サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

ブレーバー5.7in(ボトムアップ)

注目の新製品をピックアップ! Basser BEST BUY

Basser編集部=文

Break behavior!!
そのアクションは、バスの理性をぶっ飛ばす

ブレーバー5.7in

01
 川村光大郎さんを代表に据えた新メーカー、ボトムアップの第1弾が「ブレーバー5.7in」だ。おもな用途は近年の川村さんが多用しているネコリグ。失礼ながら地味なところからスタートしたなァと思ったが、常に「何がなんでも、もっともっと釣りたい!!」コータローにしてみれば、最も釣果をあげているルアーから着手したのはごく自然な流れだろう。シャッドテールのアクションが全身に伝わって起こるバイブレーションで、フォール中のバイトが増加。ボトムシェイク時のレスポンスもよく、くねるボディーとチロチロ動くテールが異なるリズムでバスを誘う。「使い勝手のよさも重要な性能」として、素材強度からこだわって作られている。スナッグレスネコにはN.S.Sフックと同パーフェクション(FINA)の#1/0と2/0がマッチ。12色をラインナップ。8本入り750円+税で3月上旬の発売を予定。

ボトムアップ

 ブレーバー5.7inについて、川村光大郎さんへのインタビューも掲載しています。

2017/2/2

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING