サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ジャパンフィッシングショー2018 並木敏成×伊藤巧対談:前編

Basser Allstar Classic2017を振り返って。「並木さんのルアーローテーションがすごかった」

サイト・ビー=まとめ
namikiito01 この記事はジャパンフィッシングショー2018つり人社ブースでの並木敏成さんと伊藤巧さんの対談の模様を掲載しています。司会は『Basser』編集長の堀部政男

 2018年1月20日、21日に開催されたジャパンフィッシングショー2018のつり人社ブースでは、並木敏成さんと伊藤巧さんを招いて対談形式のトークショーをしていただきました。Basser Allstar Classic2017で動画クルーが同船し、それぞれ4位と5位に入賞しているおふたり。話題はその模様を収めたDVD『Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 the Limit Three』についてです。前編では誰もが驚いた並木さんのルアーローテションについてその意図を解説してもらいました。


並木さんのエリア選びとルアーローテーション

並木:このDVDは皆さんもう観ましたか? 今回はオールスターの話題だよね。

伊藤:僕は初めての出場だったんですよ!


並木:巧のことは彼が中学生のときから知っている。利根川で20年くらいやっているNAMIKIカップという大会に小さいころから出てくれている。そのころから水中堤防とかを詳細にノートにメモしたりしていて、観察眼がすごかった。いつだったか俺が取材で利根川を釣ったとき、俺の釣りを見たいとアルミボートでついてきてくれたこともあったね。そういう機会に彼を見てきて将来絶対伸びると思った。

伊藤:あのときはありがとうございました。実は僕の学生のころの部屋って、並木さんの写真をたくさん飾っていたんですよ。そのくらいファンで、その取材のときは大学生でした。中学、高校、大学と利根川に通って、そこで並木さんと出会い、オールスターもこのフィールドで一緒に戦えることになって、すごい人生を感じちゃうなーと。

――:そのオールスターですが、このDVDでお互いの釣りをご覧になって気になる部分はありますか?

伊藤:並木さんの釣りはなんといってもルアーのローテーションがすごかった。手を替え品を替え、いろんなルアーを投げてバイトさせる。どんな意図であれほど多くのルアーを使うのかを教えていただけますか?

並木:いくつか理由はあるけど、試合中にプラしているという感じかな。あの試合は2日前に大雨が降って当日も天候が変わった。プラでは曇りの日にクランクベイトのブリッツやブリッツEX-DRを使ってキロフィッシュをポンポン釣ったときもあった。でも当日は晴れていたから、クランクを使うにしてもサイズを落としたりね。

namikiito01
 最初の1㎏アップはとくにいろいろルアーを替えて、結果的にHPシャッドテール3.1inをセットしたフットボールジグで釣ったんだけど、プラでは使わなかったルアーだし、ヒットした杭の列も初めて釣りをしたスポット。近くのリップラップまではプラでチェックしたんだけど、釣った場所は水深もわからなかった。

 俺は日本やアメリカでいろいろなフィールドを釣ってきたけど、ほかの選手と比べると広く薄くという経験値。だから試合中に釣れる場所を探し出さないといけない。

 その水域をやり込んでいる人は、たとえばこのリップラップはこの潜行深度のクランクを使えばちょうどよく先端にタッチできるとか、シャロー側は潜行深度の浅いこのモデルにチェンジすればいいとかわかるでしょ? でも俺はそこまでの経験値がないから、風向きや水位や天候も変わるなかでいろいろなルアーを試していたんだ。

伊藤:プラでやっていなかったエリアを試合当日の朝イチに選ぶというのはすごく勇気のいることだと思うんです。それはアメリカも含めいろいろなフィールドを釣り込んだ経験で判断が下せるようになるのですか?

namikiito06
並木:そうだね。でも初日の朝イチに入って1尾目を釣った場所は、エリアとしてはプラでまったく触っていなかったわけではなくて、近くのリップラップ側では合計3尾釣ってる。そのリップラップはプラで最も魚の存在を感じたエリアのひとつだった。でも当日はリップラップで反応がなかったから、増水で魚が移動したとしたら浅い岸側のアシか杭にポジションがズレるだろうなと予想して、プラでは触らなかったあの杭をチェックした。

伊藤:それでも、霞ヶ浦本湖まで行くだけで競技時間を50分ロスするわけじゃないですか。そのロスを負ったうえで未知のスポットを釣るのはやっぱり勇気がいりますよね。言われてみればたしかに、と思うんですが、僕だったらできるかどうか……。ましてや生中継のカメラが乗っていましたし、それでも釣ってしまうのはびっくりしました。

中編へ続く……

関連記事
◆Basser Allstar Classic 2017第4位・並木敏成 表彰式インタビュー
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2017namikiinterview

◆Basser Allstar Classic 2017第5位・福島健、伊藤巧 表彰式インタビュー
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2017fukushimaitointerview

  
 

DVD『Basser ALLSTAR CLASSIC 2017 the Limit Three』 DVD-150分


 2017年9月30・10月1日の2日間に渡って開催された、国内最大規模のバスフィッシングトーナメント「Basser Allstar Classic」における北大祐、並木敏成、伊藤巧、3選手の戦いぶりを同船取材。霞ヶ浦や北浦を含む広大な水域に散った彼らの釣りはもちろんのこと、戦略や競技中の感情の揺れまでもがリアルに描き出されている。 第31回大会を迎えたオールスタークラシックは、一日のバッグリミットをこれまでの5尾から3尾に変更。1尾1尾の価値がより高まったこのNewフォーマットで、注目の3選手はどんなパターンで頂点を目指したのか。『Basser』誌面でも生中継でも未公開の名場面の数々をここに収録。「ラスト11分のドラマ」に至るすべての過程の目撃者となれ!!
  
 

DVD『TAKUMISM(タクミズム)』
DVD-165分


 バスを探すうえでカレント(流れ)はアングラーに有力な情報をもたらしてくれる重要なファクターだ。新利根川編はオカッパリとボートの両面から解説。亀山湖編ではリザーバー特有の入り組んだ地形から生まれる流れの変化とカバーを利用してグッドサイズをキャッチ!雨の影響で刻一刻と変化する状況を正確に読み解く術は全国のフィールドでも対応可能な内容となっています。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

わき役が輝くすてきなドラマ

ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。
巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。
また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。





2018/2/19

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING