サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

レジットデザイン/ワイルドサイド ピュアグラスクランキングシリーズ

フィッシングショーOSAKA2017見聞録

サイト・ビー=写真・文
今週末はフィッシングショーOSAKA2017が開催されています!
各社のブースには話題の新製品が目白押し!
siteBでは、横浜に引き続き、取材チームが注目するアイテムを厳選して紹介します。


ワイルドサイド ピュアグラスクランキングシリーズ

北大祐を勝たせた100%グラス

legit01
 レジットデザインのブースで展示され、順番待ちの列を作っていたのがワイルドサイドのピュアグラスクランキングシリーズ。

 そう。

 北大祐さんが使っていたあのサオです。

 2016年シーズン、オールスタークラシック初優勝も、JB TOP50年間タイトル獲得も、北さんは北浦でクランク(おもにワイルドハンチ)を巻き勝ち取っていますが、そのとき使っていたのがWSC-G66MLのプロトタイプでした。

 グラスといえばコンポジットが主流の今、100%グラスは貴重な存在です。

legit02
 北さんがこのモデルを選んだ理由は、グラスならではの乗りのよさとバレにくさだけではありませんでした(もちろんそれも大きな理由です)。

 クランクが致命的なスタックを起こしにくいのもグラスならではのメリットだと北さん。

 カーボンロッドだと、クランクが何かに当たったとき、反発力が強いため刺さりすぎてしまい外せない根掛かりになりやすいのに対し、グラスだと反発が弱いがゆえに軽いスタックで済み、ほぐせば外せることが多いと感じているそうです。

 クランクがモノにコンタクトした瞬間は根掛かりの危機であるとともに、最大のバイト機会でもあります。

 場所をつぶさずチャンスを生かせるのもグラスのメリットなのだと教えてもらいました。

 G66MLのほかにタイニークランク用のG62L、引き抵抗が強いクランク向きのG68Mをラインナップ。2万8500~2万9000円+税。

レジットデザイン

2017/2/4

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING