サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

H-1グランプリ&レンタルボート多根や H-1戦士のレンタルボート

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


dsc_8552

レンタルボートセッティング実例


 ハードベイト限定で勝敗を競うH-1グランプリは、レンタルボートを利用し、誰でもエントリーできるトーナメント。

 「レンタルボートで釣りをすることの魅力をもっとたくさんの人に知ってほしいんです」と鈴木美津男さん。「多くのレンタルボート店では免許不要のボートとあわせてエレキやバッテリー、ライフジャケットも借りることができます。つまり、タックルさえあれば、ボートで釣りができるんです。さらに、ハイデッキや魚探なども用意すれば、より快適に、よりディープにボートフィッシングを楽しめます。このブースでは、その魅力を伝えるためにレンタルボートのセッティング例を展示しています」。

 展示にはハイデッキや魚探など装備がてんこ盛り。実際に乗ることもできます。

dsc_8540レンタルボート多根やとコラボして、実物のセッティングがブースに出現。出場選手たちに好評のエレキ、モーターガイドX3も装備。「X3は12Vのバッテリーひとつで動くモデルで、バッテリーが長持ちするのが特長です」と鈴木さん

  そのほかにも、歴代H-1グランプリ優勝者の写真&ウイニングルアーや2017年のトーナメントスケジュールが公開されていました。

dsc_8547「今年で7年目を迎えるH-1がここまで皆さまに知っていただけるようになったのも、ひとえに盛り上げてくれた選手たちのおかげです」。このブースでこれまで参加してくれた選手たちに恩返しをしたい、という鈴木さんの計らいで歴代優勝者の写真とウイニングルアーが展示されていました

dsc_8557a 2017年のトーナメントスケジュールもついに公開!

H-1グランプリ

2017/1/21

最新号 2018年6月号

[特集]カバーネコリグ―THE JUNGLE CRAWLER―

 最高峰のトーナメントの場でもたびたびウイニングルアーになるなど、近年カバーに潜むバスを脅かし続けている「カバーネコリグ」を特集。
 巻頭では折金一樹さんが笹川湖に挑みます。3.5~9inという幅広いワームサイズを使い分け次々バスをキャッチ。
バスのコンディションとフィールド状況に応じたルアーローテンションが、ネコリグ用ルアーのサイズ選択の悩みを解消してくれます。
 また、「カバーネコリグ道場」では、川村光大郎さんが編集部員を生徒に招き、
自身が世に広めたスナッグレスネコリグの使いこなし術を徹底解説。
「ネコリグが釣れる理由は『強いのに、弱いから』」という理論に基づき、
川村さんの解説どおりの状況に合った攻めを展開できれば、
その名のとおりカバーのバスを「根こそぎ」つることができるはずです。
 また、今号は国内外のトーナメント情報も充実しています。
 JBTOP50では、早野剛史さんが勝利した開幕戦を詳報。試合の結果やテクニックだけでなく、
早野さんが人生をかけて決断した河口湖から霞ヶ浦への移住と武者修行など、
勝敗を決定づけた知られざるドラマに注目です。
 バスマスタークラシックでは、ジョーダン・リーが2連覇という偉業を達成しました
。アメリカで長年トーナメントの最前線を取材してきた雨貝健太郎さんをして
「30年にひとりの天才」と言わしめるスーパールーキーの強さの秘密に迫ります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING