サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/並木敏成選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

安田翔平、鶴田浩太郎=レポート、サイト・ビー=まとめ
namiki_day1_1057_3a
◆並木敏成選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1

スタート前
「初日は霞ヶ浦、2日目は利根川をメインにするプラン。プラでは霞ヶ浦で1500gクラスをキャッチできたのでそのときの自分のリズムで釣っていきたい。利根川のほうが釣りやすいけどポイントを多く持っているわけじゃないのでライバルに勝つのは難しい」

6:35
スタート。


6:46
■霞ヶ浦・境島エリア
杭のまわりをスピナーベイト、HPシャッドテール、ドライブビーバーのテキサスリグをローテーションしながらタイトに探る。
各ルアーは5投前後でチェンジ。

6:54
石積みに移動。巻き物(スピナーベイト、シャッド)で探る。


7:15
■古渡
やりたかったエリアに村川勇介選手。
岸沿いをドライブビーバーのテキサスリグで撃ちながら上流へ流していく。

同フリーリグにチェンジ。

水が濁っている。丁寧に撃つ。

7:27
上流へ小移動。


7:34
■小野川
上流方向へ小移動を繰り返しながら岸際を撃つ。

namiki_day1_0736
8:00
小野川・高田橋上流右岸。
水の色を見ながらワームのカラーをこまめにチェンジしていく。
斜め護岸の切れ目や変化のある所を探っていく。

「ここまで上がってきたから覚悟してやるしかない。プラで釣れたのは波や風の当たるエリアだった」

スピナーベイトにチェンジしてスローにボトムを引いたのち、1投でドライブビーバーのダウンショットリグにチェンジ。

このエリアはかなり丁寧に探っている。

8:32
対岸のバンクを撃つ。

8:40
小野川・圏央道付近。
シークレットノートを取り出してエリアの特徴を確認。
アシのシェードなど岸をタイトに撃つ。

8:53
下流へ移動。

往路で探ったエリアをもう一度チェックしながら下流へ。

9:16
沼里川との合流付近。
ドライブビーバーのフリーリグを岸にキャストし、リフトアップやズル引きで探る。

前々日(プラ最終日)から水位が7㎝落ちた。条件がかなり悪くなっているという。

条件が絡まないと魚が戻らない。

9:35
対岸に移動。
アシと護岸が絡むエリアをドライブビーバーのテキサスリグで撃つ。
「このエリアにいいバスはいるはずだけど条件が厳しい。本当は出たいけど時間がかかるので迷う」

水位の低下と風が当たっていないことが釣れない要素だと考えているようす。

9:57
晴れてきたのでワームのカラーをクリア系に。
岸際に入れて2~3回シェイクして回収。

10:03
移動。
一般アングラーにTポーズでファンサービス。

10:12
左岸側をフリーリグで探る。
岸ギリギリにキャストして1回あおって回収。

ほかの選手が流していたストレッチ。
難しいところにキャストして釣り残りをねらっていく。

早朝よりもさらにキャストの精度が高まってきた。リズムがよくなったように見える。

10:23
移動。
小野川から出るつもりのようだが、風が出てきたことで迷いが生じているようす。
「みんな釣れてるだろうなぁ」

10:25
下流側へ小移動。
アシと護岸が絡むスポット。
風が強くなってきた。

10:29
上流へ向かったり下流へ向かったり小移動を繰り返してよさそうなエリアを探っていく。

10:33
「流れを感じる」

岸際に何かがかぶさっているスポットは何回もルアーを入れてしつこく探っている。

10:41
ハードボトムをチェック。

10:48
新古渡橋周辺。
ドライブシャッドのテキサスリグを撃つ。

スピナーベイトのカラーをチェンジ。
岸から少し離れてキャスト。

スピナーベイトとドライブビーバーのテキサスリグをローテーション。
風が当たっている。
立ち木などが絡むところは丁寧に探っている。

namiki_day1_1054
10:58
新古渡橋上流の左岸で1尾目、1キロフィッシュをキャッチ!
ルアーはドライブビーバー3.5inの5gテキサスリグ。

namiki_day1_1057_1
namiki_day1_1057_3a
木の裏側の奥に入れてものにした。
「人がキャストしづらいスポットだから魚が残ってた」

似た条件のスポットを探っていく。

11:21
下流へ移動。

11:25
古渡橋周辺。
小野川最下流のエリア。
フリーリグからスタート。
右岸側の目に見える変化を撃っていく。

カバーが濃いところはテキサスリグを撃つ。

11:34
小野川を出る。


11:37
■古渡
ドライブシャッド3.5inのテキサスリグ。
ズル引きで護岸際を探る。


12:04
■霞ヶ浦・石田~柏崎エリア
ドックの外壁を撃つ。
ドライブシャッドとドライブビーバーのテキサスリグをローテーション。

12:23
別のドックへ小移動。
矢板の内側と外側をテキサスリグとスピナーベイトで探る。
広範囲をサーチしている。

12:31
柏崎の岬周辺。
ドライブビーバーを4inにサイズアップ。
沖に出ている木枠をねらう。

12:44
小移動してキンチャクのあるエリアでスピナーベイトとテキサスリグで探る。

12:55
バイト? フッキングするが手ごたえなし。


13:15
■境島エリア
朝イチのエリアを再度チェック。
スピナーベイトとドライブシャッドのテキサスリグ。
2列に並んだ杭の列を探る。

namiki_day1_1236

13:48
■北浦・水原エリア
帰着がてら石積みエリアをシャッドで流す。

namiki_day1_1351
14:00
帰着。

結果
9位 1尾1015g


DAY2


6:20
■北浦・水原エリア
石積みの手前から小型ミノーで探っていく。
ドゥルガのワカサギ系カラー。出発前に水質がきれいになっていることに気づきカラーのトーンを落とした。

石積みの長辺は3~4回のキャストでカバーし、石積みの間は1~2回のキャストでチェック。

前から早野剛史選手が来たので移動。

神宮橋下でガムを3~4個食べる。
少し焦っているように見える。


7:05
■常陸利根川・萩原閘門入り口
水門前をシャッドでチェック。

7:17
沖田護選手とともに閘門へ。
閘門内でタックル入れ替え、ノートを見て入るべきエリアを考える。


7:40
■利根川・東関道下流右岸
ドライブビーバーのテキサスリグで木の杭(縦スト)を撃っていく。

スピナーベイトとテキサスリグをローテーションしてアシ際を探る。


7:50
■水の郷さわら対岸
1投目、ブッシュに投げたタッガー3.3g+ドライブスティック3inに900gクラスがヒット!
「釣れたー!!」
笑顔で叫ぶ。

namiki_day2_firstfish_1
namiki_day2_firstfish_2

8:00
■水郷大橋上流
右岸の縦スト1本1本をスピナーベイト、ヘビダン、タッガーで探る。
HPシャッドテールのダウンショットリグも投入。

対岸へ移動。

消波ブロック帯をドライブクローのダウンショットリグでねらう。

タッガーでブッシュも撃つ。

上流へ移動。

ドライブシャッド、タッガーでブッシュ周りを探り、ドライブビーバーのダウンショットリグで縦ストをねらう。

風が吹き出す。

神崎大橋付近へ移動。
テキサスリグとタッガーでブッシュをねらう。


8:57
■圏央道下流右岸
縦ストやヘラ台をタッガー、ドライブビーバーダウンショットリグでねらう。

ラバージグのラバーをカット。
ブッシュを撃つ。ゆっくり引いてボトムまで探っているようす。
同じスポットに何回もキャストしている。

ダウンショットリグでも同じようにねらう。


9:14
■常総大橋上流
左岸の消波ブロック帯をドライブビーバーのテキサスリグで撃つ。
ひとつひとつ穴を丁寧にねらっている。

9:30
根木名川河口へ移動。
タッガーを流木につるして誘う。

パワーフィネスタックルのPEラインを黒く塗る。

長豊橋下流へ移動。

ドゥルガ、タッガー、ドライブシャッド、HPシャッドテールのダウンショットリグとローテーション。
速いテンポで撃っていく。

長豊橋上流側へ移動。

スピナーベイトでブッシュ周りを探り、タッガーを1投したのちテキサスリグでブッシュの中を撃つ。

長門川手前の流木のブッシュにラバージグ。

強い風が抜けていく。


10:00
■若草大橋上流
アシ、ブッシュをラバージグで撃つ。
「利根川来なきゃよかった。勝てるチャンスのあるやつにポイントを譲ってやりたい」

ハンツ+ドライブシャッドをリグる。
倒木を撃つ。


10:30
■長門川河口周辺
強風の中、下りながらの移動中、風裏を見つけて立ち寄る。
ドライブシャッドをセットしたラバージグを護岸沿いにズル引き。

11:00
長豊橋上流~下流の左岸。
マンメイドストラクチャー、鉄杭+流木、木の杭などをテキサスリグで撃ちまくる。


11:40
■水の郷さわら対岸
タッガーを撃つ。

東関道下流の③のスポットを探ったのち、萩原閘門へ。

12:00
閘門手前のアシ際をテキサスリグで撃つ。


12:40
■鰐川・掘割川河口対岸
ひどい荒れ方の外浪逆浦を通り抜けて鰐川へ。
テキサスリグでアシ撃ち。


13:00
■北浦・水原エリア
「ここは魚が濃いからね」
ドゥルガを巻く。
石積みの際に正確に投げていく。

オカッパリアングラーに声をかけて石積みのインサイドも探る。

テキサスリグにチェンジして枯れたベジテーションを撃つ。

ドゥルガとスピナーベイトをローテーション。

13:40
潮来マリーナ周辺へ移動。

マリーナ沖をハイカットDRで流していく。

ミスバイト。

「釣るぞ!」

13:41
「来たよ!!」
宣言通りミスバイトの次のキャストで1㎏フィッシュをキャッチ!

namiki_day2_1341-08京セラ「トルクG04」のAction Overlayモードにて撮影

さらにもう1尾とキャストを続けると……。
「来た来た来た! デカいぞ! こいつは獲る!」

しかし「シーバスかよー!!」

「コノヤロー!」と叫ぶ並木選手。

それでも続けてキャスト、キャスト、キャスト!

13:56
「来たよ! 来たよ! デカいよ! バスだよ!」
ファイトの末に手でつかんだのは1200~1300gのバス!

急いでライブウエルに入れて帰着へ。

結果
7位 2日目3尾2460g ※常陸利根川での制限速度(オールスターレギュレーション)超過によりマイナス1000gのペナルティー
トータル4尾3475g





 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  


2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年7月号

【特集】インドアで上達する。

 バスフィッシングの楽しみは、フィールドで魚を釣るその瞬間だけではありません。釣行前の妄想も、自宅での準備も、すべてがバスフィッシングの一部といえます。
 今号は、そんなインドア・バスフィッシングを充実させるコンテンツを集めました。釣具の断捨離からルアーチューニングまで、今だからこそ試したい内容が満載です。
 第2特集では、直近のBasserオールスタークラシック&オカッパリオールスターで選手たちが見せた戦略や注目ルアーの使いこなし術を徹底深掘り! 明日の釣りですぐに実践し、釣果に繋げられる内容ばかりです。
 さらに「開発さんに学ぶルアーチューン」「地域のクランクベイト」と、クランク好きにはたまらない短期連載が同時にスタートするなど、ますますパワーアップした『Basser』から目が離せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING