サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/小野俊郎選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

大澤悠平=レポート、サイト・ビー=まとめ
ono_day2_1208a
◆小野俊郎選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1

スタート前
「プラの後半から暖かくなってきて魚の反応が変わってきた。寒いときはハードベイトでしか反応がなかったけど、徐々にワームでも釣れ始めてる。釣れればキロアップ。普通にアシとかで釣れるような状況になってしまっていると俺的にはイヤだな。カスミ水系では特に風が全体の活性を上げる。少なくとも僕がねらっているフィーディングの魚はそう。ファーストエリアは蔵川ワンドのハードボトム(白浜エリア)。その後のエリアはフィーリングで決めていきたい」

朝イチのマリーナ沖の水温は10.4℃。プリプラからは1.5℃程度上昇。


6:26
■北浦蔵川ワンド・白浜エリア
リレンジ110SP(ワカサギカラー)をトゥイッチ2回+ポーズ(1秒)のアクション、または1秒にハンドル1回転程度のただ巻き。両方の釣り方で探る。

「みんなカスミ方面に行って、こっちには来ないだろう」

岸にはオカッパリアングラーがたくさん。

6:31
DBユーマカスミの0.9gジグヘッドにチェンジ。
竿先は水面へやや下げた状態で、2秒にハンドル1回転程度のただ巻き。
水深は50cmくらい。

ono_day1_0632
「風吹かないと来ないなぁ」

6:41
ボラコンにチェンジ。

半信半疑でアワセの動作。
「岩に当てて止めたらグングンって。コイかもしれない。ここにはありとあらゆる魚がいるから」

ただ巻き。
竿を立て気味にして巻き始め、近づくにつれて徐々に竿先を下げていく。

6:48
リレンジ110SPに戻す。着水直後からトゥイッチ。潜らせてはいない。

6:52
DBユーマにチェンジ。
ただ巻きからリーリングによるストップ&ゴーにアクションを変更。


「移動しようかなぁ~。風吹かないと無理だな。シラウオに当たらないもんね。このワームにはシラウオが群れてじゃれついてくるんだけど、そのブルブルアタリがない」

7:00
リレンジに戻す。
トゥイッチ。またはただ巻き。

同エリアの少し沖側にボートポジションを移す。

7:05
ロープに引っかかったリレンジを回収。
のびたフックをペンチで直してからキャスト再開。
「風が吹くまでしんどいなぁ~」

7:08
移動。
北浦にあまりほかの選手がいなかったが? というプレスの問いかけに

「北浦の上のほうにはいないだろうね。おととい(プラ最終日)からバスがアシに差してきている。常陸利根とか人が多いんじゃない? ただ、アシをメインパターンにはしたくない。あくまでバックアップ」

「今日はっきりしたのは、ハードボトムのエリアにモーニングバイトはないってこと。風が吹くと状況は一変するけどね。アシも水温が上がって風が吹いたほうが差してくる」


7:26
■常陸利根川・富士屋ホテル対岸(千葉県側)
「思ったより人がいなかったのでちょっと寄り道します」

チャンクローのストッパー付きフリーリグでアシ撃ち。
フリーリグといってもストッパーでシンカーが動くスペースをなくしているのでリーダーレスダウンショットに近い。
アクションは着水→ラインをゆるめる→ラインを張ってシェイク→回収。
着水から回収までは5~10秒。
キャストの間隔は50cm刻み程度。
ボートポジションはアシから1m以内とかなり近い。

7:40
チャンクローのカラーをグリパンチャートからダークアンバーブルーフレークに変更。
アシにブッシュが絡むところはキャストが多め、誘いの時間も多めにとっている。

7:48
移動。「そんなに甘くないか」


7:53
■霞ヶ浦・牛掘エリア
ハードボトムのエリアでDビルシャッドMRとDBユーマジグヘッドをただ巻き。

「(魚探を見ながら)ベイト入ってるけどなぁ」

8:16
同エリアを岸沿いに移動。
アシをヤミィフィッシュのノーシンカーで撃つ。

ono_day1_0823
8:25
オカッパリアングラーがバスをキャッチするのを目撃。

8:28
ドックの壁沿いにDBユーマのジグヘッド。

ono_day1_0835

8:48
■麻生エリアの石積み
石積みのインサイドに先行者がいたため、外側の角を中心に探る。
DビルシャッドMRのクラウンカラーを2秒でハンドル1回転くらいのスローなただ巻きで使う。

ono_day1_0853
ボートポジションは石積みまで3mくらい。こまかく刻んで投げていく。

9:05
移動。
「次のエリアを5分くらいやって、ダメなら白浜に戻ります」


9:14
■美浦の浚渫
DビルシャッドMRのただ巻き。
石積みねらいより速めの巻きスピード。1秒でハンドル1回転くらい。

9:28
「ダメだ。なんだよ、無駄足だったじゃないかよ」

「この水系はエリアは大きく使うけど、釣りは丁寧にやらないとダメ。ルアーを1回通して1発で食うのではなく、何度も通してやると釣れる。でも難しいところが楽しい」


9:58
■北浦・蔵川ワンド・白浜エリア
朝イチのハードボトムをDBユーマのジグヘッドとDビルシャッドMRのローテーションで探る。

小野選手が入ったすぐ後に沢村選手が入ってきた。小野選手が岸側、沢村選手が沖側のポジションでしばしエリアをシェア。

10:20
沢村選手がお礼を告げてエリアを移動。

10:24
リレンジのトゥイッチにキャットフィッシュがスレ掛かり。
「バスだったらうれしいけど……」

10:30
ルアーを結び替えながら「さぁどうしよう」。

「魚が入ってくれば1発なんだけどな」

10:45
「鳥がいないよね、今日は。ダメだ、移動」


10:53
■鹿行大橋下流東岸
ドック外壁にDBユーマのジグヘッド。

11:04
鹿行大橋上流側に移動。
DBユーマのジグヘッド。

11:12
「きたきた、この風!」
南寄りの風が強まったタイミングで移動。


11:18
■蔵川ワンド・白浜エリア
三度白浜エリアのハードボトムへ。
先行者とバッティング。邪魔をしないよう距離を取って、沖側のバートポジションを取る。
ルアーはDBユーマのジグヘッド。
「風こっち来なかったなぁ、南なんだなぁ」

11:30
時報が鳴る。
「この音響が流れるときにノーフィッシュはツラいんだよ。ベイトがいない」


11:30
■鹿行大橋上流・東岸
ドックの外壁にDBユーマのジグヘッド。

11:44
エンジンアイドリングで小移動を試みるが、オカッパリの先行者がいたためもとのドックに戻る。

11:51
「マジかよ、釣れない!」
DビルシャッドMRにチェンジ。

「魚っ気がない。ベイトがいない」
移動。


12:02
■山源水産前の水門の沖
宇崎第2樋門周辺、オカッパリアングラーに声をかけてエリアに入る。
「ここで連発する予定なんで。いつもそういう予定なんだけど(笑)」
DBユーマのジグヘッドをただ巻き。

「条件的には風が当たる側。ベイトが寄るところ」


12:13
■矢幡ワンド入り口沖
DビルシャッドMR。


12:24
■潮来マリーナ周辺
マリーナ外壁にフリーリグを落としていく。

12:27
DBユーマのジグヘッドにチェンジ。

「シラウオどこ行ったんだろうなぁ。付いてねーなー」


12:45
■蔵川ワンド・白浜エリア
4度目の白浜エリアハードボトム。
北選手とバッティング。少し沖にポジションを取る。

12:56
北選手と談笑。
小野「ベイトいないね」
北「全然いないっすね。さっき一瞬カモメが寄ったんですけど、すぐ向こう行っちゃいました」
小野「あいつら正直だからね。練習のときにいたところにも全然いないよ」
北「散っちゃったんですかね? 全然引っかかってこない」

13:04
スイープにアワセの動作を入れたもののラインブレイク。
「今のは魚だよ」

13:09
どこからともなくカモメが集結し始める。
小野「あいつらが来るといい感じ」
北「もう少し(カモメが)騒がしくしてくれれば……」

13:11
「シラウオが掛かった」

13:13
DBユーマのジグヘッドでファーストフィッシュをキャッチ! 800gの申告→ウエイインしたら1205gだった。

ono_day1_1317_1
ono_day1_1317_2

「カモメが連れてきてくれたかな? 手が震える……」

13:23
水面に浮いているカモメの群れが少し沖にポジションを移したのを見て
小野「あ~、そっち行っちゃった」
北「サービスタイム終了ですね」
小野「今回沖なんだよな~」
北「風もよくてバンバン入ってきてもよさそうなんですけどね~」

13:27
DBユーマにシラウオがスレ掛かり。
「サービスタイム!」

ono_day1_1332
13:44
北「時間、間に合わんすね~」
小野「俺たちがいなくなってからよくなるぞ(笑)。シラウオだいぶ入ってきてるね」

13:50
リレンジを一投して移動。


13:55
■潮来マリーナ周辺
桟橋付近にリレンジを数投。
「さすがにもう無理か……」

13:59
帰着。

※DビルシャッドMRのタックルについて
ラインの太さの違う2タックルを場所によって使い分け。
10Lb……石積みなど
8Lb……浚渫など

※DBユーマのタックルについて
ジグヘッドのウエイトを0.6gのものと0.9gの2タックルを用意。エリアや風量に応じて使い分けていた。
バスをキャッチしたときは、風が吹いているタイミングだったため0.9gのジグヘッドだった。

結果
7位 1尾1205g

DAY2


スタート前
「本日の作戦は決めかねてる。自分のエリアはベイトがいないと機能しない。でもいつベイトが回ってくるか読み切れない。昨日はもう1本欲しかった」

「1日釣りができる幸せ。トーナメントで釣れないときはそう考える。冷静に考えて1日思いっきり釣りができるのって幸せなこと。釣ってもっと幸せになる!!」


6:20
■北浦・蔵川ワンド・白浜エリア
前日と同様、北選手とサイドバイサイドでエリアをシェアする。
オカッパリアングラーも多数。見える範囲だけで10人以上。

ono_day2_0631
「風がまったくない。モーニングバイトありそうなんだけどないんだよなぁ~」

DBユーマのジグヘッド。

根掛かり回収時にエレキのペラが底に当たる。
「どんだけ浅いの? 水減った? 相当減った?」
今日も北選手と談笑しながらの釣り。

6:35
北選手がエリアを離れる。

6:39
「シラウオのアタリがまったくない」
前日はシラウオのアタリの直後にバスと釣っている。

6:40
リレンジ110SPのワカサギ系カラーにチェンジ。
1秒にハンドル1回転のスピードでただ巻き。
ロングキャストして広く探る。

ソウルシャッド58SPも投入。

6:57
「どうしよっかなぁ~」
今後の展開について迷っているようす。

7:01
DBユーマのジグヘッドに戻す。

7:09
タカ切れしたと思われるエサ釣りの仕掛けが絡まったので仕掛けごと回収。かなりの長さ。

7:10
「シラウオがルアーについてきた!」

「微妙に風が吹いてきた」
鏡のようだった湖面にさざ波が出てきた。

「判断がムズいよね」

7:16
ソウルシャッド58SPにチェンジ。
1秒間にハンドル2回転程度のただ巻き。

7:23
移動。
「迷い中……」


7:27
■矢幡ワンド入り口沖

「ここもベイトがいなければ……」

「食った? 魚に当たっただけか? バスではなさそう」

ソウルシャッドにチェンジ。


7:36
■水原エリア
石積みの沖をただ巻き。
※石積みに投げているわけではない

7:40
ソウルシャッド58SP(POLゴーストワカサギ)でファーストフィッシュをキャッチ!
推定1㎏。

ono_day2_0743_2
「やったぜ! 昨日と比べたらロケットスタート(笑)。変なとこにかかってたからキャットかと思った。ベイトがシラウオなので、より波動の弱い物のほうがいいと考えて、Dビルシャッドからチェンジした。どちらかというと、霞ヶ浦のほうがパワー系が効き、北浦はDBユーマとかそういう微波動なものが効く気がする。感覚的な話だけど」

7:53
DBユーマにチェンジ。
南寄りの風が吹き始める。
「風来たじゃん!」

7:54
潮来マリーナ外壁へソウルシャッド。
遠くの工場地帯の煙突の煙がほぼ直角に流れている。

ono_day2_0805_2
8:05
石積みの沖に戻る。

8:10
ポジションを石積み側へ移して、石積みをねらう。

ほかの人が根掛かりさせたルアーやラインもきっちり回収していく。

ono_day2_0816
下流へ向けて石積みを流していく。


8:32
■蔵川ワンド・白浜エリア
朝イチのエリアに。
「鳥がいることを期待したけどいないねぇ」

「移動中なんでボートのスピードが出ないのかなぁって思ったらライブウエルだよね。昨日は午前中ずっと空っぽだったから(笑)」

ソウルシャッド58SPとDBユーマのジグヘッド。

8:48
南西の風が強まり始める。

北選手も同エリアに到着。朝イチ同様ふたりでエリアをシェア。

8:50
「カモメが現われないなぁ」

根掛かって回収したジグヘッドのハリ先を確認し、シャープナーで研ぐ。

9:05
「ヤツら(シラウオ)が来たかもしれない……。間違いなくヤツらだ(ニヤリ)」
シラウオのアタリを感じているようす。

DBユーマのジグヘッドを巻きながら
「水の中ではアラバマリグ状態になっているはず。しかも生きた魚のアラバマリグ」。

9:10
小野選手がシラウオのアタリを感じてからほどなくしてどこからともなくカモメが飛来。
「来たね、カモメが」
さらに北選手に外道がヒット。
チャンスタイムか!?

9:25
DBユーマのジグヘッド(0.9g)で2尾目、800gクラスをキャッチ!
「カモメが連れてきてくれたかな? このルアーすごい……。リミット揃えるぜ!」

ono_day2_0931
「このマッディーな水で透明なルアー食ってくるってすごいよね。やっぱりシラウオなんだろうな~。このルアーはいちばんシラウオが寄ってくるプルプル感、波動にしている。カラーをより透明に近づけるためノンソルトの素材にしてるんだ」

9:47
3尾目、推定1㎏をキャッチ。
「3つめ!!」
力強いガッツポーズが飛び出す。
隣の北選手に向けてもガッツポーズ。

ono_day2_0947_1
ono_day2_0947_4
9:49
DBユーマのジグヘッドにシラウオがスレ掛かり。
「サイズもまったく一緒(笑)」

10:00
シーバスがヒット。
「シーバス釣りに行って釣れたら嬉しいけどね(笑)」

10:06
「いちばん小さい800gを1200~1500に入れ替えれば目が出てくる。そうなったらビッグフィッシュだけをねらう別の展開も出てくる」
明らかに南西の風が強まってきた。

10:25
DBユーマのジグヘッドで4尾目、推定900gをキャッチ!
最小の800gを入れ替え。

ono_day2_1021
「贅沢な話だけどこのサイズじゃダメ!」

10:27
隣の北選手もバスをキャッチ。

10:30
北選手がナイスサイズを、小野選手がシーバスをキャッチ。
小野「俺のはシーバスだったよ(笑)」

カモメが騒がしく周りを飛び始める。時合か!?

10:50
「色を替えてみる。ステルスシラウオ。さっきまでは透明だったけど、これはパールが入った色」

11:00
風でステイが難しくなってきたためパワーポールを使用。

11:15
「あきた。この釣り」

スーパーイラプションにチェンジ。
「(1投してみて)うん、釣れそう」

11:27
DBユーマのジグヘッドに戻す。

11:30
「移動しないと1日が長いね(笑)」
風が強くヒザ立ちの状態でのキャストも増えてきた。

11:40
突風でボートが押されるので、定期的にボートを元の位置に戻しパワーポールを撃ちなおす。

11:54
リレンジ110SPにチェンジ。
1秒にハンドル1回転程度のただ巻き。

12:02
ソウルシャッド58SPにチェンジ。

12:03
5尾目、推定1㎏フィッシュをキャッチ!
これまぜずっとねらっていたスポットから少し沖のスポットにねらいを変えた直後のヒット。

「シャア~!! バッグリミット5本だったらよかったのに(笑)。うねりが出てバスのポジションが少し下がったのかもしれない」

ono_day2_1208a
※少し前に北選手もバスをキャッチしている。時合か!?

12:23
プラで釣った2㎏超えの魚を求めて強風の中キャストを続ける。
プラでは水温がまだ低かったのでジャークベイトで釣ったという。

12:32
風でデッキ上のスピニングタックルが飛ばされそうになる。
「こんなこと初めてかもしれない(笑)。ポイズンどんだけ軽いんだ(笑)」

12:37
「これ、パワーポールとかスポットロック機能がなかったら釣りにならないね。昔、河口湖でアンカー使って優勝したことあるけど、しゃがんで釣りしてたから周りで見てた人からあきらめたのかと思ったって言われた(笑)」
そのときの再現なるか!?

12:45
DBユーマのジグヘッドにチェンジ。

12:55
DBユーマのジグヘッドでシーバスをキャッチ。
「まだまだ可能性はあるぞ」

13:07
「さすがに何やってるかわからなくなってきた。魚が来たらゴンと来るけど(笑)」
そう言ってDBユーマのジグヘッドからソウルシャッドにチェンジ。

13:37
移動。


13:43
■潮来マリーナ周辺
ソウルシャッド58SPとリレンジ110SPをローテーション。

13:58
「よし、もう行こうか」
ストップフィッシング。

帰着後
「今日のトーナメントは80点。昨日は走り回って、今日は戦略を変えて結果を出せたのはよかった。ウエイトは3000gちょいちょいかな。優勝はないからプレッシャーはない。昨日もう1尾獲れていれば……」

結果
4位 2日目3尾3265g トータル4尾4470g





 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年7月号

【特集】インドアで上達する。

 バスフィッシングの楽しみは、フィールドで魚を釣るその瞬間だけではありません。釣行前の妄想も、自宅での準備も、すべてがバスフィッシングの一部といえます。
 今号は、そんなインドア・バスフィッシングを充実させるコンテンツを集めました。釣具の断捨離からルアーチューニングまで、今だからこそ試したい内容が満載です。
 第2特集では、直近のBasserオールスタークラシック&オカッパリオールスターで選手たちが見せた戦略や注目ルアーの使いこなし術を徹底深掘り! 明日の釣りですぐに実践し、釣果に繋げられる内容ばかりです。
 さらに「開発さんに学ぶルアーチューン」「地域のクランクベイト」と、クランク好きにはたまらない短期連載が同時にスタートするなど、ますますパワーアップした『Basser』から目が離せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING