サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/五十嵐誠選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

辻谷薫=レポート、サイト・ビー=まとめ
igarashi_day1_0845_1a
◆五十嵐誠選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1

スタート前
今日のプラン
「プラは10日間。かなり厳しい。2日くらい前から暖かくなってきているので魚は動いてくれているであろうということで頑張っていきたい。掘割川に行きたい。行けなかった小場所を回っていく」

6:27
17番フライトでスタート。
デッキ上には9タックル。


6:39
■掘割川
スタートフィッシング。
水温13.2℃。
イガラバ1/32oz+プロトワームで探る。

igarashi_day1_0648
6:55
テキサスリグにチェンジ。スモラバに戻す。

7:02
フローシャッドTypeⅠにチェンジ。
「先週から釣ってないのでどこで釣れるかわからない」

テキサスリグ、スモラバもローテーションしながら探る。

7:24
「プラで来た感じ、雰囲気が良かった。上のほうは水がきれいでバスが見えそうな感じ」
スモラバとテキサスリグで交互に探る。

igarashi_day1_0720
7:40
シャッドを数投してスモラバに戻す。

8:12
掘割川上流の支流に入る。
サイトでバスを見つけたもののキャストすると「逃げた」。

igarashi_day1_0820
8:23
ジョインテッドクロー。
両岸の護岸に互い違いにキャスト。
スモラバに戻す。

8:32
Uターン。
「帰りがけ、同じところにバスいないですかねぇ」

8:38
テキサスリグで1尾目、600gクラスをキャッチ。
「これでウエイインできる!」

igarashi_day1_0845_1a
igarashi_day1_0845_2
プロトタイプのクローワーム。シンカーは5g。
「スピードがないと食わないのかな? リグってある中でいちばん速く落ちるリグ。(サイトで見えた)さっきの魚と同じだと思う。さっきはスモラバをふわっと落としたらボーっと逃げて行ったので、今度は速く落としました」

8:48
支流を出て掘割川本流の上流方向へ向かう。

8:57
トンネルをくぐる。
トンネル周辺はスピナーベイトで、そこから上流はテキサスリグのみで探る。

9:10
Uターン。
「戻ります」
下流へ向けて、スピナーベイト(ハイピッチャー1/2oz)、テキサスリグ、シャッドをローテーションしながら流す。

9:27
再度支流をテキサスリグで探る。

9:37
支流を出る。
本流をやや速いスピードで進みながらテキサスリグを撃つ。

オカッパリアングラーが多い。前を通るたびに「前、通らせてもらっていいですか?」と声をかける。

10:17
掘割川を出る。
「移動します」


10:38
■霞ヶ浦・天王崎
石積みをスモラバでねらう。

10:42
スモラバでコイが釣れる。
「あれ? コンッてなったのに」
チャター系にチェンジ。

10:52
シャッドにチェンジしてキャストを続ける。

11:00
スモラバにチェンジ。

11:06
小移動。
石積み周りをシャッドで探る。

スピナーベイト、テキサスリグ、シャッドをローテーション。

11:24
シャッドにキャットフィッシュがヒット。
「魚を食べる魚がいるってことですね」

igarashi_day1_1131
11:40
キャストミスが増える。
「キャストの乱れは心の乱れ」


11:50
■麻生エリア
石積みでシャッドを巻く。

チャター系とシャッドをローテーション。


12:30
■天王崎
石積みをスモラバ、シャッドで探る。
風が強くなってきた。

12:39
スピナーベイトにチェンジ。

12:41
移動。バイトがなく「プラクティス通りだ」。


12:48
■常陸利根川南岸・横利根川入り口の下流
スピナーベイトをピッチングしてキンチャク周りを探る。

シャッドも試す。

12:55
対岸へ移動


12:55
■牛堀
スモラバとテキサスリグでチェック。

13:01
「移動します」

13:09
小移動して水門が2つ並んでいるエリアに。
テキサスリグとスピナーベイトでチェック。


13:19
■常陸利根川・鹿島線下流
アシをテキサスリグで撃つ。


13:41
■北浦・水原エリア
石積みをシャッドとチャター系で探る。

13:57
「帰ります」
ストップフィッシング。

結果
14位 1尾810g

DAY2


スタート前
「シリーズ戦じゃないので派手にまくれるよう頑張ります」

igarashi_day2_0525
6:13
3番スタート。


6:15
■潮来マリーナ横の壁
ネコリグでリリースフィッシュねらい。
「フライト順が早くないとできない釣り」

6:19
テキサスリグとスピナーベイトを試す。

6:31
マリーナ横の石積みでシャッドを巻く。フローシャッドTypeゼロ。

igarashi_day2_0641
6:35
「おっ!?」と言いサオが曲がるがフッキングはせず。フックに巨大なコイの鱗がついていた。

6:39
バイト? フッキングせず。
「なんだろうなぁ、あれ」

7:01
バイブレーションにチェンジ。
「バイブレーションに替えたのは、動きがタイトでレンジを自分で決められるから」

7:07
「風が吹いてきた。移動します」


7:21
■外浪逆浦・トンボ公園前
フローシャッドTypeゼロを巻く。

バイブレーションとスピナーベイトも投入。
「何が答えなのかわからない。わかっちゃえばやりきれるのに……」

7:30
シャッドに替える。ラインはPE0.85号にリーダー14Lb。


7:51
■常陸利根川・外浪逆浦への河口南岸
スピナーベイトとテキサスリグでチェック。


8:21
■常陸利根川・鹿島線下流南岸
テキサスリグでアシ撃ち。


9:04
■常陸利根川・南岸
テキサスリグでアシ撃ち。


9:20
■霞ヶ浦・麻生エリア
石積みをシャッドで探る。

9:23
スレ掛かりでコイをキャッチ。
「ドラグばっちり!」

9:45
AbemaTV現場レポーターの関和学さんのボートが来る。

9:48
シャッドでナマズをキャッチ。関和さんに「ペンチありますか?」。

igarashi_day2_0954
9:51
バイトがあったがバレてしまう。
「あれバスですかね? バレるのはバスってことでいいですか? ここ魚っけありますね」

9:57
バイトを得たもののバレてしまう。バスではないようす。バイトがあるのはほとんどが石積みの角。
「なんで角は魚多いんだろう?」

9:58
バイト。バレる。

10:07
「荒れてきた? だいぶ一気に荒れてきましたね。沖が波立ってる。だいぶやべー」

10:10
ボート回りも急に風が強くなる。
バイブレーションにチェンジ。

10:16
「移動。生きて帰りましょう」

10:23
パワーポールが壊れ湖上で停止。本部に連絡。

10:33
処置終了。出発。


10:38
■常陸利根川・横利根川入り口の下流。
ジグヘッドワッキーで探る。

バイブレーション、テキサスリグ、スピナーベイトをローテーション。


11:05
■牛堀
スモラバとジグヘッドワッキーで探る。


11:26
■常陸利根川・JRと東関道の間
テキサスリグとスピナーベイトで探る。


11:58
■常陸利根川河口・外浪逆浦入り口
スピナーベイトを巻く。

12:13
シャッドで石積みを探る。

ジグヘッドワッキー、スピナーベイト、テキサスリグも投入。


12:44
■掘割川
スモラバとジグヘッドワッキーで探る。

13:12
掘割川河口をチェック。


13:27
■北浦・水原
ジグヘッドワッキーで石積みを探る。
「衝撃の事実。掘割川より穏やか」

igarashi_day2_1359
13:34
チャター系にチェンジ。
「いまチャターを投げてるのは消去法です。シャッドでもワームでも釣れなかったから。スピナーベイトもいいですが上を見ている魚がいれば食ってくると考えてチャターを投げてます」

13:45
スモラバにチェンジ。

13:50
チャター系に戻す。

13:54
バイブレーション。

14:00
帰着。

結果
16位 2日目0尾0g トータル1尾810g

 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




 

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年12月号

【特集】
遠距離・ディープ×操作系ルアーのための細PE

 バスフィッシングにも多用されるようになってきた細いPEを特集しています。PEの「細くても強い」「伸びない」「比重が低い(浮く)」という特性を最大限釣果に繋げるために、どのような活用法や注意点があるのか。沈むPEやエステル系といった各素材のラインとの使い分けについても触れながら、早野剛史さん、赤松健さん、高梨洋平さん、松本幸雄さんらが詳細に教えてくれています。  第2特集は「2020-2021冬MONO語り」。今読みたい、モノにまつわるコンテンツが満載です。防寒対策から最前線のレンタルボートセッティング、オカッパリアングラーのBOX拝見、現場とお家でできる小技集など、すぐに役立つ記事が満載です。
 そのほか、伊藤巧さんが3戦連続決勝進出を果たしたバスマスターエリート・セントクレア戦の詳細や、同オープンを制した松下雅幸さんのサカマタヘビーウエイトパターン、10周年を迎えたH-1GPXの仕掛人・鈴木美津男さんのスペシャルインタビューなど秋の長夜にじっくり読みたい一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING