サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

レジットデザイン/ワイルドサイド ピュアグラスクランキングシリーズ

フィッシングショーOSAKA2017見聞録

サイト・ビー=写真・文
今週末はフィッシングショーOSAKA2017が開催されています!
各社のブースには話題の新製品が目白押し!
siteBでは、横浜に引き続き、取材チームが注目するアイテムを厳選して紹介します。


ワイルドサイド ピュアグラスクランキングシリーズ

北大祐を勝たせた100%グラス

legit01
 レジットデザインのブースで展示され、順番待ちの列を作っていたのがワイルドサイドのピュアグラスクランキングシリーズ。

 そう。

 北大祐さんが使っていたあのサオです。

 2016年シーズン、オールスタークラシック初優勝も、JB TOP50年間タイトル獲得も、北さんは北浦でクランク(おもにワイルドハンチ)を巻き勝ち取っていますが、そのとき使っていたのがWSC-G66MLのプロトタイプでした。

 グラスといえばコンポジットが主流の今、100%グラスは貴重な存在です。

legit02
 北さんがこのモデルを選んだ理由は、グラスならではの乗りのよさとバレにくさだけではありませんでした(もちろんそれも大きな理由です)。

 クランクが致命的なスタックを起こしにくいのもグラスならではのメリットだと北さん。

 カーボンロッドだと、クランクが何かに当たったとき、反発力が強いため刺さりすぎてしまい外せない根掛かりになりやすいのに対し、グラスだと反発が弱いがゆえに軽いスタックで済み、ほぐせば外せることが多いと感じているそうです。

 クランクがモノにコンタクトした瞬間は根掛かりの危機であるとともに、最大のバイト機会でもあります。

 場所をつぶさずチャンスを生かせるのもグラスのメリットなのだと教えてもらいました。

 G66MLのほかにタイニークランク用のG62L、引き抵抗が強いクランク向きのG68Mをラインナップ。2万8500~2万9000円+税。

レジットデザイン

2017/2/4

つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…
つり人社の刊行物
つきぬけろ!オリキン フォーエバー
つきぬけろ!オリキン フォーエバー 本体3,600円+税 DVD-145分
2013年に初回が配信された、オリキンこと折金一樹出演のO.S.Pウェブ動画「つきぬけろ!オリキン」。房総半島リザーバーで磨き抜かれたオリキンのテクニック」もさることながら、独特の会話のテンポや想定外のトラブルの連続が好評を得て、4年に渡る…

最新号 2018年8月号

[特集]夏の落としモノ

6月末から秋にかけて、バスを釣るために絶対に外せないのがフォールの釣りです。
ただ落とせばいい、という単純なものではありません。
タックルセッッティングやちょっとした動作の違いで、ときに恐ろしいほどの差がつく釣りでもあります。
巻頭では青木大介さんが「究極のフィネス」という、あるフォールベイトの釣りを紹介。
房総リザーバーでは羽生和人さんがバイト数とサイズを両立させるフォールの釣りを伝授します。
関和学さんが教えてくれるのは霞ヶ浦で絶対実践すべき釣りのフォームについて。
読んで落としたら釣れる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING