サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

エバーグリーン ツインテールリンガー4.7in、ブリムスライド、ゼルク、フラップクロー

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


evergreen

ツインテール リンガー4.7in

ever01
 「これはヤバイよ」と菊元俊文さんがオススメしてくれたのがコレ。同社の新製品ルアーは展示ボックスの上に動画が流されているので水中のアクションを見ることができるのだが、特に魅惑的なアクションだったのがジグヘッドワッキー。二股に分かれたテール部がリフト&フォールで時にテナガエビやザリガニのように艶かしく揺らめく。

ブリムスライド

ever02
 今やひとつのジャンルを確立したギル系ルアー。昨年のフィッシングショーから発売が心待ちにされていたブリムスライドがついに発売される(4月発売予定)。菊元さんに聞くと大西健太さんに琵琶湖でいろんな色のギルを釣って写真を撮ってもらい、それを元にリアルプリントしたという。サイズは15cm、3ozクラス、フローティングタイプ。

ゼルク

ever03
 昨年のBasserオールスタークラシックで清水盛三さんがメインでキャストしていたシャロークランクがついにお披露目となった。約10年という開発テスト期間を経て、ほぼこれで完成というが発売時期はまだ未定(苦笑)。さすがこだわりの男、清水盛三。早く使ってみたいですね。サイズは7.2cm、ウエイトは17.5g。

フラップクロー

ever04
 福島健さんプロデュースのFACTシリーズからもスピンクラフトやTG BLOW、ギズモなど気になる新製品がありましたが、ここで取り上げたいのはコレ。2015年のオールスタークラシックで福島さんがリーダーレスダウンショットリグで使用していました。分厚いテールは着底時などのアピール力アップをねらっているのはなんとなくわかりますが、清水さんに負けず劣らずのこだわりの男、福島さんのことだからまだまだ変更等があるはず。要注目です。発売は未定。

エバーグリーン・インターナショナル

2017/1/20

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING