サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

『月刊Basser』30周年記念ロッド開発ストーリー :第3回(全6回)

BAC64ML-GC “Crankin’ Custom”

Basser編集部=写真と文
30throdbannermain 釣り人道具店にて予約受付中!


30年目のBasser。
そのオリジナルロッドは
「グラス」+「アラミドレインフォース」+「カーボン」のクランキングカスタム!!
長さとグリップ周りのデザインは編集部3名で意見を出し合いました。


レングスとグリップ周りを決める


 前回はグラスコンポジットの優位性が発揮された事例について書きましたが、もちろんカーボンがグラスに勝っている点も多々あります。感度はもちろんですが、これは高ければいいというものではありません。グラスロッドを使っていてネックになるのは、個人的には「太さ」だと感じます。これまで私(ホリベ)が使ってきたグラスやコンポジットロッドは、ブランクの径を上げることでバットパワーを増しているものがほとんどでした。そうしたロッドは、一日中振り続けると太いバットが風を切る抵抗がキツく感じてきます。シングルハンドとなるとなおさらです。それならダブルハンドで投げればいいのでは? というのはごもっともですが、軽めで空気抵抗が大きいフラットサイドクランクやシャッドは、シングルハンドで投げたほうが飛距離も精度も出ます。

 ということで、編集部内でもめたのが「長さ」と「グリップの仕様」でした。軽量級ルアーをシングルハンドで投げるなら、レングスは短めの6ftくらいがよく、グリップは最近では珍しいガングリップもアリ。しかし、中量級ルアーをダブルハンドで投げることも考えれば、ガングリップなんてもってのほかで、レングスも6ft6inくらいほしくなります。

tyouka-7
 最終的に6ft4inに落ち着きましたが、ただ中間をとったわけではありません。グリップの仕様は、リアを短めにしたセミダブル。実質的なレングスを6ft6inに近づけると同時に、バットを細くすることで空気抵抗を抑え、シングルハンドで充分振り抜ける軽快さと両立させました。

014
 リアのコルクグリップは、どストレート。いっさいテーパーをかけていません。とくにリールシートのすぐ後方(薬指と小指で握り込む部分)がストレートでないと「力が入れにくい」「振ったとき、ブランクの取り付けが歪んでいる感じがする」などなど、とくにキャスト面でストレートグリップの支持率が100%だったからです。編集部員は3名しかいませんが、こんな機会でもないとロッドについて細かく意見し合うこともありませんので、好みが一致するところ、しないところがはっきりしていたのは新鮮でした。

次回へ続きます。

01 ■長さ:6ft4in
■アクション:ファスト
■パワー:ミディアムライト
■快適ルアー重量:1/4~1/2oz
 ベイトフィネス系のリールを組めば、軽いほうは3/16oz程度のシャッドから。重いほうは5/8ozクラスの3mダイバーまで扱えます。3/4oz以上も投げられますが、ショートグリップ仕様なので、引き抵抗の重いディープダイバーは体力的にキツいです。 ジャークベイト、いけます。ペンシルベイトやポッパー、ありです。
 バズベイトとスピナーベイトは物によります。デカペラのバズ、デカブレードのスピナーベイトは投げにくいですが、そうでない物の使用感はむしろ良好です。


■適性ライン強度:8~16Lb
■付属品:Basserオリジナルロッドソックス1個付き
■価格:2万9000円(消費税・送料含む)

釣り人道具店にて予約受付中!
実物はジャパンフィッシングショー2017・つり人社ブース[A-204]で展示予定です。実際に手に取って感触を確かめていただけます。

05
04
03
02

2017/1/9

最新号 2017年7月号

5~7月のバスが反応せずにはいられない 「フローティングジャークベイト」を50ページにわたって大特集!!  今号では、初夏から梅雨にかけてとくに有効になるフローティングジャークベイトを特集しています。  沖田護さんは利根川で、このルアーがなぜ「ズルくて最強のトップウォーター」なのかを実釣で解説。川口直人さんは歴史的名作「ラトリンログ」への愛を語り、山木一人さんと泉和摩さんは長い経験から導き出した釣れるジャークベイトの条件を解説しています。北大祐さんは、自身が持つジャークベイト42種をそれぞれの特徴とともに紹介。「実弾」として使い込んでいる各ルアーの解説は説得力に満ちています。  さらに、フローティングジャークベイトを使いこなすためのタックルセッティングやウエイトチューンの方法、フックセレクトなど細かいコンテンツも満載。「潜って浮かせてドン!」と出る、大興奮の水面遊戯に読者を導く一冊になっています。  第2特集ではスイミングスタイルジグ、スイムジグとチャターベイト系が取りあげられています。これらのルアーを「どんなときに、どのように」使うべきなのかを田辺哲男さん、赤羽修弥さん、吉田秀雄さんが解説。クランクベイトやスピナーベイト、バイブレーションが中心だったローテーションにこれらのルアーを加えることで、より奥深い「巻き」のゲームが楽しめること間違いなしです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING