サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

H-1グランプリ&レンタルボート多根や H-1戦士のレンタルボート

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


dsc_8552

レンタルボートセッティング実例


 ハードベイト限定で勝敗を競うH-1グランプリは、レンタルボートを利用し、誰でもエントリーできるトーナメント。

 「レンタルボートで釣りをすることの魅力をもっとたくさんの人に知ってほしいんです」と鈴木美津男さん。「多くのレンタルボート店では免許不要のボートとあわせてエレキやバッテリー、ライフジャケットも借りることができます。つまり、タックルさえあれば、ボートで釣りができるんです。さらに、ハイデッキや魚探なども用意すれば、より快適に、よりディープにボートフィッシングを楽しめます。このブースでは、その魅力を伝えるためにレンタルボートのセッティング例を展示しています」。

 展示にはハイデッキや魚探など装備がてんこ盛り。実際に乗ることもできます。

dsc_8540レンタルボート多根やとコラボして、実物のセッティングがブースに出現。出場選手たちに好評のエレキ、モーターガイドX3も装備。「X3は12Vのバッテリーひとつで動くモデルで、バッテリーが長持ちするのが特長です」と鈴木さん

  そのほかにも、歴代H-1グランプリ優勝者の写真&ウイニングルアーや2017年のトーナメントスケジュールが公開されていました。

dsc_8547「今年で7年目を迎えるH-1がここまで皆さまに知っていただけるようになったのも、ひとえに盛り上げてくれた選手たちのおかげです」。このブースでこれまで参加してくれた選手たちに恩返しをしたい、という鈴木さんの計らいで歴代優勝者の写真とウイニングルアーが展示されていました

dsc_8557a 2017年のトーナメントスケジュールもついに公開!

H-1グランプリ

2017/1/21

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING