サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

ハヤブサ(フィナ) 瞬貫、T・N・Sオフセットヘビービューティー、ファイナルフィネス

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


hayabusa

瞬貫

hayabusa01a
 ”しゅんかん”と名づけられたトレブルフック。奇をてらわずオーソドックスなラウンドタイプを採用したところに同社の自信がうかがえる。
 刺さりをトコトン追求するために初期刺さりのいいストレートポイントを採用し、さらに貫通性能を向上させるためにフッ素コーティングに加えてバーブを極限まで小さくしている。

 また#8、#7、#6、#5、#4、#3、#2と豊富なラインナップも魅力のひとつ。スモールシャッドからビッグベイトまで対応できるのが嬉しい。5月発売予定。

hayabusa01ba hayabusa01bb hayabusa01bc

T・N・Sオフセットヘビービューティー

hayabusa02
 並木敏成さんプロデュースのT・N・Sオフセットヘビービューティーに#2,#1,#1/0,#2/0が追加される。ハイプレッシャーの状況下でスモールベイトのテキサスリグをカバーに撃ち込むときに活躍してくれそうだ。しかもワイドゲイプなのでバルキーボディーのソフトベイトでもフッキングが決まりやすいのも嬉しい。

ファイナルフィネス

hayabusa03a
 青木大介さんプロデュースのFINA史上もっとも細軸&軽量なウルトラファインワイヤーを採用したマスバリが発売される。最大の特徴はダウンショットリグでのフック姿勢。垂直に垂れるラインに対してフックポイントがほぼ水平になるので、ソフトベイトをチョン掛けしても綺麗な水平姿勢を保つことができる。3in以下のソフトベイトを多用する状況下で出番が多くなりそうだ。#8,#10,#12をラインナップ。

hayabusa03b 瞬貫と同じくマイクロバーブを採用。桧原湖や野尻湖のディープにいるスモールマウスバスをダウンショットリグでねらうときに活躍しそうだ


ハヤブサ(フィナ)

2017/1/21

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING