サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/北大祐選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

会一太郎=レポート、サイト・ビー=まとめ
kita_day2_1030_2a
◆北大祐選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1


スタート前

「よろしくお願いします!」

最初の印象は、迷いが無く、準備万端といった感じだった。
デッキに並んだ「巻物」8本中7本が巻物だった。
グラスロッドもずらりと並んでいる。
ペイフォワードのkit、シャッドラップ、クランク、ミノー等。

印象的だったのがランチング前のインタビューだ。
「僕はルアーをルアーだと思って魚に口を使わせてます。だけど今回だけは、それができないかもしれない。辛いっす。でも、それでもらしさを見せられればと!」

kita_day1_0604
状況を聞いてみると「とにかく食いが浅い、条件がパーフェクトに揃わないとしっかり口を使わない。揃うかどうか……」
時間の問題ではなく、風と時合、とにかく風……とランチング前から言っていた。
ねらうスポットは岩盤の隆起ししたハードボトム。
途中から「尾根」と表現していた、さながら「逆浚渫」。

バッティングにも不安が……と漏らしていた。小野選手と被っているかもしれない。

小野選手はファーストフライト。
「頼む! 右に行ってくれ!! ……行かんよなぁ」
そのあとを7番フライトで追うも案の定バッティング。


6:28
■北浦・白浜エリア

「ちょっと様子見ます」とその尾根の周りの石積みや護岸をぽろぽろと巻いていく。
ここで最初のインタビューが頭をよぎる。確かに北選手のイメージとは少し違う出だしである。

kita_day1_0626
PEグラススピンを使った7センチクラスミノーのとろ引き。

そのリトリーブとロッドワークの繊細さたるや、すべての石のエッジや隙間を舐めるような、という表現では生ぬるいほどの丁寧な所作。まさに北流の「食わせ」である。

これを8時間続ける気かと、筆者は思った。書くには簡単だが、本当に気の遠くなるような丁寧さである。
しかも今の晴天無風鏡面湖面でこの丁寧さならまだ人間業な気がするが北選手はこれをババ荒れでやりたいという。もはや想像がつかない(が、最終的にそれを目の当たりにする)。


6:30
■新宮エリア


6:50
■宇崎エリア


7:28
■潮来マリーナ~水原エリア

3か所をチェックしたのち、石積みをなめていると、ようやくバイトが!
が、すぐにフックオフ。

「おるにはおるけど、助走距離が足りな過ぎる。これがしっかり食うにはやはり風」

北選手の今回のキーワードは「風」だったような気がする。
・風の当たった
・ベイトの寄った
・護岸
・ハードボトム
と教科書通りだがその破壊力はやはり高い。
しかし、三連休中日、護岸はオカッパリアングラーの行列である。

そんな中でも入れる場所が2か所あるという。
「その2か所で心中ですわ」

そのうちの1か所がすでにバッティング、もう1か所はロングラン。
悩みながら小場所を巻くもノーチェイス+ノーウィンド。
退くの待つか、探すか…。

「移動します!」


8:22
■爪木エリア


8:54
■霞ヶ浦・境島エリア

kita_day1_0849
風が吹いたタイミングで少しランガンし悩みながらも霞ヶ浦西岸へ。
護岸工事によりオカッパリアングラーが入れない数百メートルのストレッチ。
「ここから100メートル、もしくは最初の場所、そこなら心中できる、だけどこの鏡面のような静かで平和な湖面、ははっ、笑っちゃいますわ」

「のどかですねぇ、三連休の行楽日和!」

富士五湖なら逆富士確定のような鏡面の湖。
このあたりから乾いた笑いとメンタルの崩壊、建て直しがせめぎあっているようだった。

わずかに風が吹いても、安定しない強さと方向。
しかも風が巻いている、入るポイントにより風の方向が変わる、それが数百メートルの違いでも、だ。

「こんな事あるん? どうなってんの地球は!?」
規模が大きいツッコミだが、それほどまでに北選手を無風も微風も含め風が翻弄する。

「ん~、違うな、やっぱり戻ります」


10:08
■北浦・白浜エリア

北浦に戻り、ファーストポイントを様子見。
「まだいる、そりゃどかんよな……」
同時に風がやむ。


10:10
■宇崎エリア


10:29
■潮来マリーナ周辺

こんな事になるとは……とリーダーレスダウンショットリグを撃ち始める。
「こんな事やるつもりじゃなかったのに、いや、これも切り替えや」
割り切ったものの根掛かり等頻発で巻きに戻す。

一度浮気してしまったためだろうかテンポが乱れ根掛かりなどのトラブルの嵐。
「あーもう! テンポ悪! え!? ライン、なんでこんなに切れたライン浮いてんの……ああぁ、こっちにはゴミが……」
試合中なのにラインポリスとゴミ回収、徳を積む。しかしこれが一服替わりになったんだろうか
ふと、何の気なしにファーストポイントの様子見へ。


「え!?おらん!?マジ!?今や!!!」


11:10
■白浜エリア

ここがターニングポイント(例の尾根のスポット)。
小野選手がおそらく北へ移動、そこへ北にいた沢村選手がそれを見て南下。
その一瞬の合間に「たまたま」北選手が入れた。
そして吹く西南の風、浮足立つ鳥、まさに追い風だった。

そんな追い風を味方につけ……。

11:58
ついにファーストフィッシュ!

「ここからや! あと2時間半! いける!」

kita_day1_1139_2
kita_day1_1139_4
この尾根は、「風の当たる護岸」を沖に発生させるマジックスポットのようだ。

「この尾根に風が当たったら、たぶんバスは尾根を通り道に行ったり来たりしてるっすわ。そこにさらにタイミングをあわせていけば、一瞬でリミットメイクすらいける。ただ、鳥がフィーバーしてへんっすわ、浮足立ってはいるけど、うーん、爆発にはピースがたらん」

その10分後、小野選手が戻ってくる、ちなみにここから13時50分までバッチバチである。
ワンキャスト圏内ギリギリの攻防。

そしてその足らないピースで起きる小爆発レベルをうまくとらえ、途中小野選手が1尾をキャッチ。
北選手とほのぼの会話を繰り広げているが、筆者にはロッドで切りあう真剣勝負に見えた。

kita_day1_1249
たびたび起きる小爆発でオカッパリなどにもヒットが出はじめる。

本当に時合や流れを目の当たりにした。
バスだけではなく、確実に魚が「浮足立つ」瞬間がそこにはあった。

「流れがくると、ボラだのコイだの、生命感がハンパなくあふれる。その中にバスも絶対おる。やっぱ間違っとらんけど、時間がない、あと30分。無理や、あと2時間ないと爆発が起きん、くっそ!!」

13時50分。
「戻ります! アカンわ……1本、不甲斐ないっす。厳しいなりにもチャンスはあった。悔しい……」


13:56
■潮来マリーナ周辺
荒れた湖面を飛ばし、潮来マリーナ前に到着。

「桟橋やるか、いや、でもなぁ、いや、やるか!」
2種類のKitを見て、一瞬悩み、セレクト、キャスト。

「ほらぁ! キタっすわ!!!」

kita_day1_1356_1
kita_day1_1356_3
執念のセカンドフィッシュである、この時13時58分。
ぶち抜き、速やかにライブウエルへ。

「こっちのKitにしてよかった! やっぱりや! ほら!! しゃー!」

聞くと、用意していた2種類のKit(3/8ozと1/2oz)、内容は全く違うそうだ。

「片方は前のブレードのほうが重い。もう片方はその逆。それによって全然性格が変わってるんっす。3/8のほうはさながらシャッド、1/2のほうはクランク。この風ならパワーやろ、ってことで1/2にしたのが絶対正解やったはずですわ。ちなみにこっちが製品版。シャッド版はお蔵入りっす(笑)」

そんな事を聞くと、どっちも欲しくなってしまうのだが……。

そしてまだ諦めない。そこからの数キャスト。満足しない。まだできる。
ギリギリの1秒まで読み、タイムアップ。

「首の皮ギリギリ一枚つながったっすわ。でもだめ、あんな魚の釣り方じゃ。もっと判断や迷いを断ち切らなあかん」

とはいえ蓋を開けると近年稀に見るローウェイト戦により初日4位。
首の皮一枚どころか、むしろ明日の天気を考えると充分勝算はあるように思える。

フォワードウィンドは北選手をてっぺんに押し上げるだろうか。

初日結果
4位 2尾1835g


DAY2


スタート前
昨日より強い風の予報に「今日は荒れる、むしろ荒れてくれ」。

「トップとの差は2300g、流石に自力優勝はない。でも、自分にやれることをやるだけ。とはいえ朝は釣れんやろなぁ。予報では吹くけど、見てくださいよ相変わらずの鏡のような湖面。あはは」

乾いた笑いが出る。朝イチから微風が吹くはずが、すでに予報が外れている。
それでも風を待って耐える時間が多い事は予想しているようだ。

北選手はスピナベとクランクのイメージが強い中、なぜ今回は弱い巻き物なのか。

「水の硬さですかね。硬いとやはり強い巻きでは情報が多すぎる、ボヤけない、というか。もちろんシラウオライクというイメージもありますが、それ以上に水の硬さが大事です」

そういう意味ではキャロやミドストやジグヘッドではだめなのか。

「全然だめじゃないっす。アリだと思いますよ。ただそれでも魚を呼べる範囲の微妙な差というか。デカいバスって得てしてちょっと外にいるんすよ。そこまでアピールが届く、ギリギリのイメージですね」


6:20
■北浦・白浜エリア

前日と同じ白浜の尾根に入れた。
しかし水の質を見て愕然とする。
「うわ、なにこれ、水悪っ……」。
泡ぶく、というかトロみがかったひどい水が停滞している、もちろん無風。

ミノーで始めると、やはり小野選手がやってきた。

kita_day2_0621
小野「水悪いねー」
北「いやー、しんどいっすね」
小野「風も無いし、しばらくは耐えだね」

と、一言二言交わし、ワンキャスト圏内なレベルにお互い近づき、釣りを始める。
とはいえ、バッティングやシェアのように見えても尾根の中でも微妙にねらいが違うようだ。
そこをクリーンに、お互い不干渉で釣りあう姿はバディーのようにも筆者には見えた。
お互いの答え合わせの見せ合いのようだ。

こちらはやはりハードルアーの力を信じ、レンジやヒラを打たせる瞬間、ハードルアーにしかできないアプローチに見える。

しかし6時40分「あかん、この水はアカン、出ましょう」。

なんと白浜を後にする判断。スポットを空けていいのだろうか?

「いいんです、どのみち風や水がなんとかならんとここは無理。それに……たぶんこの状況ならここには小野さんと自分しか来ない。昨日からの流れがあるので、戻ってきたら入れてくれるはず。逆でもそうです」

真剣勝負の中に言葉を交わす事もせず、この2日間で築かれた信頼関係。
選手にしかわからないやり取りがあったような気がした。


6:45
■山田ワンド

そして入ったのは、山田ワンド。クランクやスピナベで流していく。

「プラでは全然だったっすよ、ここ。砂底はコイがハタいててバスがおらん。どっちにせよ風待ち、無風時間を耐えるための試行錯誤っすね」

北選手と山田ワンドといえば、どうしても期待してしまうが、やはり時期も状況も違うのは当たり前である。


7:30
■金上ワンド


kita_day2_0816
山田ワンドから徐々に北に上がっていき、ビッグベイトも織り交ぜながら上がっていく。
そのビックベイトが丁寧な事。
アシのエッジやピンのレイダウン、レイダウンの枝1本のここぞに絞ってアクションしているように見える。
シェイクより丁寧なトゥイッチ。
ビックベイトというと豪快な釣りに思えるが、その実は繊細である。
近年流行っている霞ヶ浦水系のビックベイトについても聞いてみた。

「繊細ですよ。ボラを意識したエサ的な意味ももちろんあると思いますが、それよりちゃんといい所に入れ込んで、そしてジラす。とにかくジラす、そういう使い方ですね。ただねー、カスミの魚、マジでグルメっすわ。何か少しピースが足らないだけで見向きもせん、ほんまにもー!」

そう耐えていると、ほんのわずかに風が吹いてきた。
風速は1メートルにも満たないが、待ちに待った風の始まりである。
このタイミングで白浜に戻る。


8:30
■白浜エリア
白浜についたタイミングとほぼ同時に小野選手も入ってくる。

小野「吹いてきたしね、そうだよね」
北「そうっすよね」

kita_day2_0850_2
9:25
そうこうしているとすぐ小野選手にヒット。
北選手はボラ(しかもルアーを食っている)とコイスレ。
しかし、朝の水の悪さは風により解消され、魚っ気も明らかに上がっている。
「次はバスでしょ!」

そう言いながらも、横で小野選手のリミットメイク、メンタルをかなり消耗する。
後で聞くと相当やられて悔しかったようである。

「カスミに移動するか迷う。でも動いちゃいけない気がする……。ん~~」
相当揺さぶられているようだ。

10:20
さらにダメ押しの小野選手の入れ替えを見せつけられる。

「違うな、他人がどうこうじゃない、自分との闘いっすわ」
このあたりから風が強く吹き始める。

10:27
そして待望のファーストフィッシュ。推定1㎏。
「自分が試されてる。メンタルと技術を試されてるんや。でもあってるはず! ここからっすよ!!」
たしかに先ほどまでの怪しいショートバイトのようなものから今回は完全なハーモニカ食いでヒットした。
風の強さが変わった直後である。

kita_day2_1030_1

そして1分後、1バラし。
「…いますよ」

さらに1分後、キッカーの1400gクラスを獲った!

kita_day2_1030_2a
ライブウエルに魚を入れて、振り返ると鳥山が立っている。
横では小野選手がシーバスヒット、完全に魚のお祭りが水中で起きている!

この15分での風や状況変化はすさまじく、2日間待ちに待った瞬間が来ているようだ。

「これを待ってたんすわ! ほんまにもー、遅すぎる! でも、これでイケる! このポイントで心中ですわ! 腹くくった!」

なお、このとき北選手は2種類のミノーを使い分けていた。

「潜行深度の違いっすね。中層を引いてくるか、底に当ててヒラを打たせるか。今回は後者のほうがよさそうっすわ。スタックをハングオフした瞬間。たぶん風が強くなればなるほどそっちになるはず。やってることはクランキングですよ」

クランキングと聞いて、妙に納得した。その証拠に明らかに北選手のオーラが漲っている。

「ほら小野選手もルアー替えた。さすがやわ。ワームじゃシンドイ風になってきてるのすぐわかるんや」

微風で先ほどまで連発していた小野選手はワームのジグヘッド。

11:00
さらに風が強くなる。
パワーポールを刺しても風で流され「ゴリ…ゴリゴリ…」とズレる音が足に伝わってくる。
「パワーポール削れるって(笑)」

エレキでのポジション変更が効かず、エンジンでポジション調整。
「吹けとはいったけど、いやぁ、本来なら釣りする風じゃないっすね(笑)。ん? すこし向き変わったな」
と言うや否や、ポジションを50メートルほど変える。
この50メートルはもはや別世界である。

11:20

そこで待望の3尾目。700gクラスをキャッチ。

「ほらぁ! やっぱり思ったことやらなあかん! ちょっと気になったんすよ。そしたらこれ! 小さいけどね、大事な1本! ちなみにこっちではプラでは0本です」

ついにリミットメイクである。1尾目からおよそ1時間弱、耐えに耐えた末の怒涛の連発劇。
縮めたバネが一気に伸びるかのような爆発!


「なんというか、そう、神風っすわ。ほんま神風、ありがとう!!!」

ついに追い風を神風に変えた快進撃が始まるかと思いきや、1時間ほど沈黙。
何かがズレたのか、鳥もさっきまでのブンブンから若干トーンダウンしている。不思議である。

kita_day2_1156
気になってライブウエルを見ると、1尾が弱っている。
「ちょっと看病します」

このトーンダウンとライブウエルチェックからの看病はむしろいいタイミングだった気がする。
デッドを出さずに魚をいたわるのもトーナメントでは大事な事。この雰囲気では釣りに集中してしまいそうなところを流石。

12:01
15分の看病を終え2投目、すぐにキロフィッシュをキャッチ(4尾目)!
待望の入れ替えである。
「弱ってるのと入れ替えます。泳いでいけるかな、お、元気になっとるやん!」
筆者には魚をいたわった結果の授かった1尾にしか見えなかった。

「本当はもっと動いてサイズアップとかしたいんですよ。でもこの風じゃ動くに動けない。危ないですしね。けど今回は仕方がない。ルアー、アプローチ、タイミング、全てがハマらないとやっぱり釣れない。だから自分にとってはこの風は神風ですわ!」

「看病のついでにハリも替えたんすよ。イチカワのハリ、グラススピン、ドンピシャのミノー、ノレばバレる要素は無いっすね!」

「優勝がちらついてきたのでは?」との質問には意外にも「いやー、それはない。そんな甘くない。ほかの人にも神風なはずっすよ。ハメてる人はいる。これじゃ全然優勝なんて考えられない」との答え。

13:20
そしてさらにダメ押しの5尾目! 入れ替えでは1040を1070に!

kita_day2_1318
「30グラムでも、大事大事! てか、これなら5本リミットでも勝てたやん。あ、いや、その場合は小野選手に負けるか。アカンわやっぱり(笑)」

だいぶ和やかなムード。肩の力は相当抜け、自然体のハードベイター北大祐がそこにはいた。

「いや、マージ神風!」

13:37
「うん、だいぶ早いけど、風裏でこれですからね、帰りましょう」

充分なマージンを取っての帰着。確かにこのスコアで帰着遅れはもったいなさすぎる。

帰着後、にこやかに、それでも少し悔しそうにこう言った北選手。
「いやいや、優勝はないっすよ。いいとこ2位、オチの役。あーあ、いい試合だったけどなぁ。あえて言うなら、あの場所で小野選手との一騎打ち、ソフトルアー対ハードルアーの対決に勝てたらうれしい、かな(笑)」

結果
1位 2日目3尾3855g トータル5尾5690g

 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年9月号

【特集】Buzzbait +1/シンプルローテーションでバズる

 今号の特集は、サマーシーズンの定番である「バズベイト」が主役。朝夕の高活性時にバスを効率よく釣っていけるこのルアーの使い方・使い分けなどを紹介する……だけでは終わりません! たしかにこの時期、先発投手として起用されることが多いバズベイトですが、いつもどこでもそれが効くとは限りません。天候や水色、水深、そしてバスの活性やプレッシャーのかかり方によって、的確なルアーローテーションが求められます。
 そこで特集テーマを「Buzzbait+1」として、バズベイトを主軸としつつも、状況に応じてどのように釣りを展開していけばいいのかをエキスパートたちが徹底解説。中継ぎやクローザーとして登場するルアーはポッパー、ノーシンカー、S字系、トレーラーワームなどさまざま。「バズベイト最高!」というだけではない、釣るための実戦的内容が盛り込まれた必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING