サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ジャパンフィッシングショー2018 青木大介トークショー:前編

DVD『シリアス13』発売記念。3度目の年間優勝、2017年のTOP50を振り返って

サイト・ビー=まとめ
aoki この記事はジャパンフィッシングショー2018つり人社ブースでの青木大介さんのトークショーを掲載しています。司会はDVD『SERIOUS』シリーズで青木さんの密着撮影を担当するつり人社デジタルコンテンツグループの小林直樹

 先日開催されたジャパンフィッシングショー2018のつり人社ブースでは、JB TOP50で戦う青木大介さんに密着したDVDシリーズの最新作『SERIOUS13』の発売を記念してトークショーを行ないました。2017年、3度目の年間優勝を収めた青木さんに試合中の苦労や人よりもたくさん釣るための秘訣を聞きました。
 前編は、昨シーズンの5戦中とくに厳しかったという開幕戦と、一転して見事優勝を飾った第2戦を振り返ってもらいました。


プラから厳しかった開幕戦&プラで50㎝アップが連発した第2戦

―― 第1戦の遠賀川戦は苦しい展開でしたね。振り返っていかがでしょうか。

青木 遠賀川は他選手とのバッティングが頻繁に起こるフィールドなんですけど、それはみんな条件が同じ。そんななかでこの試合はプラクティスでバスの反応がほぼ得られていない状態で臨んだ開幕戦でした。

―― DVDで映像になるのは一部ですが、その何倍も苦しんで釣っている時間がありました。映像では簡単に釣っているように見えるんですけど、実はかなり苦労してましたね。

青木 初日はとくにそうでした。キーパーギリギリあるかなというバスがたまたま2尾ポロッと釣れただけ。キーパーサイズに満たないバスをウエイインしてしまうと、その魚のウエイトを除いたうえでさらにペナルティーを受けてしまうので、ウエイインする前に測り直しました。1尾はアウトでもう1尾の300gくらいのバスを1尾だけウエイインという結果でした。

『シリアス11』では2017年第1戦と第2戦を収録!

―― 2日目はなんとか盛り返しましたね。

青木 そうですね、それでも釣れたのは午後1時半ごろです。朝7時のスタートから6時間はゼロでした。このまま終わっていたら、この試合でもらえていたポイントは参加点の5ポイントだけ。シーズン中1回でもそんな結果を出してしまうともう年間優勝は望めないので、2日目ものた打ち回っていました。

 1時半までは何をやってもダメで、ふとクランクベイトのワイルドハンチを巻いてみたら、ゴンッと1㎏強のバスが来た。時間も残り少ないし、今日はこれでやりきろうとその後もクランクを巻きまくってもう1尾小さいのを追加できた。それで2日目は25位まで順位を上げられました。TOP50の試合は予選の2日間で30位以内に残らないと3日目には進めないので、なんとか決勝に出られたというかたちです。

 迎えた3日目もやっぱり厳しくて、バスが入ってくる場所はなんとなくわかったんですが、そういう場所は多くないうえに他選手も張り付いている。僕が入ったのは前日にクランクで釣ったスポットです。ただ、晴れていて風もなったので、同じような釣りは厳しいだろうとトルキーストレート3.8inのネコリグに替えました。これをバスが上がってくるであろうスポットの上に投げて、しばらく粘っていたら1㎏くらいのバスが釣れて、最終成績は20位で終了。だからこの試合でウエイインしたのは3日間で4尾(笑)。

―― 第1戦は苦しい展開でしたが、第2戦は見事優勝でした。

jbp8-11_kazari
青木 第2戦は山口県と広島県の県境にある弥栄湖でした。この試合は、2週間前のプリプラの時点で50㎝アップが毎日5尾くらい釣れていました。弥栄湖はエレキのみのレイクなんですけど、行ったのはひさびさでした。なのでプラでは湖岸線を流しながら、ここに古い橋が沈んでいるなとか、魚探を見てイメージを作っていきました。湖全体を3日くらいかけて周ったんですけど、水質がクリアなのでたまにバスが見えるんですよ。

 使ったのはムシ系ルアーなんですけど、プラの最初のころは見えたバスにピュッとルアーを投げると簡単に食いました。それがこの後どういうふうに釣れなくなっていくのかを考えながらプラを進めていました。プラの期間中もプレッシャーがかかってはきていたんですけど、ただどこまで試合に影響するかは未知数でした。3日間で地形は見終わったのでプラはそこで止めました。

 それで試合当日。やっぱり(バスの状態が)仕上がってきてる。プラで見えていたバスも釣れなくなってきていた。そこでチョウチン釣りというテクニックを使ったんですけど、ほかの選手もこのテクニックをけっこうやっていたので、簡単には釣れない。ブッシュの奥とかここぞという場所にシビアに落としていく釣りを試合中のメインにしました。

jbp6-7_2
 ほかに試したのはステルスペッパーというシンキングのダブルスイッシャーをバンクと平行に投げながらゆっくり巻く釣り。この釣りは巻くだけでけっこうバイトがあったので、巻きながらバスを探して、見つけたらタックルを持ち替えてムシを投げる。これを繰り返して久しぶりに優勝できた試合でした。

後編へ続く

関連記事
◆ウイナー青木大介選手に密着できたJB TOP50弥栄ダム戦
https://basser.tsuribito.co.jp/officialblog/2017top50yasaka

◆2017年JB TOP50桧原湖戦、青木大介選手が優勝!
https://basser.tsuribito.co.jp/officialblog/2017top50hibara03-2

◆2017年JB TOP50、年間優勝は青木大介選手に決定!
https://basser.tsuribito.co.jp/officialblog/2017top50kasumi03

◆青木大介さんが解説する河口湖の春
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/aoki-haru-kawaguchiko01

◆青木大介さん出演作のお得なまとめ買いキャンペーンも実施中
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/serious13campaign


DVD『SERIOUS XIII -シリアス13-』
青木大介 2017 JB TOP50参戦記 5th STAGE編/特別編 JAPAN SUPER BASS CLASSIC

DVD-160分


 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本シリーズ。第4戦終了時点の年間ランキングは、2位の今江克隆に27ポイント差の暫定1位。「日本のトップカテゴリーは誰が何と言おうとJB TOP50。3日間の試合は絶対にマグレじゃ勝てない。その年間タイトルはなおさら。だからこそ絶対に獲りたいんです」と青木。このまま逃げ切れることができれば、2008年と2015年シーズンに続き3度めの栄冠を勝ち取ることになる。
 最終戦の舞台は恒例となった霞ヶ浦。しかし、最後の最後に試練が訪れる。それは台風接近による荒天。試合初日は強風のためにキャンセルとなり、2日目はなんとか競技できそうだが、3日目は初日以上に荒天の予報。初日の時点でワンデイ戦になる可能性が高まった。ワンデイ戦になった場合、何より恐ろしいのがノーフィッシュ。仮に青木がゼロ申告だった場合、27ポイントという大差でも一気にひっくり返る可能性が高い。外すことが絶対に許されない2日目、青木はどのように戦ったのか!?
 また今回は特別編として山梨県河口湖で開催されたジャパン・スーパー・バス・クラシックも収録。前週に同湖で開催された全日本バスプロ選手権で見事優勝した勢いそのままに挑むが状況は一変。比較的釣りやすい放流バスでさえも釣りにくい状況に加え、他選手とのエリアのバッティングに苦しみながら、それでもパターンを掴んで1尾、また1尾と追加していく様は必見!


DVD『SERIOUS XII -シリアス12-』
青木大介 2017 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 
DVD-175分


 第3戦の舞台は2016年シリーズ2位でフィニッシュした相性のいい七色貯水池。今年も初日からグッドコンディションのバスをキャッチし続け、予選を1位通過。しかし、2位には昨年優勝した小森嗣彦がピタリとつけている。プレッシャーが最高潮に高まった最終日、どのような戦略に打って出たのか―。 第4戦は青木がここ数年大外ししたことのない、得意な桧原湖が舞台。今年は練習のときからキーとなるエリアが見つからない状態だったが、これまでの経験と今年から本格的に導入した最新鋭のGPSを活かし、次々とバスをキャッチしていく。予選はトップと290g差の5位通過。このウエイト差は100gで順位が大きく変動してしまうスモールマウス戦ではかなりの大差。それでも青木は実直に数g単位の入れ替えを繰り返し、ウエイトを積み重ねていく。そしてついに今季2度目の歓喜の瞬間が訪れる!



DVD『SERIOUS Ⅺ -シリアス11-』
青木大介 2017 JB TOP50参戦記 1st & 2nd STAGE編
DVD-165分


 2017年初戦の舞台は福岡県遠賀川。青木自身「かなり苦手意識が強い」と言うように今年も大苦戦を強いられる。青木はこの苦境をいかにして乗り切ったのか―。見事優勝した第2戦の舞台は広島県と山口県の県境に位置する弥栄湖。得意の虫パターンで好スタートを切った青木だったが、日を追うごとにパターンに陰りが見え始めていた。2位の三原選手とは約1kg差。決してセーフティーリードとは言えない展開の最終日、青木はどのようにしてバスを手にしていったのか。


書籍『タックル2本のバスフィッシング』
著者:青木大介
B5判並製カラー112P


 多数のタックルを使い分けるのが当たり前とされる近年のバスフィッシング。 だが、あなたは本当にそれを使いこなしているだろうか? バスプロ・青木大介がみずからのタックルを 「ベイト1本+スピニング1本(またはベイト2本)」に限定し、東西メジャーフィールドを攻略。その可能性と限界を解説しながら、 タックルの少ないオカッパリアングラーやビギナーでも、創意工夫とアイデアによって釣果を伸ばす方法をリアルに見せる、スーパードキュメンタリー釣り教書! 前作『適材適所のルアーセレクト』に続く、「タックルの適材適所」とでもいうべき内容。2タックルで40UP、50UPを次々に引き出す圧巻の一冊。


書籍『適材適所のルアーセレクト』
著者:青木大介
四六判並製160ページ


 さよなら。パターンフィッシング。 「適材適所」を知れば、バス釣りはもっと簡単になる。 トップトーナメンターのパスプロ・青木大介がすべてのアマチュアバサーに贈るバス釣り開眼の書。 「そもそも”パターン”って何だろう?トーナメントではバスプロがそれぞれ違う場所で、違うルアーで魚を釣ってくる。正解はひとつじゃない。だとしたら、”パターン”は結果論に過ぎないのかも。でももっと簡単にバスを釣る方法がある。それは”適材適所”を考えて正しいルアーセレクトをするだけでいい。それを伝えたくて、この本を作りました。」 -by 青木大介-


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

わき役が輝くすてきなドラマ

ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。
巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。
また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。







2018/2/9

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING