サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

エバーグリーン ツインテールリンガー4.7in、ブリムスライド、ゼルク、フラップクロー

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


evergreen

ツインテール リンガー4.7in

ever01
 「これはヤバイよ」と菊元俊文さんがオススメしてくれたのがコレ。同社の新製品ルアーは展示ボックスの上に動画が流されているので水中のアクションを見ることができるのだが、特に魅惑的なアクションだったのがジグヘッドワッキー。二股に分かれたテール部がリフト&フォールで時にテナガエビやザリガニのように艶かしく揺らめく。

ブリムスライド

ever02
 今やひとつのジャンルを確立したギル系ルアー。昨年のフィッシングショーから発売が心待ちにされていたブリムスライドがついに発売される(4月発売予定)。菊元さんに聞くと大西健太さんに琵琶湖でいろんな色のギルを釣って写真を撮ってもらい、それを元にリアルプリントしたという。サイズは15cm、3ozクラス、フローティングタイプ。

ゼルク

ever03
 昨年のBasserオールスタークラシックで清水盛三さんがメインでキャストしていたシャロークランクがついにお披露目となった。約10年という開発テスト期間を経て、ほぼこれで完成というが発売時期はまだ未定(苦笑)。さすがこだわりの男、清水盛三。早く使ってみたいですね。サイズは7.2cm、ウエイトは17.5g。

フラップクロー

ever04
 福島健さんプロデュースのFACTシリーズからもスピンクラフトやTG BLOW、ギズモなど気になる新製品がありましたが、ここで取り上げたいのはコレ。2015年のオールスタークラシックで福島さんがリーダーレスダウンショットリグで使用していました。分厚いテールは着底時などのアピール力アップをねらっているのはなんとなくわかりますが、清水さんに負けず劣らずのこだわりの男、福島さんのことだからまだまだ変更等があるはず。要注目です。発売は未定。

エバーグリーン・インターナショナル

2017/1/20

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING