サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

『月刊Basser』30周年記念ロッド開発ストーリー :第1回(全6回)

BAC64ML-GC “Crankin’ Custom”

Basser編集部=写真と文
30throdbannermain 釣り人道具店にて予約受付中!


30年目のBasser。
そのオリジナルロッドは
「グラス」+「アラミドレインフォース」+「カーボン」のクランキングカスタム!!
読者アンケートの結果から作りたいロッドを決めていきました。


アンケートから見えてきた
いま作るべきBasserロッド


 ホリベです。間もなく終わる2016年は『Basser』の創刊30周年。そこで、記念ロッドを作ろう! という企画を実は昨年(2015年)から進めていました。気づいた方は気づいたかもしれませんが、『Basser』のプレゼントコーナーのアンケートで数回にわたって……、「どんなロッドが欲しいですか?」「グラスロッド(コンポジット含む)はお持ちですか?」

 といった質問をさせていただいたのは、弊誌をご愛読いただいている方の市場調査といいますか、ニーズを確認するためでした。「せっかく作るなら、ただの記念品にはしたくない」「使って、釣っていただけるロッドにしたい」との思いからです。

 生意気にも言えば、メーカーさんの助言・助力はもちろん必須ですが、かといってメーカーさん任せにはしたくなく、読者の皆様を含むチームBasserで一本のロッドを仕上げたいという思いも強くありました。そういうわけですので、アンケートにご回答いただいた皆様、誠にありがとうございました。

img_11222016年の1月号と3月号でロッドについてアンケートをとらせていただいたのはこのためです


 さて……、「どんなロッドが欲しいですか?」。その回答で1番多かったのは、予想どおり「オカッパリのバーサタイル(汎用性が高い)ロッド」でした。正確には、「個人(回答者)にとって理想のオカッパリ・バーサタイル」が1番人気です。

 この回答は一見、「キャスティング(ベイト)ロッド66M」のようですが、「個人にとって理想の」が頭につくことで「60ML」~「80XH」というトンデモナイ幅が出てくることがアンケートからわかりました。

 平均値をとれば「66M~70MH」なのでしょうけれど、その手のロッドは市場を見渡せば優れたものがたくさんある一方で、それらが個人にとって理想のバーサタイルロッドとは限らないという事実があります。

 アンケートの回答から思ったのは、「バーサタイルからは大きく舵を切って、もっとアクが強いロッドを提案したい」ということでした。そこで次に聞いてみたくなったのが「グラスロッド(コンポジットを含む)はお持ちですか?」です。

 それに対する回答とお寄せいただいたご意見から、30周年記念ロッドはグラスコンポジットで作ることにしました。おもな用途はクランクベイトやシャッド。オカッパリ、ボートの区別なく多用される、1/4~1/2ozのシャロー~ミドルダイバーをメインに据えることにしました。

次回へ続きます。

01 ■長さ:6ft4in
■アクション:ファスト
■パワー:ミディアムライト
■快適ルアー重量:1/4~1/2oz
 ベイトフィネス系のリールを組めば、軽いほうは3/16oz程度のシャッドから。重いほうは5/8ozクラスの3mダイバーまで扱えます。3/4oz以上も投げられますが、ショートグリップ仕様なので、引き抵抗の重いディープダイバーは体力的にキツいです。 ジャークベイト、いけます。ペンシルベイトやポッパー、ありです。
 バズベイトとスピナーベイトは物によります。デカペラのバズ、デカブレードのスピナーベイトは投げにくいですが、そうでない物の使用感はむしろ良好です。


■適性ライン強度:8~16Lb
■付属品:Basserオリジナルロッドソックス1個付き
■価格:2万9000円(消費税・送料含む)

釣り人道具店にて予約受付中!
実物はジャパンフィッシングショー2017・つり人社ブース[A-204]で展示予定です。実際に手に取って感触を確かめていただけます。

05
04
03
02

2016/12/20

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING