サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

ブラックバスについて知っておきたい基本的な事柄 :第1回

日本にいるバスの種類は? 何を食べて成長する?

Basser編集部=文

 今回は私たちがターゲットにしているブラックバスについての基礎知識を4回に分けて解説する。バスの食性や行動パターンなどを改めて紹介するので、ハイシーズンに向け、釣りをするうえで役立ててほしい。第1回は日本にいるバスの種類と食性についての概要です。

この記事は、1996年に発売されたBasser別冊『ゲーリーファミリーのバスフィッシング完全教書』に掲載されたものを再編集しています。
gary

「ブラックバス」という魚たち


 現在、私たちがルアーフィッシングの対象にしているブラックバスは、ラージマウスバスが主体だが、本来この「ブラックバス」という名は、アメリカでは、サンフィッシュ科の何種類かの魚の総称として使われる。つまり、ラージマウスバス、スモールマウスバスやスポッテッドバスなどをひとまとめにした呼び名なのである。

 ここでは日本に生息するブラックバスのうち、ラージマウスバスとスモールマウスバスをおもに取り上げて話を進めたいと思う。

ichi_haru_02琵琶湖でキャッチされたラージマウスバス。DVD『市村直之 琵琶湖ベイトフィッシュパターン春編』より


 厳密にいうと私たちが釣りの対象としているラージマウスバスは、そのほとんどがノーザンラージマウスバスという魚で、一部フロリダラージマウスバスというのが混じっている。

 ラージマウスバスは、大正時代に赤星鉄馬という実業家がアメリカから移入したが、それはノーザンラージマウスバスだったと言われている。

ラージマウスとスモールマウス


 ノーザンラージマウスバスは、北米五大湖周辺が原産地。緯度でいえば北海道あたりだから、ノーザン(北方)という名もうなづける。しかし、実際には20℃前後の温水で、もっとも調子が出る(生理的に良好な)魚とされており、日本においても低地の池沼で順調な生育を見せる。

 一方、スモールマウスバスは、ノーザンラージマウスバスに比べ、やや低温を好むと言われている。

dsc_3303標高654mの高原に位置する野尻湖はスモールマウスバスをねらえる人気フィールドのひとつ

 しかし、この色分けは絶対的なものではなく、ノーザンラージマウスバスにしても、日本の人気釣り場は高地の山間にあるものも多い。また、スモールマウスバスは流れに強いということも言われるが、ノーザンラージマウスバスも小魚を追って湖のインレットを遡っていく姿をよく見る。環境への適応力に優れた魚なので、この魚はこうだ、と決めてかかると釣りの場においてもいい結果は出ない。

 つまり、寒くて流れのあるところでもノーザンラージマウスバスは生活するし、その逆でもスモールマウスバスは適応する可能性があるということなのだ。

バスたちは何を食べているのか


 ブラックバスたちは肉食性だ。小魚やエビなどの甲殻類、昆虫など、水中、水面に生息する小動物を捕獲し、食べる。ときには、何らかの原因で水面に落ちた陸上の生物も捕食する。

 しかし、ほかの魚類がそうであるように、ブラックバスも、誕生から成長に伴って食性の変化を見せ、成魚になった時点で上記のようなエサを捕るようになることを忘れてはならない。卵から孵化した直後はヨークサックという、身体についた栄養袋から養分を取り成長する。やがて微細なプランクトンを捕食するようになる。これは、水温20℃でだいたい2週間くらいだという。

 そしてさらに成長すると、ボウフラや小型の甲殻類を追うようになる。他の小魚や稚魚などを捕食するようになるのはそのあとであり、成魚の食性に近づいてくる。このあたりになると共食いが起こることもあるという。次回へ続きます……

  
 
 Basser4月号では、三寒四温と言われる悩ましい早春を釣るヒントを数多く紹介。実釣記事では、川島勉さんと田辺哲男さんが亀山湖で、並木敏成さんが相模湖でいち早く春を捉え、それぞれテキサスリグ、ジャークベイト、パワーフィネスという異なるスタイルで50cmクラスを手にしています。

 

今をときめく15人のゲーリーファミリーが基本8リグの基礎から秘密をレクチャー!! 

 

Finesse Fishing with Gary Family



2017/3/20

最新号 2018年5月号

大森貴洋B.A.S.S.通算7勝目の舞台裏

 今号では、大森貴洋さんが見事優勝を果たしたB.A.S.S.エリートシリーズの開幕戦を巻頭で詳報しています。
 ビッグウエイトが期待できないフィールド、しかも水温ひと桁台という状況で、なぜ2位に7Lb(約3kg)もの大差をつけて優勝できたのか。
そしてバルサ製のクランクベイトを得意とする大森さんが、ABS製のクランクベイトを使った理由なんだったのでしょうか。
大森さんの精神面や戦略、「神様」リック・クランとの物語など、アメリカ在住ライターの雨貝健太郎さんによる胸が熱くなるレポートは必読です。
 そして特集はスピナーベイト。
ブレードとアーム、スカートの集合体であり、自然界の生物とは似ても似つかないこの不思議なルアーを掘り下げます。
 特集冒頭では、北大祐さんが自身の多用するスピナーベイトを大公開。「その数は無限大」という言葉の意味とは……。
 その他、川村光大郎さんの2kg級バス捕獲劇や、12尾の釣果を記録した津輕辰彦さんの細やかなスピナーベイトローテーション、
そして「スピナーベイトは死んでいない!」と断言する黒須和義さんの琵琶湖スピナーベイティングなど見どころ満載です。
 また、今号ではsiteBとの連動企画として、さまざまなスピナーベイトのスイム動画をすべて公開。
通常スピードとスロー再生による映像で、スイム姿勢やバイブレーションの強さ、ブレードの回転幅やピッチ数まで明らかにします。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING