サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

水温低下も怖くない! 秋~冬の手助けになるテクニック記事特集

季節の移り変わりに翻弄されないためのヒント集

サイト・ビー=まとめ
 ポカポカ陽気だった9月から一転、肌寒い日が増え、そろそろ冬の足音も聞こえてきそうです。今回はそんな季節の移り変わりを釣るための味方になってくれるテクニック記事をピックアップしました。

荻野貴生のシャッドテール表層引き道場



第1回:カバーの中にも投げ込めるナチュラルな巻き物を荻野貴生先生が解説
第2回:表層を引くリグにフロロ14Lbを合わせる理由とは? タックルセレクトの要点を解説
第3回:秋に効く理由とフッキングのコツ
第4回:表層引きは表層ただ巻きに非ず!
第5回:生徒ふたりも使いやすさを実感。小魚系ベイトが浮き出す秋にお試しあれ!

大津清彰×秋の利根川 確信のマッチ・ザ・ベイト



第1回:バスの”食”から有効なルアーとアクションが見えてくる
第2回:“ビッグバスはビッグベイトを好む”という事実とハマると凄い“横の釣り”
第3回:″時合″について、ストマックチェックから見えてくること
第4回:季節によって移り変わっていく”旬のベイト”

関和学×霞ヶ浦オカッパリ 秋~冬に有効な巻き物の移り変わり



第1回:台風の後はスピナーベイトが効く!
第2回:クランクベイトの出番が増える、21℃~15℃
第3回:ターンオーバーの後はジャークベイトが効き出す!
第4回:霞ヶ浦水系でのジャークベイト使用法

小林知寛×フェイス 冬は黙ってジャーキング



第1回:1日中ジャークし続ける理由
第2回:ルアーを1種類に絞る意味
第3回:ウエイトの貼り方も使い分ける。小林流チューニング&タックル
第4回:バイトの出方で考えるカラーローテーション
第5回:釣果に差がつくジャークベイト操作法

  
 
事実、秋は巻きモノが最も効く

「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」
 そう北大祐さんは話します。Basser11月号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。
 JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。


2017/10/17

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年4月号

【特集】創刊35年目のノスタルジア

 今号では、思わず「懐かしい」と唸ってしまうようなバスタックルを、1980~2000年代初頭のモノを中心に大特集。
 鬼形毅さん、今井亮さん、麻生雅之さんらロッドマニアが解説する時代ごとのロッド特性の違いや、赤羽修弥さんの愛用ルアー遍歴、収集家のコレクション公開、センドウタカシさんの中古ショップえぐり、そして編集スタッフが影響を受けたタックルなど注目コンテンツばかり。
 懐かしのタックルを振り返り、思い出に浸れる記事はもちろん、現在のバスフィッシングに役立てることができる内容も満載です。
 また、雨貝健太郎さんが米国トーナメントのキックオフに合わせてまとめたB.A.S.S.、BPTの今期スケジュールとフィールド解説も必見。
各試合の構造や出場選手、試合ごとの賞金額まで網羅されており、手もとに置いておけば今期のトーナメント観戦がより楽しくなること間違いなしで
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING