サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/河辺裕和選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

長田貴志=レポート、サイト・ビー=まとめ
kawabe_day1_0721a
◆河辺裕和選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1



6:52
■霞ヶ浦麻生エリア
ファーストスポット。
石積み周辺~立木のスポットを丁寧に探る。
前日からの濁りの影響でカバーにバスがついてるかも……。

kawabe_day1_0654
7:25
モコリークローのテキサスリグでライブスコープに映る魚をねらう。バスか? コイか?
ソウルシャッドにチェンジ。流していく。

kawabe_day1_0721
8:06
ソウルシャッドに何かが当たった?


8:30
■西浦・美浦エリア
減水で魚が消えたか?

8:55
シャッドにアタリ。スレ掛かりか?


9:15
■美浦エリア(東側へ小移動)
「そろそろ釣れてくれないかなぁ~」
ドッグ周辺をネコリグで丁寧に探っていく。


9:38
■美浦~大山の浚渫
シャッドで探る。

kawabe_day1_0942

10:08
■常陸利根川・潮来ホテル前~富士屋ホテル前
ネコリグ。

10:58
ライブスコープで魚を発見。シャッドでねらうが反応なし。


11:05
■常陸利根川・西之宮大神宮前
テキサスリグでカバー撃ち。


11:20
■東関道下流

kawabe_day1_1124
11:45
シャッドにバイト。ファイト中にフックアウト。
大きそうだがバス? 違う魚? 可能性があるので同じ釣りを続けていく。


12:10
■潮来ホテル前
バラシ。キャットフィッシュっぽい。

kawabe_day1_1217

12:20
対岸へ移動。
クランク、テキサスリグで探る。


13:00
■横利根川河口周辺


13:25
■阿や免旅館前


13:50
■潮来マリーナ周辺
kawabe_day1_1349

ストップフィッシング。

結果
16位 0尾0g



DAY2


「今日は釣るぞ~」


6:25
■常陸利根川入り口
1投目で「!!」。
「ボトムに当たっただけ(笑)」
感覚が研ぎ澄まされているようす。

kawabe_day2_0741
何度かアタリのような感触がある。
シャッドで探りながらネコリグをアシ側へ。
1~2mの護岸沿いをテンポよくひたすら流す。
シラウオのような小さな魚が見える。


7:55
上流へ小移動。
水門やアシをライトリグでねらう。
「風吹かないかなぁ」


8:18
上流へ小移動。
レンジを少し深くしてみる。
「キャットフィッシュが水面に現われて顔を見て帰っていった(笑)」

何も起こらない時間が続く。ひたすらキャスト。

9:00
「風が出てきたねぇ~」
風で使っていたタックルがライントラブル。
「落ち着いて直せる。まだ大丈夫!!」

kawabe_day2_0903

9:12
■潮来ホテル前


9:45
■潮来大橋付近

kawabe_day2_0948

10:00
強風に襲われる。
スピナーベイトに持ち替え、風の当たるアシの際を探る。
「大きいのがドカンと出ないかなぁ~。出そうなんだけど……」

kawabe_day2_1031

10:46
■夜越川
風が強すぎ、少しでも良い環境を探す。移動


10:59
■潮来大橋周辺・右岸
強風のためライトリグが使えない。
「何を使おうか……」スピナーベイト? クランク? 4inグラブジグヘッド!! ラバーを追加してスイミング。


11:25
フッキング!!
「違った(笑)」

12:10
ひと息入れて最後の作戦を立てる。


12:22
■常陸利根川・外浪逆浦下流


12:35
■息栖大橋下流側


13:06
■鹿島線下


13:15
■北浦・水原
石積みまわりをシャッドで探る。

kawabe_day2_1328
13:30
潮来マリーナ前の桟橋。ラストまであきらめずテキサスリグを撃つ。

結果
18位 2日目0尾0g トータル0尾0g








 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年11月号

【特集】Spinner Bait

 スピナーベイトを徹底的に深掘りした内容で、このルアーの奥深さと用途の多彩さを知ることができる一冊です。田辺哲男さん、奥村和正さん、清水盛三さんら、ロングセラーになっている国産スピナーベイトの設計者が多数登場します。
 名作スピナーベイトの誕生秘話やパーツごとの機能を解説するコンテンツに加えて、実釣記事も充実。筋金入りのスピナーベイターたちの理論と活用法を知ることで、「スピナーベイトは活性の高いバスを釣るサーチベイト」という、ステレオタイプ的イメージから脱却することができるでしょう。スピナーベイト縛りのトーナメント「the BLADE」の模様も詳報されています。
 B.A.S.S.エリートシリーズで快進撃を続ける伊藤巧さんの戦いぶりをはじめ、アメリカのツアー最前線を詳しく知ることができる専門誌は『Basser』だけ。今号では2戦連続の決勝進出を果たした伊藤巧さんの、シャンプレイン戦の舞台裏を詳しくレポート。また、B.A.S.S.オープンで優勝した“まっつん”こと松下雅幸さんの朗報も、本人による手記が、締め切りギリギリ滑り込みで掲載されています!
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING