サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

エンジン スペルバウンドコア

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


dsc_8710

スペルバウンドコア

dsc_8595
 スペルバウンドコアはラインナップの11機種すべてにソリッドティップを備えたロッドシリーズだ。レジットデザインとのコラボで開発が進められ、村川勇介さん、市村修平さん、羽生和人さんが監修している。この3人にお薦めのモデルを聞きました。

dsc_8707
 村川さんのイチ押しはSCC-66ML-ST(ベイトモデル)。
「去年のオールスターでは8割方このロッドを使ってました。フォールクローラーのネコリグやダウンショットにちょうどいいモデルです。霞ヶ浦のバスも最近はプレッシャーが高くてショートバイトが多いじゃないですか。そのバスを釣っていけるのがソリッドティップのアドバンテージですね」

 市村修平さんのイチ押しはSCS-63XXSUL-ST(スピニングモデル)。
「桧原湖や野尻湖のスモールマウスねらいで1/96~1/20ozのショートキャロやダウンショットを使っているロッドです。持っていただくとわかるんですけど、びっくりするほどベナベナなロッドです。なぜこんなロッドにしたかというとラインスラックをうまくシェイクしてリグを中層にとどめる釣り方ができるからです。アタリを感じてからフッキングまでハリが口の中にとどまってくれる間をもたせられるのもソリッドティップのメリットです」

 羽生和人さんのイチ押しはSCS-66-1/2ML-ST(スピニングモデル)。
「全部お薦めですがあえて選ぶならパワーフィネス用のこれです。亀山湖などで2.7~3.5gのスモラバをPE1~1.5号に直結してカバーをねらうのに使いやすいです。『66-1/2』は、6ft6inと6ft7inの中間という意味で、フッキングストロークを確保しながらオーバーハングの下をねらったりするのにも使いやすい長さにこだわりました。曲がりやすいソリッドティップのおかげで丁寧にシェイクしやすいです。チョウチン釣りをするとわかりますが、かなり細かく規則正しい波紋でバスを誘えます」

 発売は4月末~5月ごろを予定している。2万4800円~2万5500円+税という価格も魅力だ。

エンジン

2017/1/22

最新号 2017年10月号

夏から秋へ。難しい季節の変わり目を釣るためのロジック&テクニックが満載の一冊です。  巻頭の「オカッパリで行こう!」では、関和学さんがオカッパリへの熱い思いを語っています。連載100回を記念した50cmアップチャレンジは達成できるのでしょうか。  伊豫部健さんは今春にノーフィッシュの悔しさを味わった牛久沼にリベンジ釣行。水温、流れ、ベイトなどをキーワードに、伊豫部さんらしい釣りでリベンジに成功します。  田辺哲男さんは高水温期のメタルゲームを実践。メタルルアーの活躍の場は決して冬だけでないことを、自身の関東レコードフィッシュキャッチという結果で証明してくれます。  また、ケビン・バンダムがB.A.S.S.エリートシリーズの試合を制したテクニック「スパイベイティング」を西島高志さんが、9ft6inの超ロングロッドによるパンチング&ディープクランキングを松下雅幸さんが解説しています。  Basser ALLSTAR CLASSICの最後の出場枠をかけた「THE WILD CARD」なども見逃せません。本戦への切符を勝ち取ったのはいったい誰なのかに注目です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING