サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

牛久沼でライブスコープを使うとどうなる? レポート

有望エリアの見極めが一瞬でできるようになりました

siteB担当アライ=写真と文
lx
こんにちは。siteB担当のアライです。今年ガーミンのミドルクラス魚探の「エコーマップUHD 92sv」とライブスコープユニットを購入しました。ホームである牛久沼のレンタルボートで、主にパースペクティブモードで使っています。

浅い・泥底・マッディーウォーターのフィールドでライブスコープ(パースペクティブモード)をどうなるのか? 現時点でのインプレッションを紹介します!

◆目次
ライブスコープ・パースペクティブモード画面いろいろ@牛久沼
生命感の有無でエリアの見切りが一瞬
レンギョのスレを避けられる
ActiveCaptainアプリで中国製激安タブレット(¥9,560)とも連携できた


■ライブスコープ・パースペクティブモードについては佐々一真さんの解説がわかりやすいです。

ライブスコープ・パースペクティブモード画面いろいろ@牛久沼

まずは沼のようすを映し出した画面をどうぞ。

使用条件&設定データ
使用魚探:エコーマップUHD 92sv
レンジ:16~18m
感度:65~70%
TVG:低
ノイズ除去:低~中

03 浅い側からブレイクを見るとブレイクの向こう側は陰になります。深い側から見ると明るく見えます

沈船の上を通り過ぎようとするレンギョの群れ。群れずに泳いでいる小さめの魚も映っています

01 レンギョが振動子のそばを通り過ぎると遠くに大きな影が映ります。最初は巨大なUMAかと思いました

05 群れているのはヘラブナでしょうか

04 これは振動子を船尾(二機がけ用ハンドコン)にセットしたときの画面。画面に映るフットコンのモーターを基準にして、自分の真横のようすを常に把握できるのがメリット

nakanishi 振動子の角度によっては水面のものを映すこともできます。ほかのボートの航跡やバズベイトも映ったりします

水中はかなり生命感に溢れていますね。生命感がありすぎてバスがどれなのか全く判別がつきませんが、レンギョ(とにかく巨大)ははっきりわかりますし、群れている30~40cmくらいの魚はヘラブナかな?となんとなくわかります。

バズベイトも映ると書きましたが、牛久沼ではパースペクティブモードでルアーを映すのは少し難しいなというのが実感です。全体的に浅く水中の不純物も多い牛久沼では、ルアーのような小さいものを映せるように感度を上げるとボトムが非常に明るくかつノイズっぽくなってしまうことが多いからかなと思います。水深のある西谷田川(バンク寄りでも1~1.5m)なら比較的映りやすくなります。

生命感の有無でエリアの見切りが一瞬

今シーズン使ってみていちばん感じているメリットがこれです。

今の私には画面に映っている魚種は判別できませんし、バスがわかったとしてもサイトで釣るスキルがありません。ですがライブスコープを見ていればボート前方20m×幅40mの範囲の動くものが一目瞭然。今まで使っていた2D魚探とは比べ物にならない探査範囲の広さ&情報量の多さで、ボートを進めるだけで生命感のあるストレッチと虚無なストレッチがわかります。

基本的にバイトが遠い牛久沼。そのわりにどこでも釣れそうな風景なので、延々とバンクを撃っていけばどこかで釣れるだろうとダダ流ししてしまいがちなのですが、このストレッチで粘るべきなのか見切っていいのかをエリアに到着した瞬間に判断しやすくなりました。その結果、限られた時間の中でチェックできる範囲が広がりました。

また、日によって魚が岸寄りにも多いのか流心付近に固まっているのかも見えてきますし、魚が豊富なエリアの水の色や魚が嫌う濁り方などもわかるようになってきました。いままでもなんとなく「こうかな?」と感じていた部分ではあるのですが、それが目に見える事実とともに圧倒的なスピードで経験値として定着していく感じです。


レンギョのスレを避けられる

地味に感じているメリットがこれ。

新利根川や長門・将監川でもそうですが、クランクベイトやシャッドを巻いていて怖いのがレンギョなど巨大魚のスレ掛かり。

qごめんね(´;ω;`)


ひとたびヒットしてしまうとボートごと引っ張りまわされ、ルアーを外してあげるまで10分以上もかかってしまうことがざらにあります。

ライブスコープならレンギョがいる方向がわかるので、安全なコースを確認してキャストすることができます。

07 レンギョが多すぎて画面が黒く見えない! レンギョが七分に黒が三分だ!の図。細見橋下流で密集したレンギョの大集団に包囲されている


ActiveCaptainアプリで中国製激安タブレット(¥9,560)とも連携できた

最近取り組んでいるのが、「エコーマップUHD 92sv」のWi-Fi機能とActiveCaptainアプリを使ってのタブレットとの連携です。ActiveCaptainとはスマホやタブレットでフィールドの等深線マップが見られるアプリです。

GPSを搭載しているガーミンの魚探は、ほとんどのモデルでフィールドの等深線図を作成できる「クイックドロー」機能が使用できます。私の「エコーマップUHD 92sv」にも搭載されていますが、ライブスコープを使うとなるとその情報量を活かすため全画面表示で使いたく、そうなるとライブスコープとマップを同時に見られないというジレンマが発生しておりました。

09 タブレットと連携させているようす。マップの地形を頭に入れながら魚の多い場所・少ない場所を見ていきたい

このあたり詳しくはBURITSUさんの記事で詳しく紹介されているので、そちらを読んでいただくと機能などがよくわかります。
https://blog.buritsu.com/mrnobite/2018/10/31/garmin-activecaptain/

この記事の中ではiPadと連携させていますが、私はそこまでの予算がないのでWi-Fi機能とGPSを搭載した最安機種をAmazonで探しました。そして見つけたのがこちら。

VANKYO MatrixPad S10 
Amazon価格:¥9,560

10
ディスプレイ 10インチ
解像度    1280*800
CPU      Quad-Core Cortex A7
HDD 容量   32 GB
通信形式   Wi-Fi, GPS
OS      Android
防水機能   なし

※自己責任で購入しております。タブレット選びは魚探を購入したディーラーさんと相談して決めるのがいいでしょう

VANKYOというメーカー、皆さんご存じでしたか? 私は初めて知りました。中国のシリコンバレー、深セン市で2017年に設立されたメーカーとのことです。

届いた現物はディスプレイの端を押さえるとペコペコしたり、イヤホンジャック内に謎の出っ張りがあってイヤホンが挿さらないなど不安にさせてくれる作りでしたが、ActiveCaptainアプリは問題なくインストール完了し、ガーミンのクイックドローコミュニティーから牛久沼のマップデータ(ガーミンユーザーが自身で作成したデータをアップロードしてくれたもの)もダウンロード成功。

img_7349「ホーム」画面→「ActiveCaptain」画面に移動したところ。しっかりタブレットを認識しています


魚探側の「ホーム」画面→「ActiveCaptain」画面に移動して、「ユーザーデータの同期」ほかすべての項目にグリーンのチェックマークが付くように、タブレット側のアプリの権限等を設定したところ、魚探上で登録したウェイポイントが自動でタブレット上にも表示されるようになりました(魚探と接続しなくてもマップ自体は見ることができます)。

11 登録したい場所を選んで「ウェイポイントを作成」すると……

12 タブレット上にも表示が!

mount ちなみに船上でのタブレットの固定はどうしているかというと、段差のあるステンレス金具2つをビニールテープで連結したものと、クリップ式の雲台、1/4インチネジ穴付きのタブレットホルダーを組み合わせた総額¥2,000以下の貧乏マウントを自作しました



※最後に
魚探は正規ディーラーで購入しましょう。
ガーミン魚探の正規ディーラー一覧
振動子などセットアップの方法も相談できますし、万が一ソフトウエアのアップデートに失敗したときなどもサポートしてもらえます。
一方個人輸入は失敗談も多く、下のような詐欺サイトの被害にあうリスクもあります。

Basser2020年12月号 b08kh97lgn
表紙をクリックすると試し読みができます

 特集は「遠距離・ディープ×操作系ルアーのための細PE」。PEの「細くても強い」「伸びない」「比重が低い(浮く)」という特性を最大限釣果に繋げるために、どのような活用法や注意点があるのか。沈むPEやエステル系といった各素材のラインとの使い分けについても触れながら、早野剛史さん、赤松健さん、高梨洋平さん、松本幸雄さんらが詳細に教えてくれています。
 第2特集は「2020-2021冬MONO語り」。今読みたい、モノにまつわるコンテンツが満載です。防寒対策から最前線のレンタルボートセッティング、オカッパリアングラーのBOX拝見、現場とお家でできる小技集など、すぐに役立つ記事が満載です。





2020/11/17

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING