サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

第2回釣り人道具店ショップ、周辺情報!

7月20日(金)、16時からです!

釣り人道具店=文


みなさんこんにちは。釣り人道具店です。

以前からお知らせしているとおり、7月20日(金)、16時から第2回釣り人道具店ポップアップショップ+ガレージセールを行ないます!
第1回の模様はこちら!

場所は前回と同じ(株)つり人社本社ビル(東京都千代田区神田神保町1-30-13)の1階駐車場です。





今回は会社帰りに寄りたいとの声にお応えしての、平日開催。終了時間は20時となります。金曜日、20時終了となれば……、帰りに一杯、というお楽しみもあることでしょう。

そこで、つり人社周辺にある飲み屋、お食事どころを掲載します!

そう思い立ってカメラ片手にざっと一周しただけですが、改めて数えてみるとなんと25軒! すべて会場から半径300m以内、いや、200歩以内といってよいでしょう。毎日飲んでもコンプリートするには約1ヵ月かかります。

会場のお隣です。

ここは会場の向かい。カレー屋です。

斜め向かいくらいに位置する肉居酒屋(というジャンルがあればですが)。

小料理屋です。

餃子とワインがウリ。

中華ももちろんあります。

最近オープンした和食のお店。

こちらも最近オープン、イタリアン。ひふみんが来た!との貼り紙あり。

こちらもイタリアン。女子多め。

創作居酒屋。

映画やドラマの撮影を頻繁にやっています。

夏ですが、おでん屋です。

リーズナブルな焼き鳥屋。

寿司屋もあります。

こちらはうどんと酒。

ごく最近オープン。実力は未知数です。

カナダをイメージしたカフェ。スキーの映像など流してます。

新潟、へぎそばのお店。

流行りの古民家系。

ザ居酒屋。

ここも最近オープン。焼き鳥がメイン。

ビストロ系。昼間からビール飲んでいる人も少なくありません。

会場の左隣はイタリアン。

社員もよくお世話になる蕎麦屋です。

社内では「ホッピー」というコードネームで呼ばれています。


ご覧のように新しくて個性的なお店もあれば、老舗もあります。大抵のお店には足を運んでいますが、あえて評価はしません。みなさんの嗅覚でチョイスしてみてください!

もちろんあと100歩、200歩と範囲を広げれば、さらにたくさんの店があります。買い物帰りにぜひ、神保町飲みをお楽しみください!

また、今回もつり人社のガレージセールとして、古本を展示販売いたします!
たとえば一部を紹介すると……。








夕涼みがてら、一週間の疲れを癒しに神保町へお越しください! みなさまのお越しをお待ちしております!

第2回釣り人道具店ポップアップショップ+ガレージセール
日時:2018年7月20日(金) 16時〜20時
場所:(株)つり人社本社ビル(東京都千代田区神田神保町1-30-13)

2018/7/18

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING