サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basserのロッドソックスが白い理由

ベイトロッド用とスピニングロッド用があります!

サイト・ビー=写真と文
dsc_6230
 2017年も2月に突入しましたね! メーカー各社からは新製品のロッドが続々発表されています。春に向けてロッドを新調しようと考えている方も多いのではないでしょうか?

 今回は、そんな新品ロッドを傷から守るのに活用していただきたいBasserオリジナルロッドソックスを紹介します!

1_000000000025 2_000000000025 ロッドに被せることで、運搬中ブランクやラインが傷つくのを防ぎます

 特徴は暗がりのなかで見やすいホワイトカラーです。

 たとえば、陽が落ちたあとに車に積み込むとき。ロッドの位置がよく見えるので、ティップを車内にぶつけてしまうことが少なくなります。

 とくにバスロッドは穂先が繊細なものがありますから、先端の位置を確認しながら運んだり積み込んだりしやすいホワイトカラーは地味に重宝しますよ!

4_000000000024 000000000024_3 視認性の高いホワイトに赤いBasserのロゴが入っています

 ベイトロッド用とスピニングロッド用をラインナップしています。

5_000000000024 dsc_6292 スピニング用は大きなガイド径のロッドにも被せられるようベイト用より太径になっています(左がスピニング用です)

 ベイト用はスピニング用よりもスリムで1本ずつ覆うのに便利。そのうえからロッドベルトなどでまとめれば、ラインが隣のロッドと絡むことがありません。

 スピニング用は大きなガイド径のロッドにも被せられるよう、ベイト用より太径になっています。

douguten1200-400pxout 釣り人道具店にてお買い求めいただけます


30throdbannermain 『月刊Basser』30周年記念ロッドにはこのロッドソックスが1個付属します!
ご注文はこちらから!
開発ストーリーもぜひチェックしてください


 開催までいよいよ10日を切ったザ・キープキャスト(2月18日、19日(土日)/ポートメッセなごや)のBasserブースでも販売いたします。そのほかにもおすすめ書籍やDVD、グッズを用意してお待ちしておりますので、ぜひお立ち寄りください!
 



2017/2/9

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING