サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

骨折していてもバス釣りはできるのか?

津輕辰彦さんの釣行レポート

津輕辰彦=写真と文
tsugaru-12
「骨折していたのにフルスイング」などの逸話はプロ野球の世界では時おり聞く話です。
では、骨が折れていてもバスを釣ることはできるのか?
釣行を我慢できなかった津輕辰彦さんからレポートを寄せてもらいました。


津輕辰彦(つがる・たつひこ)
H-1グランプリの上位常連でスピナーベイトを最も愛するハードベイト使い。H-1マスターズカップで2度勝っている唯一の選手。2016年のマスターズカップでは11月の片倉ダムでスピナーベイトを巻き倒し優勝。田辺哲男さんから来た年賀状には「スピナーベイトはまかせましたから」と書いてあったという(家宝)

◆ブログ:ポチョンドッカン

tsugaru-2

スッパー、ケガをする


7月末の某日、不注意で右手小指の中指骨を骨折してしまいました。人生初の骨折に加え、利き手の怪我であることから、完治するまでしばらくの間は釣りをすることは不可能だと思っていました。ちなみに病院の先生からは「全治4週間くらいだろう」と言われておりました。患部の中指骨が一緒に動いてしまう可能性があるので薬指も小指と一緒に固定して、腫れを引かせる漢方をひたすら飲み続ける1ヵ月間が始まりました。

tsugaru-11

それでも釣りがしたい!


怪我から2週間ちょっと経ったある日、亀山湖にて先輩と釣りに行こうという話になりました。利き手が親指~中指までの3本しか使えない状況で釣りができるのか未知数でしたが、患部の痛みも消えていたことからバックシートに乗せていただくことに。

普段レンタルボートでバスフィッシングを楽しんでいますが、さすがに左手だけでバッテリーの持ち運びは不可能と判断。先輩にボートセッティングをしていただき、おんぶにだっこスタイルで出船することになりました 笑

どんな釣りをする? どんな釣りができる?


私は根っからのハードベイターで、プライベートでもまったくソフトベイトを投げません(数年前に衣装ケース3箱分のソフトベイトを処分してしまったので、家にソフトベイトが一本もありません 笑)。ただ、今回についてはキャスト数が多くなり、重いものを投げる機会が多いハードベイトの釣りは不可能と判断。手数が少なくて済み、投げるものも比較的軽いことが多いサイトフィッシングに限定して釣りをしてみることにしました。

ちなみに私はサイトフィッシングが大の苦手。一方同船者の先輩はサイトフィッシングのスペシャリスト! ハードベイターの誇りはそっとしまい込み、これをよい機会と捉えてライトリグのサイトフィッシングを決行してみることにしました。

なんとか釣りになる!

普段ほとんどスピニングタックルをボートに積むことがなく、ここ数年は1年間のうちにスピニングタックルで釣る魚は片手以下、という状態だった私。当然、ライトリグ用のタックルもルアーも何も持っていないので、すべて先輩にお借りしました。

この日はサイトフィッシングを勉強することと、どの程度釣りができるのかを確認することが目的でしたので、魚を見つけた後のアプローチの間合いやルアーを落とすべきスポットなどを教えていただき、お手本を見ている時間も多くありました。

いざ実践してみよう! ということになり、タックルをお借りしますが、右手が不自由なため、まずどのようにキャストしてよいかがわかりません……。お借りしたのはソリッドティップのレーシングマシンのようなカリカリのスピニングタックルに最近話題の1.5inほどの沈むムシ系ソフトベイトのノーシンカーというタックル。左手でキャストしたりしてみましたが上手くいかず、色々試してみた結果、右手の中指でフェザリングしつつ、ピッチングの要領で垂らしを長めにとり遠心力で降り飛ばす方法を編みだすことに成功!30分ほどでなんとなくねらったスポットに落とすことができるようになり、魚もキャッチすることができました!!

tsugaru-7

ベイトタックルでスピナーベイトも投げてみる


秘伝のサイトフィッシングで何尾か魚をキャッチさせていただき大満足! ……ではあるのですが、人間とは欲深いもので、もともと根っからのスッパーである私はスピナーベイトを投げたくて仕方なくなってしまいました。

ちなみに私は右投げ左巻きスタイルを20年続けており、手持ちのリールはすべて左ハンドルです。9月初旬にはH-1津久井湖戦が控えており、そのタイミングでケガが治っているか微妙なタイミングだったこともあり、左投げ右巻きスタイルに慣れておく必要があると考え、親しい友人から右ハンドルのベイトキャスティングリールを借りてきておりました。

が、これが想定とは大きく異なり、右ハンドルのリールのハンドルが固定した指に当たり、うまく回せないことが判明! 指が当たらないようにハンドルを回すこともできなくはありませんが、そもそも20年左巻きだったため、右手でうまくハンドルを回すことができないのです。

tsugaru-10
それならば、と普段どおりの左巻きリールに変えて、右手の稼働する指3本でロッドのフォアグリップをスプーンを持つ要領でホールドし、グリップエンドを脇に挟み込んでみると普段と変わらぬフィーリングでリーリングできることがわかりました。ロッドポジションの調整と巻き合わせで釣りが完結するリーリングベイトなら全く問題がなさそうで、むしろ普段よりロッドがしっかりホールドされるのでラインスラックの調整が容易にできる印象すらありました。

tsugaru-4
tsugaru-5
フォアグリップをホールドした右手はそのままに、左手でサミングしてあげるとキャスティングも安定しており、ショートキャストなら全く問題がありませんでした。結果、流行りのスピナベサイトでも魚をキャッチ!

tsugaru-1

自分でレンタルボートをセットしてみる


後日、さらに欲深くなった私は自分のレンタルボートセットでハードベイトの釣りをしてみたくなり、新利根川へ。私のエレキは24V仕様ですので、通常バッテリーがふたつ必要です。さすがに1個25kgもある通常のバッテリー2発の積み下ろしは不可能と考え、スポンサードいただいている千葉県千葉市のプロショップ、「フィッシングガレージブラック」で話題のリチウムイオンバッテリー『リチビー』を借りしました。私が借りてきたのは24V60アンペアのモデルで重量が約16kg! これひとつで24Vのエレキが使えるのですから驚きです。左手だけで軽々持ち運び可能で、ボートセッティングも問題なし! 唯一、ハイデッキは両手を使って運ぶ場面がどうしても発生するため、今回は使用せず、松屋さんからイス代わりのミカン箱をお借りすることにしました。これはこれで新鮮かつ、移動時に腰を下ろせるので楽でした!

tsugaru-3
tsugaru-9
結果、1日中スピナーベイトやクランクベイトを投げ続けて7尾の新利根川フィッシュをキャッチ! 途中巨大キャットフィッシュや50アップの雷魚もキャッチしましたが、前述の方法でしっかりロッドをホールドできていたため問題ありませんでした。

tsugaru-6
tsugaru-8

必要なもの、タックル選び


指の骨折時のハンドランディングはハードルが高いと感じたため、ランディングネットは必須だと思います。タックルについては、普段より軟らかめのロッドをチョイスすることをオススメします。ルアーの重みを載せやすくすることでキャスティングが楽になるばかりでなく、レンギョやコイなど不意のビッグフィッシュと格闘せねばならない際も手への負担を減らすことができます。また、何かと不自由なことも多いので、頼み事ができる人と同行・同船することを強くオススメします。

怪我をしていてできる釣り、できない釣り


ケガの程度や部位によるとは思いますが、私のケースですとリーリングの釣りは可能ですが、ロッドワークを多用する釣りは不可能でした。具体的にいえば、スピナーベイトやクランクベイトは問題ありませんでしたが、ペンシルベイトやジャークベイトなどは手首がうまく動かないためアクションがつけられませんでした。また、ロングキャストもしんどい、というより限界があります。ショートキャストで成立する釣りが向いています。

今回、指を骨折してみて、普段やらないサイトフィッシングを勉強したり、左手でも不自由なくキャストできるようになったりと、怪我の功名もありました。しかし、当然のことながら怪我を治すのが最優先ですので、無理をせず、のんびり釣りを楽しみましょう!

※記事がアップされる8月下旬現在、骨折は無事治りかけています


Basser2019年10月号 好評発売中! hyo1
表紙をクリックすると試し読みができます

 小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
 たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
 また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
 青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。









2019/8/31

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2020年1月号

NEW WINTER GAMES 十人十色10の法則

メタルバイブ、シャッド、ダウンショット……。冷え込む時期はこれらのルアーたちが主役になりがちです。
ですが温暖化の影響もあってか、近年の冬は以前ほど寒く感じないことが多くなってきたように感じます。そんな冬を楽しく釣るための最新テクニックを特集しました。
三原直之さんのビッグスプーン&ビッグベイトに始まり、北大祐さんのウインタークランキング、山岡計文さんの新テクニック・ホバストなど、目を引く記事が満載。読めば、「冬の釣り」のイメージが変わり、これまでにない釣果を手にできるはずです。
「冬になるとなかなか釣れない」「いつも同じようなルアーを使っている」、そんな悩みを持つすべてのアングラー必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING