サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

エキスパートが選ぶ冬の巻き物 :第2回

スキルフル岡本巧さんの発泡素材フラットサイドクランク

岡本巧=文
 スローな展開になりがちな冬でも巻き物で結果を残すアングラーがいる。Basser2016年2月号では、巻き物に精通し自らルアーデザインも行なうルアービルダーたちに、冬場に試したいルアーをふたつ紹介してもらっている。彼らのメソッドとともにぜひ参考にしてほしい。

この記事はBasser2016年2月号に掲載したものを再編集しています。

skil_okamoto岡本巧
スキルフル代表
◆ウェブサイト
http://skillfullure.web.fc2.com/


水平な姿勢で安定して泳ぐことで魚に見切られにくいシャロークランク


 秋から冬に移行するにつれ、釣り人もバスも動きが鈍くなるころ……スローな釣りに気持ちがいって巻き物など巻く人も少なくなってきますが、スローな釣りをやっていても1日1尾とれるかとれないかの魚、それがもし超が付くほどのクオリティーフィッシュを巻きでとれるかもしれないとしたらどうしますか? そりゃ~、巻くしかありませんよね!!! skillful製品のなかで晩秋から早春にかけての冬クランクとして5年以上に渡り販売してきたクランクベイトがT-flat shallowです。

skil01 T-flat shallow(65㎜、9g/スキルフル)

使用タックル例
ロッド:MOVE C-FLAT CUSTOM(GROOBER’S BEND)
リール:TD-Z103P+SVスプール+SLPワークス SPハイグリップノブ(ダイワ)
ライン:シューター・FCスナイパー16Lb(サンライン)
スナップ:ダイレクトスナップ#1.5(カルティバ)
フック:ST36BC(フロント#4、リア#6/カルティバ)


 そもそも釣り人が釣りになかなか行かないようなタイミングで冬クランク、しかも1m程度しか潜らないシャロークランクを長年に渡って販売している時点でだいぶネジが飛んでるんだと思われそうですが、長年に渡って販売し続けるだけの価値あるクランクだと製作者である僕が太鼓判を押します(笑)。

 じゃあ、そのフラットサイドクランクの何がそんなにいいのか? 

 一番の大きな特徴はシャローレンジで姿勢を崩しにくく水平な姿勢で安定して泳ぐこと。これに尽きます。たとえば冬が終わりに近づき魚が春を意識し始めるころ、野池や河川などの浅いフラットがあるエリアで巻く場合。急潜行するタイプや姿勢が前のめりなクランクベイトでは魚が追ってきてもリトリーブ中に姿勢が変わって見切られることがあります。T-flat shallowは発泡素材のもつ強い浮力でピッチの速いロールアクションと安定した泳ぎを実現しているのですが、あえてテールにウエイトを仕込み軽快さを殺すことで水平姿勢とレンジをキープして泳ぐような設計を盛り込みました。

 極寒の釣りは体力的にも精神的にも辛い釣りになりますが寒いからといってリトリーブが速くなったりしてはダメです。気持ちゆっくりめに丁寧にクランクのアクションを感じながら巻くことをおすすめします!!

builder_2-dsc_5054 フローシャッドタイプ1(56㎜、5g/ジャクソン)

 さてもうひとつご紹介するのはフローシャッド。先のT-flat shallowよりも寒さが厳しい時期にボトムコンタクトさせながら巻くときに使用します。フローシャッドのいいところはシャッドのようなアクションでありながらフローティングであること。たとえばリップラップや岩などが点在するようなエリアにおいて寒い時期のスタックは非常にストレスになります。そこでフローティングの出番! アクションしていることを感じながらちょっとでもクッとスタックしそうな感覚があればラインテンションを緩めて浮かせて再度巻く……。ときには浮かせて巻き始めにバイトなんてことも多々あります。巻くときはラインとロッドを一直線にして巻くことでより早く感知できてスタックを避けられるようになるのでお試しあれ。



表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。
 通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。
 また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。
 不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。
 新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。
 そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。





2018/1/16

最新号 2018年3月号

[特集]トレーラーベイツ

わき役が輝くすてきなドラマ

 ときにメインとなるルアーよりも選択が重要となるわき役「トレーラー」が今号の主役です。たとえばジグの場合、トレーラー次第でルアー全体のサイズ感やアクション、フォールスピード、イミテートするベイトフィッシュまですべてが変わってくるからです。  巻頭の「THE TAKE BACK」では、田辺哲男さんが真冬の菅野湖をバルキートレーラー+フットボールジグの組み合わせで攻略し2尾の50cmアップをキャッチ。  並木敏成さんはカバージグの黄金コンビネーションを紹介。そのほかスイムジグやフットボールジグ、ワイヤーベイトのトレーラーも細かく紹介。アメリカのツアープロが本気の勝負で投入するトレーラーのトレンドについてもまとめています。  また、2018年に創立30周年を迎えたエバーグリーンの歩みを特集。日本のバスフィッシングシーンをリードしてきたタックルとプロスタッフ陣の輝かしい戦歴はどのようにして紡がれてきたのか。菊元俊文さん、今江克隆さん、清水盛三さん、福島健さんらへのインタビューを交え、その歴史を紐解きます。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING