サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

シマノ カルカッタコンクエストBFS HG、クロナークMGL

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


shimano

カルカッタコンクエストBFS HG

shimano01
 すでに各メディアで取り上げられているだけに各種リールの中でも注目度が非常に高かったのがこのリール。マイクロモジュールギアを採用しているので巻き心地はとってもシルキー。新製品のアルデバランBFSにも搭載されているスプールからブレーキユニットを排除した新機構”フィネスチューンブレーキシステム”を採用している。

 ホールド感などは通常のカルカッタコンクエストと変わらないので、カルカッタユーザーは違和感なくベイトフィネスを楽しめると思います。右巻き、左巻きともギア比は6.8:1。

クロナークMGL

shimano02
 新しいスコーピオンもとても気になったのですが、マイクロモジュールギア、マグナムライトスプール、ラインキャパシティー、サイズ感などトータル的に考えて、クロナークMGLを取り上げてみました。実際にフィールドで使ったわけではないですが、スペックを見る限りディープダイバーのクランクベイトやスイムジグなどフルキャストして広範囲を探る釣りにマッチしそう。ギア比は6.2:1、7.1:1、8.1:1の3種類ありますが、前出した釣りならば6.2:1が使いやすそうです。

シマノ

2017/1/21

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING