サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 2016ウイナー北大祐
表彰式インタビュー

涙と感謝の初優勝

サイト・ビー=文
dsc_1179 この記事はBasser Allstar Classic 2016表彰式での北大祐選手へのインタビューを掲載しています。司会はBasser編集長の堀部政男

応援してくれた仲間、スポンサーへの感謝の気持ち


―― おめでとうございます。

北 ありがとうございます!

―― ウエイインショーのときにすでに涙ぐんでいらっしゃって、今もステージに上がってくる間に込み上げてきたものがあったように見えたのですけれど、まずはなぜここまで感極まるのかという背景などお聞かせいただけますか?

dsc_1203
北 そうですね、やっぱり、たくさんの仲間が応援してくれている、自分だけじゃないっていうのが一番きましたね。

―― 改めて紹介させていただくと、北選手は、つい1週間前の話になりますが、国内最高峰のトーナメントであるJB TOP50シリーズで2度目の年間タイトルを戴冠して、その翌週のこのタイトルマッチでさらに優勝されました。今年はサンラインさん、K.T.F.さんに加えて、レジットデザインというロッドメーカーさんがサポートについたわけですが、TOP50のなかでは北さんおひとりですよね。

北 ひとりです、はい!

―― ほとんどのメーカーさんが複数人のプロスタッフをTOP50に送り込んでいるなか、新進気鋭のロッドメーカーとして立ち上がったレジットデザインの代表としてたったひとり、日本全国から集まった60名近い精鋭のなかで戦って年間タイトルを獲得されました。そういったスポンサーさんや仲間への感謝もありますよね?

北 もちろん、もちろんあります。レジットデザイン社長の飯高さん、それから専務の鬼形さんという人がいるんですけど、すごい応援してくれて。今年からお世話になっているんですが、それ以前からも付き合いがあって、契約のときに「レジットデザインのサオでまずTOP50のワールドチャンピオンを獲るのが目標だ」って言われたんですよね。

dsc_0706
―― すごくハードルが高くないですか?

北 ただ、僕にとっては、なんとかして叶えてやるというモチベーションになったので、今は本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

―― オールスタークラシックの30回の記念大会で新しいチャンピオンを迎えることができてとても嬉しいです。会場で見届けていただいた皆さんへコメントをいただけますか?

北 皆さん本当に寒いなか、最後までいてくれてありがとうございます。このオールスターっていう場は僕も小っちゃいころからずっと見てきて……、本当に最高の舞台だと思います。これも、これまで築いてきてくれたBasserの方々、トーナメントアングラーの先輩方、それから亡くなった林さん……(※涙で言葉が続かない。会場からは拍手)、本当に、この賞に恥じぬ選手になるように、今後も頑張っていきますので……、今後ともBasser並びにオールスタークラシックをよろしくお願いします。本当に、最高の舞台をありがとうございました。

dsc_1232
―― ありがとうございました。弊社会長鈴木康友からも北選手にひと言お願いします。

鈴木 もらい泣きをしてしまいました。30年間やってきてまた新しいスターが生まれて大変嬉しいです、北さんありがとうございました。また来年も再来年も頑張ってください。よろしくお願いします。皆さん、拍手をお願いします。

(※北選手、深いお辞儀で応える)

―― では、北選手、シャンパンファイトの準備をお願いします。

北 どうしよう、やったことないっすよ!

dsc_1306シャンパンボトルを手に取った北選手は、慣れないながらも栓をあけ、最後はこの笑顔で大会を締めくくってくれました


 北大祐選手は初日はクランクベイト、2日目はスピナーベイトをメインに勝利をつかみました。詳細はBasser 2016年11月末発売号で余すところなくお伝えします。
 北選手の持ち味はBasserの連載『ヒッパレ! ダイスケ!』でも伝えてくれているように、ルアーでバスを引っ張って釣るスタイル。それを体現するようにJB TOP50最終戦や今回のオールスターではクランクベイトを駆使して結果を残しました。ちょうど現在発売されているBasser 2016年12月号では、北選手のクランクベイトの釣りを解説した記事を6ページにわたって掲載しています。トーナメントの場でも結果を残せる北選手のクランクベイトへの考え方をぜひチェックしてください。

引き抵抗マックスが基準
北大祐のクランキングスピード
201612_028-033_fin_002a 北大祐選手がクランキングのリトリーブスピードを解説。北選手の基準は読んで即試せる簡潔明解なもの。「引き抵抗マックス」というキーワードを掘り下げて出てきた理論と技術とは? 釣ったバスのハリの掛かり方を見て次々とルアーを詰めていく過程は必見です

表紙をタップ/クリックで試し読みができます hyo1


2016/11/5

おすすめ記事

最新号 2018年2月号

日本で独自の発展を遂げたルアー「シャッド」特集  今号は、SHAD(=ニシンダマシ)が生息していない日本で広く浸透した「シャッド」を特集。  通年シャッドを使いビッグバスを手にしている山木一人さんのシャッド論に始まり、福島健さんと木村建太さんがシャッドとクランクベイトの境界線を語る対談、折金一樹さんのフック考、五十嵐さんのPEライン戦略など、シャッドを多角的に掘り下げます。  また、編集部員がシャッドについて気になることを徹底検証。さまざまなシャッドを水槽で泳がしてアクションの質やピッチ数を計測したり、巻きスピードによる釣果の差を調査したりと、釣行に役立つヒントが満載です。  不定期連載「イヨケンのCar Top! Go Top!」では、伊豫部健さんが高山ダムにエレキオンリーのジョンボートスタイルで臨みます。  新連載「ぶっつけ初場所ATTACKER」では、並木敏成さんによる冬の三島湖チャレンジ「前編」をお届け。初めてのフィールドで何を考え、どのように釣りを組み立てていくのか。並木さんの理論的な考察は必見です。  そしてB.A.S.S.エリート史上、最年少でAOYを獲得したブランドン・パラニュークのロングインタビューや、オールドルーキーとして今シーズンに臨んだ「住所不定45歳」、ジェイミー・ハートマンの秘話を掲載。さらに来期B.A.S.S.エリートに参戦する深江真一さんの15年目の渡米(成田空港でのインタビュー)や、青木大介さんのアメリカへの思いなど、オフシーズンの注目ネタまで満載でお届けします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING