サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

注目の新製品をピックアップ! Basser BEST BUY

Basser最新号から各社のニューアイテムを紹介します!

Basser編集部=文

G.C.ハスゴップ95

プロップとブレードを搭載したI字系 08
 フロント部にプロップ、リア部にブレードを装着したI字系ルアーだ。とはいっても完全なI字アクションではなく、ランダムに水を噛み回転するブレードにより、リトリーブ中に若干ボディーがふらつくことでバスがバイトするキッカケを与える。95mm。11g。8色展開。1980円+税。

issei 

ギルフラット

艶めかしいS字アクションのリアルシェイプギルワーム 07
 村上晴彦さんプロデュースのギル型ワームだ。ボディーが格子状のリブ構造(キャラメルスケール設計)になっていて、とくにジャークしたときには艶めかしいS字アクションを見せる。ボディー内部に空洞を設けてありバイト時にワームがつぶれやすいので、フッキングも良好だ。110mm。20g。4色展開。4本入りで1200円+税。

issei
 

SR-016P カバーグラスDX

メガネにかぶせて「度付き偏光サングラス」の完成 09
 「ストームライダー」で有名な愛眼と、SWANSブランドをもつ山本光学のコラボレーションアイテムで、メガネにかぶせて使うことができる偏光サングラスフレームだ。メガネとの一体感を重視したデザインで、遮光性にも優れている。レンズカラーはオリーブグリーン(偏光度92%、可視光線透過率34%)、マロンブラウン(偏光度99%、可視光線透過率24%)、スレートグレー(偏光度99%、可視光線透過率20%)の3色。それぞれ1万2000円+税。

愛眼

SWANS 

ウイニングクロー

ファクトリーロックを解除すれば軽量シンカーにも対応 10
 青木大介さんが代表を務める「DSTYLE」初となるクロー系ワーム。おもにテキサスリグでの使用を想定している。フォールやスイミング時にテール先端がバイブレーションし、それに伴って分厚いツインパドルもよじれるような動きを出す。テール先端のファクトリーロックを切り離すことで、4g以下の軽量シンカーでも確実にアクションする。3.6in。8色展開。6本入りで770円+税。

DSTYLE

ドライブビーバー3.5in

ツインパドルが見せるバサロアクションが身上 05
 O.S.Pの人気ソフトベイト「ドライブ」シリーズの新作が「ドライブビーバー3.5in」だ。見た目は一般的なホグ系だが、最大の特徴はフォール時やただ巻き時にツインパドルが水をキックするようなバサロアクションをすること。これによって広範囲のバスにアピールすることが可能だ。逆付けのレッグなど抵抗になるパーツが少ないので、フリップベイトとしてヘビーカバーをストレスなく攻略することもできる。3.5in。約8g。7色展開。6本入りで770円+税。

O.S.P

O.S.Pローキャップ

シンプルなロゴをあしらった流行のローキャップ 06
 浅くかぶることで前髪などを出しやすく、現在流行中のローキャップ。O.S.Pから新発売となったモデルは、同ブランドのアイコンである猛禽類のロゴが刺繍されているシンプルなデザインで、釣りだけでなくタウンユースにもオススメだ。サイズ調整が可能なベルトループ付き。コットン100%。4色展開。3500円+税。

O.S.P 

プロズスイムジグ

カバーからオープンウォーターまで広く攻略可能 11
 スイムジグでありながら、ガード付きでカバーの中を横の動きで攻略することができるのが「プロズスイムジグ」。すり抜け良好な30度アイ、ラインの根ズレを防ぐヘッド形状、ビッグバスにも対応する#4/0フックなどこだわりが詰め込まれている。5g、7gのラインナップ。10色展開。680円+税(グリパンチャートカラーのみトライアルプライスの550円+税)。

プロズファクトリー 

アントライオン

ジグ番長監修のスモラバトレーラー 01
 ラバージグの使い手として知られる菊元俊文さんが開発したスモラバ用のトレーラー。菊元さんと言えばフルサイズジグによるパワーフィッシングのイメージが強いが、近年はスモラバも積極的に使用しており、2016年のバサーオールスタークラシックではスモラバをメインに3位入賞を果たした。このワームの特徴はさまざまな形状の大小10本のツメ。これらがそれぞれ異なる水流を発生し、着底時も時間差で倒れ込むことでバイト誘発する。また、同社の「C-4ジグ」と組み合わせてボトムでジャークすると左右へのドッグウォークも見せる。2.7in。12色展開。9本入りで800円+税。

エバーグリーンインターナショナル 

シャワーブローズソフトシェル

カバーで使えるペンシルベイト 02
 クイックターンとスプラッシュ&バブルの効果で高い集魚力を持つペンシルベイト「シャワーブローズ」。このルアーをヒシモなどのカバー周りで使うことはできないか……。そんな発想で生まれたのが「シャワーブローズソフトシェル」だ。カテゴリーとしては中空フロッグながら、簡単に移動距離を抑えた連続クイックターンをさせることができる。ペンシルベイトのようなアクションと中空フロッグならではのソフトな着水音や水絡みで、警戒心の強いバスを反応させることができる。77mm。19g。6色展開で1350円+税。

エバーグリーンインターナショナル 

T.D.バイブレーションスティーズカスタム

不朽の名作をシミーフォール性能でアップデート 03
 国産バイブレーションの名作「T.D.バイブレーション」がシミーフォールアクションを手に入れた。シミーフォールとは、ごく一部のバイブレーションが見せる、ユラユラと左右に振れながらのフォールアクションのこと。これによりただ巻きやリフト時だけでなく、フォール時もよりバスを惹きつけることが可能になった。サイレントモデル、ガラスラトルモデル、重低音のウーファーモデルをラインナップ。53mm。10.5g。13色展開。1500円+税。

ダイワ

DQ-8047 折り畳み式クリップオングラス

コンパクトに収納できる跳ね上げ式モデル 04 04_3 04_2
 通常のメガネにかぶせて使用できる偏光サングラスだ。レンズのみでなくウエリントン型のフレームが付いているので、メガネに重ねたときも外からはオシャレなサングラスのように見えるのが嬉しい。真ん中で折りたためる設計になっており、使用しないときは専用のケースに入れてコンパクトに持ち運ぶことができる。レンズはグレーとブラウンの2色展開。どちらも偏光度99%で可視光線透過率20%。5600円+税。

ダイワ

SLPプロズツール

リールメンテナンス作業をより快適に 12 12-5 12-4 12-3 12-2
 リールのメンテナンスやチューニングの作業において、工具に求められる機能を追求したプロ仕様のドライバーだ。ハイス鋼+チタンコートによる高精度・高強度なビット(先端)部はネジ穴を舐めにくく、グリップしやすい持ち手部分は油分が付着した状態でも力を込めることができる。煩雑なリールメンテナンスの時間短縮、正確な作業に役立つこと間違いなしだ。異なる5タイプのドライバーをラインナップ。それぞれ3500円+税。

スポーツライフプラネッツ

タトゥーラオプションスプール

タフコンセプトリール用の超々ジュラルミンマグフォースZスプール 13-2 13
 高い剛性で人気のタトゥーラシリーズのオプションスプールだ。スプール径34mmの「タトゥーラ100スプール」は100番サイズのタトゥーラと互換性があり、イト巻き量は12Lb=140m、16Lb=100m、20Lb=80m。スプール径36mmの「タトゥーラHD153スプール」はタトゥーラHDカスタムシリーズ対応で、イト巻き量は16Lb=125m、20Lb=100m、25Lb=70m。それぞれ8000円+税。

スポーツライフプラネッツ

2017/9/4

おすすめ記事

最新号 2018年1月号

2017年を締めくくるバスとの出会いは「中層で」  もうすぐ冬の入り口、12月。年内最後のバスを釣るためのカギは「中層」にありました。  特集の冒頭では、山岡計文さんが「バスはボトムにいない。だから私はボトムを釣らない」と、自身の経験に基づく「ボトム否定論」を展開。  さらに北大祐さんはディープクランク、平川皓也さんはジャークベイト、川村光大郎さんはラバージグ、伊藤巧さんはネコリグと、4者4様の中層攻略テクニックを公開します。  台風の影響でワンデイ戦となったJBTOP50最終戦では、青木大介さんに密着取材。年間タイトルに王手をかけながらも正午までノーフィッシュ。吐き気をこらえ、苦しみ抜いた戦いの記録は必見です。そして後日のインタビューでは「驚きの展望」が語られます。  また、この霞ヶ浦戦を勝った関和学さんのパターンを追加取材を行なって詳報。ベイトフィッシュに着目した、消波ブロック帯の「中層」を釣る技は必見!! 寒い季節の一尾に繋がるヒントが盛りだくさんです。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING