サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

フィッシングショーOSAKA2017 つり人社ブース写真館withゲーリーファミリー!

ご来場ありがとうございました!

サイト・ビー=文

 大盛況のうちに閉幕したフィッシングショーOSAKA2017。つり社ブースでは『Finesse Fishing with Gary Family』の発売を記念して、ゲーリーファミリーフォトセッションを開催しました。
 参加していただいた多くのお客様、そして駆けつけてくれたゲーリーファミリーの皆様、本当にありがとうございました!

img_3086
img_3085
img_3084
img_3082
img_3081
img_3080
img_3079
img_3077
img_3075
img_3073
img_3072
img_3070
img_3069
img_3068
img_3066
img_3062
img_3059
img_3183
img_3182
img_3175
img_3174
img_3168
img_3165
img_3164
img_3160
img_3159
img_3157
img_3156
img_3154
img_3153
img_3151
img_3148
img_3146
img_3145
img_3140
img_3123
img_3112
img_3111
img_3108
img_3105
img_3104
img_3103
img_3101
img_3097
img_3095
img_3093
img_3090
img_3089
img_3088
 

 

今をときめく15人のゲーリーファミリーが
基本8リグの基礎から秘密をレクチャー!

 

Finesse Fishing with Gary Family

  
 

2017/2/6

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING