サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

注目の新製品をピックアップ! Basser BEST BUY

Basser最新号から各社のニューアイテムを紹介します!

Basser編集部=文

フェイズPCSS-65M スムーズトルク

ロクマルにもノサれないパワースピニング 04
 琵琶湖のロクマル級のバスとも余裕のやり取りができるスピニングロッド。カーボンを厚巻きしたチューブラーブランクは負荷をかけるとムチのようにしなり、強いトルクを発揮。大型のバスをウイードに逃げ込ませることなく水面までリフトできる。ややウエイトのあるジグヘッドリグやネコリグのほか、ライトテキサスなどに最適のロッドだ。6ft5in。適合ルアーウエイトは1/16~3/4oz。適合ラインは4~18Lb。ミディアムパワー。4万3000円+税。

エバーグリーンインターナショナル

ジャックハンマー3/4oz

より深く、より速く 03
 B.A.S.S.エリートシリーズで活躍する清水盛三さんとブレット・ハイトが共同で開発したブレーデッドジグ「ジャックハンマー」のヘビーウエイトモデルだ。直進性に優れたアクションやブレードとヘッドが接触することによって生まれる削岩機のような音はそのままに、より深いレンジを攻略しやすくなった。また、軽めのウエイトだと水面から飛び出してしまうような速巻きでシャローを攻略することもできる。15色展開。1150円+税。

エバーグリーンインターナショナル

レゼルブ・DSKマダムキラー

人気の小型羽根モノプラグのキャスティング別注カラー 15
 DSTYLEの小型羽根モノ系プラグ「レゼルブ」にキャスティングの別注カラー「DSKマダムキラー」が登場した。これは以前「ジョインテッドクロー178」にも採用され非常に人気を博したカラー。透明感がありながらも表面は艶めかしく光り、ナチュラルさと視認性を両立している。キャスティング店舗またはキャスティングオンラインストアで購入することができる。1800円+税。 

DSTYLE

キャスティングオンラインストア

スピンテールフロッグ(新色)

水面を駆けるコンパクトフロッグに新色 09 10 11 上からジェードシャッドチャートベリー、モエビVer.2、ナチュラルギル

 コンパクトかつノーズの尖ったボディー形状で、高速ドッグウォークが得意な「スピンテールフロッグ」に3色が追加。「ジェードシャッドチャートベリー」はベイトフィッシュライクでありながらチャートのラインで存在感をアピールでき、甲殻類を模した「モエビVer.2」はゴールドのブレードで濁りにも強い。「ナチュラルギル」は視認性に優れたイエローベースのギルカラーだ。59mm。11g。1200円+税。

O.S.P

オリカネムシダディ(新色)

カバーにぶち込める虫系ルアーに新色 12 13 上/スズメバッチ、下/バッタ虫

 折金一樹さんが開発に携わった「オリカネムシダディ」に2色が追加。「スズメバッチ」はその名のとおりハチのようなカラーリングで、シルエットを際立たせるブラックボディーと視認性のよいオレンジのヘッドが組み合わさっている。「バッタ虫」はバッタ類やアマガエルなどをイミテートできる明るいグリーンボディー。ローライト時はアングラーからもとくに見えやすいカラーだ。ベイトフィネスやパワーフィネスでヘビーカバーに潜んだバスを攻略しよう。41.5mm。4.5g。920円+税。

O.S.P

マッドワグスリム4.5in

内側に厚みを持たせたテールが強く水を掻く 17
 ウイードレイクでの「マキマキ」釣法に適した「マッドワグ」に、ライトテキサスリグやキャロライナリグ、ヘビーダウンショットで使いやすい4.5inモデルが追加。特徴は内径部に厚みを持たせたテール。ワームを引いた際に伸び切ることなく復元しようとする力が強いので、細長いシェイプながらも大きく水を掻いてくれる。10色展開。9本入りで520円+税。

ケイテック

KAVU FC “Lake L/S-Tee”
KAVU FC “Tackle L/S-Tee”

人気アパレルブランドのコラボレーション 18 左/“Lake L/S-Tee”、右/“Tackle L/S-Tee”

 シアトル発のアウトドアブランド「KAVU」とフィッシングアパレル「ランカーキラー」のコラボレーションロングTシャツ。それぞれホワイト×ブラックカラー。コットン100%。M、L、XLの3サイズ展開で、5500円+税。

ランカーキラー

KAVU

キッケルキッカー

甘い着水音でフィネスに水面攻略 01
 エラストマー素材を使用した、非常にハリ持ちのよい水面攻略用ワーム。ソフトな着水音でバスを引きよせ、6対12本のレッグにより移動距離が抑えられた一点シェイクで、たまらず口を使わせる。バスが虫やカエル捕食しており、なおかつスレているフィールドでは迷わず投入したい。35mm。3.1g。8色展開。3本入りで770円+税。

ダイワ

スティーズ スピンフィネスジグ

すべてのパーツにこだわったスモールラバージグ 02
 モノガードを搭載したスモールラバージグ。ランダムにカットされた太さの異なるシリコンラバーは水を複雑に撹拌する。やや上向きのサクサスフックは掛かりと刺さりに優れ、ライトタックルでも高いフッキング率を誇る。セミフットボール形状のヘッド形状で、ボトムでも姿勢を崩さずに誘うことができる。0.9~2.3g。6色展開。500円+税。

ダイワ

ボトムアップワークキャップ

オールシーズン対応のカモカラーキャップ 05 左/リップストップカモ、右/ジャガードブラックカモ

 「BOTTOMUP」ロゴが刺繍されたワークキャップ。アジャスター付きでサイズ調整が可能で、額が触れる部分はタオル地になっており肌触りと吸水性に優れている。「リップストップカモ」と「ジャガードブラックカモ」の2色展開。3800円+税。

ボトムアップ

ボムスライド(新色)

大きなバックスライド幅が身上の高比重ワームに新色 16 上からヤンチャBブルー、ヤンチャパラダイス、ヤンチャシュリンプ

 吉田撃さんがプロデュースしたバックスライドワーム。約45度という非常に鋭い角度でオーバーハングやカバーの奥に滑り込んでくれる。追加となった3色は濁りのなかでもしっかりアピールできる「ヤンチャBブルー」、透明感のある甲殻類カラー「ヤンチャシュリンプ」、そしてさまざまな水色で使いやすい「ヤンチャパラダイス」だ。4in。12g。5本入りで850円+税。

ガンクラフト

ジャスターフィッシュ3.5in(新色)

リグを選ばないシャッドタイプに新色 06 07 08 上からスパークワイン、ヒウオ、グラスフィッシュ

 琵琶湖の人気プロガイド「船長」こと杉戸繁伸さんが監修した「ジャスターフィッシュ3.5in」は、ジグヘッド、ノーシンカー中層引き、ダウンショットなど、さまざまなリグで使用できる汎用性の高さが魅力。今回追加されたカラーは濁りに強く明滅効果も高い「スパークワイン」と、琵琶湖の定番ベイトフィッシュを模した「ヒウオ」、ウイードに溶け込みながらもラメが存在感を放つ「グラスフィッシュ」の3色だ。8本入りで810円+税。

GET NET

OUTBACK

いつでもどこでも気軽に魚と遊べるパックロッド 14 NS886L

 幅広いゲームフィッシュをねらえるパックロッド。すべてのアイテムの仕舞寸法が51cm以内に収まるので、旅行用のキャリーケースやバッグ、車内のちょっとしたスペースに忍ばせておけば、いつでも気軽に竿を出すことができる。2018年に追加された「NS886L」はシーバスやロックフィッシュに適したロングモデル。しなやかに曲がるブランクはキャストがしやすく、リーリング主体の巻き物と相性がよい。8ft8in。仕舞寸法49cm。継数6本。適合ルアーウエイトは28gまで。適合ラインは14Lbまで。2万6000円+税。

テイルウォーク

 
 
表紙をタップすると試し読みができます hyo1

 最高峰のトーナメントの場でもたびたびウイニングルアーになるなど、近年カバーに潜むバスを脅かし続けている「カバーネコリグ」を特集。巻頭では折金一樹さんが笹川湖に挑みます。3.5~9inという幅広いワームサイズを使い分け次々バスをキャッチ。バスのコンディションとフィールド状況に応じたルアーローテンションが、ネコリグ用ルアーのサイズ選択の悩みを解消してくれます。
 また、「カバーネコリグ道場」では、川村光大郎さんが編集部員を生徒に招き、自身が世に広めたスナッグレスネコリグの使いこなし術を徹底解説。「ネコリグが釣れる理由は『強いのに、弱いから』」という理論に基づき、川村さんの解説どおりの状況に合った攻めを展開できれば、その名のとおりカバーのバスを「根こそぎ」つることができるはずです。
 また、今号は国内外のトーナメント情報も充実しています。JBTOP50では、早野剛史さんが勝利した開幕戦を詳報。試合の結果やテクニックだけでなく、早野さんが人生をかけて決断した河口湖から霞ヶ浦への移住と武者修行など、勝敗を決定づけた知られざるドラマに注目です。
 バスマスタークラシックでは、ジョーダン・リーが2連覇という偉業を達成しました。アメリカで長年トーナメントの最前線を取材してきた雨貝健太郎さんをして「30年にひとりの天才」と言わしめるスーパールーキーの強さの秘密に迫ります。


2018/5/1

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年11月号

2号連続で綴るクランクベイト愛

釣るための道具としてだけでなく、所有する喜びも与えてくれるクランクベイトを2号連続で大特集。
かつてクランクベイトの魅力を伝えてくれた人気連載、『秘密のクランクベイト』が15年ぶりにカムバック。前編の今回は、クランクベイト誕生の歴史的・地理的背景から、名作ハンドメイドフラットサイドクランクの「あれから」を辿ります。
「巻いて勝てる男」・北大祐さんは、シャロークランクの釣りのイロハを生徒役の編集スタッフにレクチャー。パワー、レンジ別のクランクベイトローテーションや、さらなる1尾に繋がるアプローチ方法を説きます。
また、開発学さん、西根博司さん、塚本謙太郎さんら著名ビルダーがクランクベイトの内部構造や素材の特性について解説。ウッド、プラスチック、そして発泡素材など、マテリアルの違いでクランクベイトの個性はどのように変わるのか。そして名作ルアーを真っ二つに割り、その内部構造から見えてきたものとは!?
さらに、人気の水槽実験によるルアーアクション検証企画「気になるルアー、泳がせます」や、クランクオンリー勝負の「編集部対決」など見どころ満載。
読めば、今すぐボックを開けてクランクベイトを愛でたくなる一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING