サイト・ビー by Basser
バスフィッシングひと筋30年。バサーをつなぐウェブメディア

注目の新製品をピックアップ! Basser BEST BUY

Basser最新号から各社のニューアイテムを紹介します!

Basser編集部=文

キャラメルシャッド3.5in(新サイズ)

全身ウォブラーの弟分が誕生!
09
 扁平ボディーのシャッドテール系「キャラメルシャッド5in」にダウンサイジングモデルが追加される。テールアクションがボディーに伝わりハイピッチで全身ウォブルする特徴はそのままに、ジグヘッドやキャロライナリグなど、さまざまなリグに合わせやすいサイズになった。6.5gで8色を展開。8本入りで900円+税。3月下旬の発売を予定している。

issei 


マサウオ・アップサイドダウンテール

水面直下でスロー引き可能!
10
 表層でのスローリトリーブに特化した「マサウオ」の兄弟モデルがデビュー。水面~直下の水を掻き回すことをねらい、シャッドテールが逆向きにセットされているのが特徴。オリジナルモデルよりボディーが太いため浮力が強くフローティング仕様。また背中にスリットがあり、ここに水が入るとスローシンキングになるアイデアが採用されている。キャスト前に水を入れたり、ジャークしたりすることでシンクレートを調節できる仕組みだ。44g、155mm。5色をラインナップ。2300円+税。4月上旬の発売を予定している。

issei 


フルレンジC67MH/SL[パワーベイトフィネス]

「沈み物×ヘビダン&ネコリグ」スペシャリティー
7
 沖の沈み物につくビッグフィッシュを7~12gのヘビダン、重めのネコリグで獲るためのモデル。琵琶湖北湖の漁礁などで欠かせない1本になりそうだ。繊細でありつつも、リグの操作感が損なわれない適度なハリをもつソリッドティップと、フッキング~ランディングを確実に決めるための強いバットを兼ね備えている。全長6ft7in、適合ルアーウエイトは3/16~3/4oz、適合ラインは6~16Lb。1万9000円+税。

エイテック

フルレンジS58MH[ピンスポットキャスト]

ショートレングス・パワーフィネス
8
 5ft8in、ミディアムヘビーパワー……とここまで聞くとベイトを想像するがなんとスピニング。ショートレングスのパワーフィネスロッドだ。短いことのメリットはかなり多い。カバーに潜り込んで振り幅の小さいキャストを決めたり、サイドキャストで奥の奥へ正確にルアーを送り込んだり、より丁寧にルアーを操作したりと、このサオでしかできない釣りがある。全長5ft8in、適合ルアーウエイトは1/16~1/2oz、適合ラインは5~12Lb。1万7000円+税。

エイテック


スカルピン2.6in(新サイズ)

ライトリグに合わせてボトムをコチョコチョ
01
 「バスが大好きなゴリをイミテートしたい」という福島健さんの思いから作られた「スカルピン」の小型モデルだ。オリジナルモデル同様、背中にシワ模様をつける加工を施こすことで艶を抑え、シルエットだけが浮かび上がる工夫がなされている。2.6inは小型ジグヘッドやスモラバにぴったりなサイズ感。ボトムでコチョコチョさせてみたい。12色をラインナップ。8本入りで800円+税。

エバーグリーンインターナショナル

E.G.メジャー

扱いやすく見やすい幅広サイズ
02
 折りたたみ式のメジャーが発売される。写真を撮影する際などに扱いやすく、離れてもサイズが確認しやすい幅広サイズ(6cm)。105cmまで計測できるのでワールドレコードのバスもウェルカム。カラビナ付きで携帯しやすい。折りたたみ時のサイズは90×115mm。3300円+税。

エバーグリーンインターナショナル


HPシャッドテール4.2in(新サイズ)

フィネススイムベイトとしても使えるシリーズ最大モデル
05
 「HPシャッドテール」に4.2inが登場。大き目のフックを合わせられるのでテキサスリグやヘビダンなどによるカバー攻略に使えるほか、ノーシンカーリグでも充分な飛距離が出せるのでフィネススイムベイトとしても活躍する。16色を展開。7本入りで770円+税。

O.S.P

ドライブクロー(新色)

エビにも小魚にも化けるダークスモーク
06KTダークスモーク/コッパー&グリーンフレーク
4、5in


 「ドライブクロー」(2、3、4、5in)に3色が仲間入り。とくに注目したいのは4と5inモデルに加わる「KTダークスモーク/コッパー&グリーンフレーク」だ。これはもともとスモラバ「04シンクロ」にラインナップされており、「とにかく釣れる」と評判を呼んでいたカラー。この色の考案者である高原清さんは「橋脚やテトラなどにいるエビは濃いスモーク色で、日陰から日向に出てきたエビはコパー色に輝きます。さらに小魚も太陽光に透かされると濃いスモークに見えます。クリアウォーターで湖を観察していて気付いたことです。川村光大郎さんはマッディーウォーターでも効きそうと言っていました」とコメント。いずれのサイズも770円+税。

06_3 ブラック
2、3、4、5in


06_2 パンプキンペッパー
2、3in


O.S.P


ST-36BC #3/0(新サイズ)

ビッグベイト対応の♯3/0登場!
12
 トレブルフックの名品「ST-36BC」に♯3/0が追加される。ビッグベイトやマグナムクランクに適したサイズだ。コーティングを最低限に抑えることで刺さりのよさを重視したブラッククローム(BC)仕様。5本入りで850円+税。

オーナーばり


ハートテイル(新色)

ノーシンカーでもバランスよく泳ぐシャッドテールタイプに5色追加
16 上から306N/000、364N /364、985N /985、986N /986、987N /987

 ソルトインマテリアルとノンソルトマテリアルを組み合わせることで、ノーシンカーでもバランスを崩さず泳ぐ「ハートテイル」に5色が追加される。「306N/000」はベイトフィッシュを意識したバスや、食わせのサイトフィッシングに有効なナチュラルカラー。「364N /364」は視認性に優れ、「985N /985」はアピール力のあるチャート系。「986N /986」はワカサギを、「987N /987」はテナガエビをそれぞれ模したカラーだ。5本入り。1060円+税。

ゲーリーインターナショナル

4inヤマセンコー、3inファットヤマセンコー(新色)

ド定番のマルチストレートワームに新色
17
 ノーシンカーでのフォーリングを生かした釣りから、テキサス、ネコリグなどさまざまなリグに対応する4inヤマセンコーと3inファットヤマセンコーにツートンカラー「990」が追加される。グリパンとチャートの組み合わせにオレンジのラメが混ざっており、アピール力が高い。また、ジグヘッドワッキーリグなどで使えばロールによる明滅効果も期待できる。それぞれ10本入り。3inファットヤマセンコーは850円+税、4inヤマセンコーは1100円+税。

ゲーリーインターナショナル


コンプレックスCI4+

自重も巻き感も「軽さ」を徹底追求
13
 バスフィッシング専用スピニングリール「コンプレックスCI4+」がリリースされる。軽量かつクイックレスポンスで巻き取り感の軽さに貢献する「NEWマグナムライトローター」を装備し、ハンドル素材として軽さと剛性を併せもつ「CI 4+」を採用している。そのため「C2500SF4」は180gと非常に軽量で、これはクイックレスポンスシリーズのフラッグシップである「バンキッシュ」に迫る数字だ(「バンキッシュC2500HGS」は175g)。ギア比5.0:1の「2500S」とギア比6.0:1の「2500S HG」モデルに、それぞれ浅溝の「F4」と深溝の「F6」の合計4タイプがラインナップ。3万5300円+税。

シマノ

バンタム・ジジル70


仕掛けられるI字系
14
 山木一人さんが手がけたI字系ルアーだ。ジョイントボディーになっているのは、ただ巻き時のI字アクションに追尾してきたバスに最後の一線を超えさせるため。ロッドワークを入れたりリトリーブを止めたりすることで首を振るアクションを演出しバイトのキッカケをバスに与えることができる。「ファイバーテール」とタングステンの重心移動システムを搭載。70mm、4gでフローティング。12色を展開。1800円+税。

シマノ

スティーズレーシングデザイン7011HRB

フルサイズジグをストレスなく操作
03a
 ブランクに超高弾性カーボン「SVFコンパイルXナノプラス」を使用し、シリーズ最高の感度を実現したのが「スティーズレーシングデザイン」だ。「7011HRB」は、1/2~1ozクラスのフルサイズジグ専用機。ハリのあるティップで重めのジグを「スパッ」と軽快に操作できる、王道ど真ん中のジグロッドだ。また、ローテーパー設計のブランクはロッド全体でルアーのウエイトを受け止めるため精度の高いキャストが可能だ。7ft1in、114g。適合ルアーウエイトは3/8~1-1/2oz、適合ラインは12~25Lb。9万4000円+税。

ダイワ

スティーズポッパー(新色)

甘い着水音にこだわったポッパーに追加5色
dsc_5137ジュエルビートル

 水平浮きで優しい着水音が出る「スティーズポッパー」に5色が追加される。バッタ模様の「グラスホッパー」と、タマムシやカナブンを連想させるメタリックグリーンの「ジュエルビートル」はバスが虫を意識しているときに有効。視認性に優れた「ボーン」はローライト時にオススメだ。ベイトフィッシュカラーの「スペシャルシャイナー」と「マットパープルシャッド」はフラッシングの強弱によって使い分けたい。60mm、7.6g。1700円+税。

dsc_5147 ボーン

dsc_5155 スペシャルシャイナー

dsc_5142 グラスホッパー

dsc_5151 マットパープルシャッド

ダイワ


DSTYLEバッカン

雨から貴重品を守る防水バッカン
15
 使い勝手のよい防水バッカン。フタの部分が本体を大きく覆っているので、雨が侵入しにくい構造になっている。ボートの上などに積んでおいて、電子機器や貴重品、洋服を入れておくのに最適だ。フタは一点止めのベルクロタイプなので開閉がスムーズにできる。横40×縦28×高さ30cm。ブルーとブラックの2色展開。1万3000円+税。

DSTYLE


トビキチ

ボトムを這うビッグベイト!?
11
 「トビキチ」のプラスチック製量産モデルが発売される。オリジナルモデルは蒲田卓生さんによるハンドメイドで完全受注生産。3年先までの予約が入っており入手が困難だった。支持を集める理由は「ボトムを這う」という独創のコンセプト。「トビキチ」は濡れたタオルが沈むようにスローにフォールし、着底するとリップで立ち水流を受けテールを頂点としゆらゆら揺れるのが特徴。まるでソフトベイトを操るようにボトムを探れるビッグベイトだ。2ozクラスで6色をラインナップ。7500円+税。予約注文商品で「冒険用品」から申し込み可能だ。

ボンバダアグア



 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。




2017/2/27

最新号 2017年11月号

 「秋は台風や朝夕の気温差などでバスの居場所が変わりやすい季節。だからバスを探せるルアー(=巻きモノ)が有効です」そう北大祐さんは話します。  今号では秋の巻きモノを大特集。木村建太さんはマグナムクランク、ブレット・ハイトはチャター系、市村直之さんはスピナーベイトなどを解説。なぜ巻きモノなのか、そしてなぜ全員がグラスロッドを使っていたのか。秋の釣果に直結するヒントが満載です。  JBTOP50では青木大介さんが今期2勝目を達成した桧原湖戦を詳細にレポート。連日リミットメイク率が90%以上となった初秋のスモールマウスレイクで、青木さんが頭ひとつ抜け出せた理由は何なのか。驚愕のテクニックが明らかになります。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING