクを巻き続けてリミットメイクした。


2012年第5戦
9月2日(日)

優勝:斉藤憲治選手 3尾2850g
ウイニングルアー:アスカ45MR(ジャッカル)

aska
洲ノ野原で1㎏クラスを3尾揃えた斉藤憲治さんが優勝。妙岐水道などのブレイク(水深0.5m→3m)でクランキングを行なった。ルアーはアスカ45MRで、ブレイクのエッジを超えた直後にドン!と食ってきたという。ちなみにボトムタッチはしていなかったそうだ。

2013年第5戦
9月1日(日) 茨城県 新利根川

優勝:増満健太郎選手 2尾2090g
ウイニングルアー:ディーパーレンジ1/2oz(ノリーズ)、タイニーブリッツMR(OSP)
deeper_range img_products_main_tinyblitzmr2
川筋で500gクラスを釣ったあと(ヒットルアーはタイニーブリッツMR)、洲ノ野原の水門周りで1500gのビッグワンをゲットした増満健太郎さんが優勝。沖にボートポジションをとり、ブレイクに沿ってディーパーレンジ1/2ozをスローロールした。リトリーブスピードは「常にボトムを感じる速さ」だったという。この試合の上位4名に共通していたのは「スローリトリーブ」で上昇していた水温に対応していたことだった。

2014年第1戦 ケイズカップ
4月20日(日)

優勝:斉藤俊輔選手 2尾3500g
ウイニングルアー:クリスタルS 1/2oz (ノリーズ)、ワンテンJr. (メガバス)

crys※実際のカラーはホワイトチャート

nnc_10_cb_l_mbc
2060gと1440gというスーパービッグフィッシュを獲ってきた斉藤俊輔さんがぶっちぎり優勝! 3回プラに入って1回目は2kgと1400g、2回目は計4㎏。3回目はデコったもののビッグフィッシュパターンが完全に見えていたようだった。2㎏のヒットルアーはクリスタルS1/2oz(ノリーズ)。新利根川中流のアシ沖のシャロー(水深1m未満)の水面下30~50㎝を引いて口を使わせた。1440gはワンテンジュニア(メガバス)をたらたらたら……とスローに巻いていたらバイトが出たという。ワカサギパターン?

2015年第1戦 プロショップ ケイズカップ
4月19日(日)

優勝:山川祐介選手 3尾3010g
ウイニングルアー:ソウルシャッド45SP(ジャッカル)
098
山川祐介さんが2尾の1400gクラスでぶっちぎり! エリアは新利根川最下流部。最も選手が多かったエリアで釣り勝った。「周りを見るとクランクとスピナーベイトを投げている方が多かったので、『弱めを』ということでシャッドにしました。ボトムに当たってもリトリーブを止めずそのまま引くとバイトが出ました。魚探がなかったので、いい感じでボトムを叩く水深を、釣りをしながら探していきました」と山川さん。

2016年第4戦 プロショップK’s・一竿堂CUP
7月24日(日) 

優勝:横井丈史選手 3尾3640g
ウイニングルアー:TAKE-Cクランク(自作)
takec
1200g、800g、1600gとビッグバスを3尾持ってきた横井丈史さんが優勝!! 真珠棚でクランクを巻き続けるという夏の霞ヶ浦の王道と言える釣りだった。ルアーは自作のシャロークランク「TAKE-C」。比較的速めのリトリーブで真珠棚の際だけでなくちょっと離れたところも探った。

  
 
 2017年3月25日発売のBasser5月号で特集するのはテキサスリグ。リーダーレスダウンショットというカバー攻略のライバルが世に定着した今、それでもなお青木大介さんと小森嗣彦さんという国内最強を争うふたりがテキサスリグにこだわるのはナゼなのか? その理由と活用術を紹介します。そのほかにも、このリグの魅力を100%以上引き出している多数のアングラーの技を掘り下げていきます。









2017/4/21

つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…

最新号 2018年9月号

「自分らしさ」をボックスの中に表現しよう!

ボックスとタックルの整理術を大特集!
ボックスには、アングラーそれぞれのスタイルや考え方が色濃く反映されます。
今号では、ただ「誰のボックスに何が入っているのか」ではなく、そのセレクトの裏側や整理術に焦点を当てました。
巻頭では、国内で数々のタイトルを手にしてきたトップトーナメントアングラーである、青木大介さんと北大祐さんそれぞれのボックスに見るスタイルの違いに迫ります。
折金一樹さんは編集スタッフのボックスを独自の理論をもとに断捨離、そして再構築。釣果につながる方法論が次々飛び出し、Dr.オリキンのオペを受けた患者が直後のH-1で何と……!!
さらに、川村光大郎さんはオカッパリにおけるルアーセレクトと収納術を、伊藤巧さんはレンタルボートのスペースを最大限生かすために突き詰めたセッティングを公開。
プロアングラーだけでなく、霞ヶ浦と亀山湖に通うアングラーのリアルな持ち物を現地特派員がチェック!!
読んでタックル整理を楽しむだけでアラ不思議の釣果アップ!!(※当社比) 異色にして必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING