サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

シマノ カルカッタコンクエストBFS HG、クロナークMGL

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


shimano

カルカッタコンクエストBFS HG

shimano01
 すでに各メディアで取り上げられているだけに各種リールの中でも注目度が非常に高かったのがこのリール。マイクロモジュールギアを採用しているので巻き心地はとってもシルキー。新製品のアルデバランBFSにも搭載されているスプールからブレーキユニットを排除した新機構”フィネスチューンブレーキシステム”を採用している。

 ホールド感などは通常のカルカッタコンクエストと変わらないので、カルカッタユーザーは違和感なくベイトフィネスを楽しめると思います。右巻き、左巻きともギア比は6.8:1。

クロナークMGL

shimano02
 新しいスコーピオンもとても気になったのですが、マイクロモジュールギア、マグナムライトスプール、ラインキャパシティー、サイズ感などトータル的に考えて、クロナークMGLを取り上げてみました。実際にフィールドで使ったわけではないですが、スペックを見る限りディープダイバーのクランクベイトやスイムジグなどフルキャストして広範囲を探る釣りにマッチしそう。ギア比は6.2:1、7.1:1、8.1:1の3種類ありますが、前出した釣りならば6.2:1が使いやすそうです。

シマノ

2017/1/21

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING