サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

エバーグリーン ツインテールリンガー4.7in、ブリムスライド、ゼルク、フラップクロー

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


evergreen

ツインテール リンガー4.7in

ever01
 「これはヤバイよ」と菊元俊文さんがオススメしてくれたのがコレ。同社の新製品ルアーは展示ボックスの上に動画が流されているので水中のアクションを見ることができるのだが、特に魅惑的なアクションだったのがジグヘッドワッキー。二股に分かれたテール部がリフト&フォールで時にテナガエビやザリガニのように艶かしく揺らめく。

ブリムスライド

ever02
 今やひとつのジャンルを確立したギル系ルアー。昨年のフィッシングショーから発売が心待ちにされていたブリムスライドがついに発売される(4月発売予定)。菊元さんに聞くと大西健太さんに琵琶湖でいろんな色のギルを釣って写真を撮ってもらい、それを元にリアルプリントしたという。サイズは15cm、3ozクラス、フローティングタイプ。

ゼルク

ever03
 昨年のBasserオールスタークラシックで清水盛三さんがメインでキャストしていたシャロークランクがついにお披露目となった。約10年という開発テスト期間を経て、ほぼこれで完成というが発売時期はまだ未定(苦笑)。さすがこだわりの男、清水盛三。早く使ってみたいですね。サイズは7.2cm、ウエイトは17.5g。

フラップクロー

ever04
 福島健さんプロデュースのFACTシリーズからもスピンクラフトやTG BLOW、ギズモなど気になる新製品がありましたが、ここで取り上げたいのはコレ。2015年のオールスタークラシックで福島さんがリーダーレスダウンショットリグで使用していました。分厚いテールは着底時などのアピール力アップをねらっているのはなんとなくわかりますが、清水さんに負けず劣らずのこだわりの男、福島さんのことだからまだまだ変更等があるはず。要注目です。発売は未定。

エバーグリーン・インターナショナル

2017/1/20

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】経験を重ねた者たちのバスフィッシング観

 バスフィッシングに長い年月、あるいは密度濃く関わってきた人たちのバスフィッシング観を特集した1冊です。
 幾多の名作を生み出してきたルアービルダー・西根博司さん、ハードベイトを投げ倒してきたプロガイド・佐藤信治さん、そして年間300日以上フィールドに繰り出す藤田京弥さん、青木唯さん、北田朋也さん……。経験を重ねるなかで見えてきた、彼らしか知らないこと。そのエッセンスを、読者の皆さんが実際の釣りに役立てられる形で数多く紹介しています。
 第2特集は「見つめ直すナイロンライン」。
 フロロカーボンが主流となっている近年のバスフィッシングシーンにも確実に存在するナイロンラインの出しどころを、エキスパートたちが解説します。巻きモノやトップウォーターはもちろん、ワーミングでの活用術から伸度別の使い分けまで、ナイロンラインだからこそ獲れるバスがいることがわかる内容です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING