サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/小森嗣彦選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

酒井努=レポート、サイト・ビー=まとめ
komori_day1_1102_2a
◆小森嗣彦選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1


6:35
■北浦最上流・巴川河口周辺右岸
水深0.7m。水温14℃。
アシ際へモコリークローの4gテキサスリグ。際ギリギリにキャスト。
「2週間前にデカいのが釣れているんですよ。それから水深が上下したけど……」
メガバスのプロトタイプスピナーベイトも数投。
「水温12℃ですよ。いないのかな? いやー、ショックだわー。朝イチ計算してた魚なのに。思い通りにいかないのが試合なんですよね!」

komori_day1_0650
7:22
対岸もチェック。
「ここはシャローなので軽く流してから下りますね」
数投して再度最初のエリア(水門周辺)をチェック。

7:44
小移動。水深1.2m。水温14.6℃。
ダウンショットとスピナーベイトで杭と矢板をチェック。

7:57
リップラップのエリア。水深1.9~2m。
スピナーベイトやX-80Jr.でチェック。


7:59
■金上ワンド対岸の岬
ジャカゴとアシが絡むエリア。テキサスリグでチェック。
「プラでは釣れたんです」

8:16
対岸、金上ワンド上流の岬北側。水深1.8m。
「ブレイクに絡む杭だけ撃ちますね。プラで釣れたのは大事」
ダウンショットリグでチェック。ランガンして移動。


8:47
■沼尾エリア
水深1.5m。
ブレイクに絡む杭をダウンショットリグでねらう。
数投で移動。
「風吹いてきましたよー」


8:52
■潮来マリーナ外壁
スピナーベイトとダウンショットリグ。
「厳しいですね。これじゃ利根川には行けない。いまいる場所で釣っていかないと」


9:05
■神宮橋下流左岸
シャローのアシをテキサスリグでチェック。水深0.5m。水温14.2℃。
「3時間やってわかったこと。魚がいない(笑)。魚はまだ春じゃないのかな?」

komori_day1_0904

9:37
■鰐川・掘割川河口対岸付近
アシ際にタイトにテキサスリグを投入。
「この時期は同じアシで連続で釣れることもあるんです」

「風吹いたら巻きのゲームにしようと思っていて、いまはアシ。何かあるとしたらアシです。そろそろ釣れると思いますけどね」

9:41
テキサスリグでキロフィッシュをキャッチ。
「ほら、釣れるといった直後でしょ!」

komori_day1_0942
komori_day1_0943

9:55
■外浪逆浦下流、常陸利根川入り口付近右岸
テキサスリグ、スピナーベイトでアシをタイトにねらう。
水がよくベイトも多い。スピナーベイトにチェイスしてきた魚も見えた。


10:07
■小見川閘門周辺
水深0.4m程度のアシをテキサスリグでチェック。
「誰かが入っていると思うけど。ここは朝イチに入ろうと思っていた場所。ここのポテンシャルは高いと思う。1本欲しい」


10:55
■常陸利根川・東関道上流左岸
護岸沿いにセンコーのノーシンカーを投入。
水深1.5m。水温15℃。

11:00
2尾目、800gクラスをキャッチ!!
カットテール(シラウオカラー)の0.8gネコリグ。
ドリフト気味の中層スイミング。

komori_day1_1102_1
komori_day1_1102_2a
11:05
3尾目を連続キャッチ。
「よっしゃー! リミット! 風が吹かないならこの釣り。風が吹いたらテトラで巻きのゲーム。あ~、アドレナリン出て手が震える……」

komori_day1_1104_1
11:19
対岸へ移動。
テトラ帯をクランクベイトで流す。


11:39
■小見川閘門周辺
「風吹いてるから出るんじゃないかなー」
スピナーベイトでチェック。
「このエリアは明日にお預けかな?」

移動を考えているがこのエリアもなかなか捨てきれないようす。

11:55
バイト。しかし乗らず。
「見えなかなったけど大きかった気がする」


12:10
■北浦・神宮橋下流右岸
杭周りをダウンショットリグでチェック。
風が強くなる。
アシ周辺はスピナーベイトも投入。


12:24
■矢幡ワンド・雁通川河口
アシにスピナーベイト。水深0.5m、水温14.6℃。
風が少しブロックされている。
竹杭にもスピナーベイトやダウンショットリグ。
「数は少ないと思いますけど、杭に魚が残っていれば大きい個体だと思います」

やや濁りが入っている場所もあり。

「ここは魚っ気がないですね」

komori_day1_1240

13:12
■潮来マリーナ周辺
「スピナベ巻きます」
マリーナ外壁から石積みへ流していく。
風が強くなり、船体が大きく揺れることも。

13:40
スピナーベイトからX-80Jr.にチェンジした直後、4尾目、1200~1500gクラスをキャッチ! 
「やったー! 入れ替えだー!」

komori_day1_1342_2
釣ったのは水面直下。スピナーベイトでは「強いか?」と思ったそうです。

「今日はもういいでしょう(笑)」

13:55
ストップフィッシング。
「10~11時くらいまでノーフィッシュでも慌てないことがこの水系の戦い方です。とくに春は水温が上がったときがチャンスなのでなおさらです」

結果
2位 3尾3745g

DAY2

6:14
スタート。


6:30
■常陸利根川・小見川閘門周辺
スピナーベイト、テキサスリグでアシやコンクリート護岸を探る。
「朝はアップカレント。ベイトは下げになってからじゃないと入らないかも」

komori_day2_0635
アシをひと通り流すが反応なく「ベイトが湧いてる感じしないですね」。

前日と同様、テキサスリグはボトムに着底後スイミングさせている。
1キャストにかける時間は5秒程度。
「イナッコ、利根川に行っちゃったかな? ありえますよね。あれ? シラウオがいる!」
ネコリグを投入。

7:04
ネコリグにバイト! 「抜けたー! くそー。でも昨日よりバイトが早い(笑)」


7:33
■外浪逆浦下流・常陸利根川入り口右岸
アシにテキサスリグ。オカッパリアングラーが数人。
「ここは厳しいかな?」

数投で対岸の鉄杭に移動。ダウンショットリグ。
「シラウオを食ってるバスがたまることがあります」

数投で「いない」。
すぐ上流のドック外壁をネコリグでチェック。

「3投目くらいで出ればねらい通り」


7:51
■常陸利根川・東関道上流右岸
昨日連発したエリアでネコリグ。
「昨日と比べて流れがないかな」

河辺選手が先行して近くのエリアにいたが「河辺さんは昨日僕が釣ってるのを見てますから、ヒットした場所には入ってないと思います。あの人はそういう人。ほかの人ならわからないけど(笑)」。

「風が吹いたらできない場所をやりたいです。後で手数がなくなるのが嫌なので」

数投して移動を繰り返す。

komori_day2_0757

8:04
■常陸利根川・鹿島線下流左岸
護岸沿いをネコリグでチェック。ハードボトムの部分だけチェック。
「ここはあまり期待してません」

DEEP X-100も投入。
「巻きをする天気じゃないですけど、このエリアに相性いいルアーです」

ボートポジションで水深2.4m。クランクがボトムにタッチする場所がハードボトムの張り出しとのこと。3.11の震災でできた地形変化。
その他のいいスポットはワームで探っている。

「昨日の感じだとブレイクの釣りがいいと感じています。だけどこの風だとアシもやってみたいと思っちゃいますね。水温も大切だけど水位が魚を動かしていると思います。昨日も12時くらいにそんな動きでしたし」

ねらっているピンスポットはネコリグで丁寧に探る。
「いないですねぇ」


8:26
■常陸利根川・潮来大橋下流左岸
カニとナマズのオブジェがあるエリア。ネコリグでチェック。ボートポジションの水深は2.4m。

対岸のアシもテキサスリグでチェック。
「ここは流しながら考えます。風も吹き始めてるので」

komori_day2_0846

9:00
■常陸利根川・夜越川河口の下流左岸
ウッド系カバーやアシをテキサスリグでチェック。
「勝ちてぇ~」

風で波が立ち始めてスピナーベイトも投入。
「厳しくなってきたぁ」

9:11
「これ以上上がってエリアを広げないほうがいい」
少し下流の橋脚、ジャカゴをテキサスリグやネコリグで探る。

komori_day2_0906

9:23
■常陸利根川・東関道上流右岸
「少し丁寧に釣ります」
昨日同様ネコリグで探る。

9:37
付近のアシまで移動。


9:48
■外浪逆浦東岸。鰐川河口付近
ドック周辺のアシをネコリグでチェック。
「風がビュービューになってきましたよ。こうなると石積みしかないかもしれませんね」


9:54
■トンボ公園
「水が少しいいです」
杭をX-80Jr.でチェック。

10:02
バイトあり。
「バズだと思いたい」

スピナーベイトにチェンジ。
風・波が当たるエリア。出そうな雰囲気あり。

10:09
付近にある風裏のアシをテキサスリグでチェック。


10:28
■鰐川・掘割川河口対岸
「10分で撃てるアシなのでやりますね」
テキサスリグでチェック。


10:40
■北浦・潮来マリーナ周辺
潮来マリーナ外壁をスピナーベイト、X-80Jr.でチェック。

石積みエリアはX-80Jr.、スピナーベイト、ネコリグを投入。

11:30
釣れない時間が続きやや口数が減っている。

11:34
X-80Jr.で1尾目、800gクラスをキャッチ!
少し穏やかになったエリア。
「やったー! シラウオがいるんでもう1本出るかもしれませんよ。3本リミットの場合、1本目は練習、2本目は実力、3本目は運(笑)。あと1本実力で獲って運までたどり着きたい」

X-80Jr.のほかシラウオカラーのカットテールのジグヘッドリグやスピナーベイト、ネコリグ。杭にはダウンショットリグを投入。

12:49
小さなバイトあり。
「バスかも……」

石積みの内側も外側もチェック。オカッパリアングラーが多数。

2尾目が遠く「難しいなぁ」とつぶやくが雰囲気は充分ある。あと1時間!

12:56
バイトあり。乗らず。
「バスですね。仕方がない」

13:32
マリーナの外壁を撃ったネコリグにバイト。
フッキングしたもののバラシ。

「くそ~!!」
悔しさが表情でうかがえる。

その後も時間ぎりぎりまで粘るがそのまま終了時間を迎える。

最後のバラシが心残りのようで、キャッチできていれば「勝ち負け」に至っていたかもと話していました。

結果
3位 2日目1尾1060g トータル4尾4805g





 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2021年1月号

【特集】ワカサギとニッポンのバス釣り

今号では、日本のバスフィッシングを語るうえで欠かせないベイトフィッシュ、「ワカサギ」を特集しています。
その実態に迫るべく、各地で実釣取材を敢行。霞ヶ浦や琵琶湖などのビッグレイクから、亀山湖や津久井湖などの関東メジャーリザーバー、はてはワカサギフィールドとしては未知の池原貯水池まで、それぞれのフィールドのエキスパートによる個性的かつ有効なワカサギパターンが紹介されています。
さらに、ワカサギの増殖に関わる方や漁師への取材を通してその生態にも迫っており、より多角的にワカサギについての理解を深めることができる一冊になっています。
そのほか、大森貴洋さんや伊藤巧さんらが活躍するアメリカのトーナメントレポートや、「1尾釣ったら即、取材終了」のドキュメンタリー新企画「THE FIRST FISH」なども見逃せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING