サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

【動画】Basser連動企画 CROSS×GAMEに川村光大郎さんと伊藤巧さんが登場!

YouTube「つり人チャンネル」で前後編公開中!

サイト・ビー=まとめ



 siteBでも以前お知らせしましたが、昨年12月23日に行なった川村光大郎さんと伊藤巧さんの取材の模様がBasser2021年3月号に掲載されています。

 今回行なったこの企画“クロスゲーム”は、そもそもBasser編集部内で「1日釣りし終わった後に “あの時間帯にあのエリアで釣りしてたら釣れたかも”って思うこと、結構あるよね?」という何気ない会話が発端になります。

 で、せっかく企画として実践するんだったら、ヘッポコ編集部員じゃなく、エキスパートに頼んだほうが絶対タメになるし面白い! と白羽の矢を立てたのが川村さんと伊藤さんだったわけです。

 そして実際取材させてもらった感想は「やっぱりすげぇ!」

 お互いのエリアの捉え方、リグのセレクト、攻め方がほぼ同じでした。当日はFacebookでもライブ中継したので、ご覧になった方はその一部を垣間見られたのではないでしょうか。え? 見逃したって? でも大丈夫!

kotaro-ito03
 今回Basserの発売と合わせてYouTubeにその模様をドドーンと公開しました。あまりにも内容が濃すぎてなかなかカットできず、なんと1時間30分オーバーの大作になってしまったので、前編と後編に分けています。

 誌面を読んでから動画を見るもよし、動画を見てから誌面を読むもよし。いずれにしても、誌面・動画両方チェックすることで、より理解度が増すと思います。

 ぜひご覧ください! ひさびさにスプリットショットリグやってみよっと。

kotaro-ito04
kotaro-ito05
Basser2021年3月号 4910175430310a
表紙をクリックすると試し読みができます

 今号の特集は「スイムベイト」。アメリカのトラウトベイトを起源にもち、日本で独自に進化して、今や世界が注目するジャパニーズ・スイムベイトの現在の最新理論を、各エキスパートが解説します。
 三原直之さんのスイムベイト・ローテーション、白川友也さんが教えるタイニークラッシュの有効セッティング、馬場拓也さんや狩野敦さんによる霞ヶ浦のオカッパリにおけるビッグベイティングのキモなど、そのまま実釣に生かせる記事が満載。川島勉さんによるチューニング方法なども紹介されています。
 さらに、ふたりのアングラーがあらかじめ決められた4つのエリアを反対方向から攻略していく新企画「CROSS×GAME」がスタート! 第1回目は川村光大郎さんと伊藤巧さんが真冬の霞ヶ浦にオカッパリで挑みます。







2021/1/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 3,960円(税込) DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー) 3,960円(税込) DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年6月号

今号の特集はジャークベイト。ハンクルミノーなど数多くの名作を世に送り出した泉和摩さんのミノー遍歴と新作を引っさげた実釣に始まり、ジャークベイトの聞きアワセで釣果を伸ばす佐藤信治さんのメソッド、早野剛史さんのタックルバランス論、霞ヶ浦オカッパリにおけるミノーパターン再考察など注目のコンテンツが満載です。
武田栄喜さんが琵琶湖のテクニックで涙の初優勝を果たしたJBTOP50レポートや、青木大介さんのバスマスターオープン優勝速報、エリートで奮闘する伊藤巧さんへのインタビューなど、国内外のトーナメント情報をここまで詳細に知ることができるのも『Basser』だけです。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING