サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

DSTYLE レゼルブ

JAPAN FISHING SHOW 2017 ジャパンフィッシングショー見聞録

サイト・ビー=写真・文
ついに開幕したフィッシングショー。
今年も各メーカー趣向を凝らしたブースで盛り上がっています!
siteBでは、取材チームが「これはっ!」と思うアイテムを開催期間の3日間、厳選してお伝えしようと思います。


dsc_8737

レゼルブ

dsc_8694

 DSTYLEとジャッカルのコラボで生まれた注目のニュールアーがレゼルブだ。ジャンルとしてはハネモノのトップウォーターになると思うが、ご覧のとおりのミノーシェイプ。一般的な「ノイジーとしてなるべく騒がしく……」という方向性とは違うようす。青木大介さんに開発のきっかけから使い方まで話を聞きました。

dsc_8732
「きっかけとしては、昔、バスが水面の小魚を食っているような状況でセミ系のトップウォーターでよく釣れたことがあったんです。移動距離を抑えた誘いが効いてたんですけど、ボディーシェイプが小魚とは違うので取りこぼしがあった。それでミノーの形でそういう誘いができるルアーがあったら釣れるだろうなと思っていたんです」

 それで、ハネをもったミノー型のプラグになったんですね。

「そうですね。ただ、このパーツは一般的なハネのイメージではなく、アクションの発生装置であると同時にベイトのイミテートでもあると捉えてほしいです。この半透明のパーツがあることで、バスには何匹かの小魚が群れているように見えていると思います。実際にハネ目がけて食ってくることも結構ありますよ」

 使い方はスローな誘いがメインになるんでしょうか?

「いろいろですね。デッドスローに誘いを入れれば弱った小魚を演出できますし、ハイスピードに巻けば水面で逃げ惑うベイトになります。ボイル撃ちにもいいですよ。タックルはPEラインのスピニングを使います。PEラインは0.4~0.6号を直結するのが一番いいアクションが出せます。ロッドは若干柔らかめを合わせてください」

 やっぱりクリアウォーターのフィールド向けですか?

「いや、意外とどんなフィールドでも使えちゃいますね。霞ヶ浦でもアシの際とかで釣れましたし。いろんなアングラーに使ってほしいです」

 ボディーサイズは70㎜、5g。発売は4月末ごろを予定している。

 こちらのページに初期プロトでの実釣シーンを公開しましたので併せてご覧ください!

DSTYLE



2017/1/22

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING