サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

斉藤真也×亀山湖 「本気食い」をねらうフロッグゲーム :第3回

フロッグとタックルのセレクト

Basser編集部=写真と文
dsc_3242
いかに本気食いさせるか。
それこそがフロッグゲームのカギであり、ロマンだ。
亀山湖でフロッグのロマンを求め続ける男、斉藤真也さんはそう断言する。
フロッグの魅力と、求められる技術とは?
今回は、斉藤さんが愛用するフロッグとタックルについて紹介したい。


dsc_0004 ●斉藤真也(さいとう・まさや)
1981年生まれ。千葉県出身。千葉県市原市にあるプロショップ「オンリーワン」に勤務するとともにO.S.Pのプロスタッフを務める。2004年の房総チャプターで年間ランキング1位、高滝湖や亀山湖で開催されるローカルトーナメント「SINZANKAI」で優勝多数。2010年JB霞ヶ浦年間優勝。 2015年NBCチャプター茨城第2戦優勝。2014 Kota’s American Dream優勝。

この記事は2011年8月号に掲載されたものを再編集しています。

ダイビングフロッグを愛する理由


 斉藤さんが当時の取材で使ったのは、ダイビングフロッグ9割、スケーティングフロッグ1割だった。今回だけでなく普段の釣行でも、ほぼダイビングフロッグしか投げないという。その理由はダイビングフロッグ特有のフロントカップに集約されている。カップ部分で水しぶきとサウンドを発生させるため、スケーティングフロッグよりもアピール力が強い。また、カップが浮きゴミを動かすことで、バスがルアーの存在に気づきやすくなる。

img_cf30 dsc_0157 ダイビングフロッグ(O.S.P)
斉藤さんが溺愛するフロッグ。フッキング率を高めるためのチューンを施し、アピール力を強めるためにブレード(ハイピッチャーブレード♯3.5)を装着している


dsc_0080 キャストの9割を占めるダイビングフロッグはトゥイッチするとスプラッシュとサウンドを立てつつチョイ潜りする。フェイバリットの理由は、ほかのフロッグと比べてアピール力が強いから

dsc_3300a カップが浮きゴミを掻き分けるのも強アピールの一因。「ゴミが動くことでバスの興味を引けます。逆に警戒する魚もいますが、そんなビビリなバスはフロッグには食ってこないので最初から相手にしません」

 スケーティングフロッグはバスの活性が低いであろう昼間に、アピール力を抑えるために用いていた。基本的に最初はダイビングフロッグを使い、ミスバイトがあった場合はフォローとしてスケーティングフロッグにローテーションすることが多いという。

img_products_main_skatingfrog スケーティングフロッグ(O.S.P)
ヒシモや浮きゴミの上など、ダイビングフロッグだとゴミを拾いすぎてしまうシチュエーションで出番がある。ダイビングフロッグに反応がないときにフォローとして入れることも


 ブレードはほとんどの場合で付ける。後方重心になるのでロングキャストしやすくなるとともに、アピール力を補強することができる。浮きゴミを釣るときはとくに欠かせない。ゴミが厚くても、ブレードだけが水面下に垂れ下がりバスの興味を引くことができるからだ。

 カラーに対するこだわりは「とくにない」とのことだったが、強いて言えば、「陽射しが強いときは腹が白いものを使うといい気がする」とのことだった。   

ロッドは7ftヘビーパワー、リールはハイギヤ


 取材当日、斉藤さんがボートに積んだタックルはたったひとつだけだった。

dsc_3230 取材時に斉藤さんがボートに持ち込んだのは1タックルのみ。釣行のほとんどはこのスタイルだとか

 ロッドは7ft、ヘビーパワー。

 フッキング時にバスの口の中でフロッグのボディーを潰し、バスのアゴを貫くためには、ロッドはミディアムヘビー~ヘビーパワーが必要だと斉藤さん。長さは6ft6in以上あればアワセのストロークが充分にとれる。

 リールはハイギヤモデルをチョイス。フッキング時に素早くラインスラックをとる必要があるため、巻き取りが速いハイギヤのほうがいい。ラインはPEラインが絶対。「擦れに強いから」という理由はもちろんのこと、フッキング時のパワーロスが圧倒的に少ない。

斉藤さんのタックル
※当時の釣りを今(2017年)するなら……
ロッド:グレッグスペシャル70H(オンリーワンオリジナル)
リール:ジリオンSV TW1016SV-XXHL(ダイワ)
ライン:ソルティガ12ブレイド5号(ダイワ)


◆関連記事
ルアー別フッキング実例集 ebihara蛯原英夫×フロッグ

  
 
  
 
 Basser7月号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。沖田護さん、川口直人さん、山木一人さん、泉和摩さん、北大祐さんらの解説のほか、このルアーを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。第2特集で取りあげるスイムジグとチャターベイトタイプも見逃せない内容です!


  
 
  
 

 

霞ヶ浦オカッパリと琵琶湖ボートロケでお届けするフロッグフィッシング・ハウツーDVDの決定版!!

 

内山幸也 バンク・ビート・フロッギン

DVD-75分

  
 

 

タイプの異なるフィールドで三者三様のフロッグメソッドを公開!

 

伊豫部健/斉藤真也/大西健太
フロッグ講座

DVD-130分








2017/6/5

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING