サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

エキスパートが選ぶ冬の巻き物 :第6回

テッケル前田秀樹さんのワイドウォブルクランクベイト

前田秀樹=文
 スローな展開になりがちな冬でも巻き物で結果を残すアングラーがいる。Basser2016年2月号では、巻き物に精通し自らルアーデザインも行なうルアービルダーたちに、冬場に試したいルアーをふたつ紹介してもらっている。彼らのメソッドとともにぜひ参考にしてほしい。

この記事はBasser2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

teckel_maeda前田秀樹
テッケル代表
◆ウェブサイト
http://teckellure.com/

スローリトリーブでもワイドウォブルが伝わり、ショートバイトを感じとりやすい


 アメリカでコールドウォータークランキングの定番中の定番といえば、ウィグルワートです。とくにストームがラパラに買収される前のモデルはプリ・ラパラとかヴィンテージモデルと呼ばれ、eBayなどのオークションサイトでは高値で取り引きされ、今でもバスマスターエリートやFLWツアーのプロたちに愛用されているばかりか、数多くのマネーベイトになっています。

teckel02ウィグルワート(50㎜、12g/ストーム)

 2014年のエリートシリーズ・テーブルロック戦ではわかっているだけで優勝のマイク・マクレランド、4位のアーロン・マーテンス、12位のジャレッド・リントナーが使っていましたし、FLWツアー・ビーバーレイク戦でもトップ10中、2位のアンディー・モーガン、3位のデビッド・ダッドリー、5位のケイシー・アシュレー、7位のトロイ・モロー、8位のスコット・マーティンが使いました。

 なぜ旧モデルなのか。その好奇心から、私はウィグルワートを買いあさって研究し、アメリカのプロたちと話をするうちに、「ウィグルワートを超えるクランクベイトを作ってみたい」という衝動にかられたのです。そして開発を始めてから8年の歳月を経て発売に漕ぎ着けたのがドランカーです。

teckel01 ドランカー(50㎜、9.5g/テッケル)

使用タックル例
ロッド:ポイズンアドレナ1610M-G(シマノ)
リール:スコーピオンMg1000(シマノ)
ライン:フロロカーボン10Lb
スナップ:E.G.ワイドスナップ#2(エバーグリーン)
フック:VMC7554(ラパラ)またはトレブル13(がまかつ)#6~5


 ドランカーは旧モデルのウィグルワートのコピーではなく、特徴的を際立たせた設計です。アクションの質や使い方は同じですが、ウィーワートに近いアクションに仕上がりました。アメリカを意識してカラーはクローフィッシュパターンを多く作りました。ちなみに本場のテーブルロックレイクに代表されるオザークマウンテン水系のダム湖に一番近い日本のシチュエーションは、ウチダザリガニがいる桧原湖だと思っています。

 ドランカーは浮力は抑え気味で、ロールをほとんどしないワイドウォブリングアクションが特徴です。最近は巻き心地の軽いクランクベイトが多いですが、ドランカーは引き抵抗がとにかく大きいので、スローリトリーブでもロッドへ明確にアクションを伝えます。ドランカーは低水温期専用ではないですが、水温が下がるほどスローに巻いてみてください。

 最初からデッドスローだと有効な深度まで潜らないので、助走はノーマルスピードで巻きます。フロロカーボンの10Lbを使えばキャスト&リトリーブで約3mは潜ります。

 ある程度潜らせたら、下向きに構えたロッドティップを短いストロークでゆっくり前後させ、ウォブリングの一振り一振りを感じながらリールを巻きます。ポンプリトリーブに近いですがサスペンドルアーのように止めて誘う必要はありません。こうすることでルアーの状態変化を素早くとらえ、瞬時にアワせられます。

※原稿中で解説されている変則的なポンプリトリーブのテクニックをアーロン・マーテンスが披露している。「ロッドを振り続けることで常にアワセのタイミングをとっているイメージ」と前田さん

 低水温期のバスは、速いルアーを追い切れないばかりか、ルアーを丸呑み&反転するようなバイトは少なく、ショートバイトですぐにはき出してしまいます。そんな状況でショートバイトによるルアーのわずかな状態変化を捉えやすいのがスローリトリーブでも抵抗の大きいドランカーというわけです。

 ドランカーは根掛かりを回避するのはそれほど得意ではないので、ウッドカバーよりもロック系のハードボトムで使ってみてください。

 標準フックはVMCフックの#6ですが、低水温期のショートバイトを掛けやすくするには交換をオススメします。私はがまかつのトレブル13を使います。フックハンガーが横アイ仕様なので、従来型のフックバランスが座りがよく、ひと回り大きい#5サイズを前後に装着してもフック同士が絡みません。


表紙をタップすると試し読みができます hyo1

わき役が輝くすてきなドラマ

ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。
巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。
また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。



2018/1/31

最新号 2018年7月号

[特集]ガチのトップ

 ガチで釣るための水面攻略法を特集。
 6月はトップウォーターを使うことで釣果が伸びると断言します。
 「トップで釣れたらいいな」ではなく、なぜ「釣りたいからこそトップ」なのかを、達人たちが解説します。
 巻頭では、トーナメントで何度もウイニングルアーになっている痴虫ルアーの秘密を松本光弘さんが牛久沼を舞台に明かします。
 川島勉さんはハネ系ルアーとペラ系ルアーの使い分けを解説。本人は「こんなルアーで釣りたい。絵空事です」と言いつつも、その確かな釣獲能力で55cmのビッグバスを手にします。
 その他、内山幸也さんによるダブルプロップ活用術、木村建太さんのポッパータイプの出しドコロ、大津清彰さんによる野良ネズミパターンなど、見どころ満載な内容です。
 釣果がなかなか出ないとき、打開策としての「トップウォーター」という選択肢があなたのなかに加わることは間違いありません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING