サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ジャッカル 活トンボ 川口直人チューン、ポンパドール・マイクロ

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


jackall

活トンボ 川口直人チューン

jack01
 ムシ系ルアーの活トンボに川口直人さんがチューニングを施したモデル。ボディーはエラストマーを採用。中空になっているボディーにエイトカンがセットされたパーツを埋め込み、エイトカンとエラストマーのボディーを縫い刺しするようにシングルフックをセットするそうだ。「昨シーズン、桧原湖や野尻湖でテストしたけど、本当によく釣れたよ。釣り方はもちろん表層ピクピク。色の組み合わせも多彩だし使ってても楽しいよ」と川口さん。発売は虫パターンが効き始める6月を予定。

jack01aエラストマー素材のボディーにエイトカンがセットされたパーツを埋め込む

jack01b透明ボディーならば中にセットするパーツのカラーが透けるので、よりライブリーなカラーを演出できる


ポンパドール・マイクロ


jack02a
 川島勉さんプロデュースのポンパドール。そのダウンサイジングモデルのマイクロを発見。「これ、もう反則でしょ(笑)。フックサイズやリアフックをどうするか、もうちょっと詰めないといけないところはあるけれど、とにかくテスト段階からバスはよく反応してくれた。羽モノ系ルアーはただ巻だけと思われがちだけど、軽くトゥイッチしても羽が抵抗になって移動距離を押さえられるから1点で誘う使い方も効果的だからゼヒ試してほしいね」と川島さん。年内の発売を予定です。

jack02「亀山湖などのリザーバーでさんざんテストしました」と川島さん


ジャッカル

2017/1/20

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING