サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/早野剛史選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

小久保友昭=レポート、サイト・ビー=まとめ
hayano_day1_1025_2a
◆早野剛史選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1

6:27
スタート。


8:01
■小野川
hayano_day1_0749
チャンクロー5gテキサスリグ。
アシ、ブッシュ、カバーなど岸沿いを撃つ。

「水がきれいなのでルアーはクリア系です。水温はそんなに下がってないですね。僕がいちばん遅いファーストキャストかもですね」

8:41
ジャークベイトにチェンジ。並んでいる杭に通す。

9:03
DビルシャッドMRにチェンジ。
「巻きながら中流域前まで下ります」

9:23
エンジンで下流方向へ移動。
「いったん下に降りてあとでもう1回上流へ行きます」
上流のクォリティーフィッシュに期待しているようす。

9:30
ササのストレッチにテキサス。
「ここの水温は上流より高いですね」

上流方向へ移動しながらテキサスを撃つ。

10:05
もう一度下流方向へ。
スピナーベイト(イラプション1/2oz)でベンドのインサイドを探る。

10:10
スピナーベイトをカラーチェンジ。ゴールド系から白系へ。
「ちょっと色が強いから変えます」

hayano_day1_1011_2
10:27
ファーストフィッシュをキャッチ!
推定700g。
橋脚周りのこぼれ岩にヘビダン。

hayano_day1_1025_1
hayano_day1_1025_2a
hayano_day1_1025_4
10:35
上流へ移動。
「もう1回アタックして帰りましょう」

10:50
朝イチのストレッチへ。
チャンクロー5gテキサスリグ。
カラーをクリア系からブルー系にチェンジ。

「ドリームフィッシュを釣りたい」と笑顔。

hayano_day1_1123_1
11:28
期待していたタイミングでノーバイトだったため下流へ移動。
「明日はもう来ないほうがいいかもしれないなぁ」

12:04
圏央道の橋脚周りを周辺の乱れ杭をジャークベイトで探る。
「5分だけやります」


13:04
■常陸利根川
アシやブッシュが点在するストレッチをテキサスリグ、ワッキーリグ、ジャークベイトなどでチェックするがノーバイト。「バイトが遠いですねぇ」

hayano_day1_1123_2

13:25
■外浪逆浦西岸
アシが岬状になっているところをテキサス、スピナーベイトで探る。
「少し荒れてきましたね」


13:50
■潮来マリーナ前
シラウオがいるとみてシャッドを巻く。帰着2分前まで粘る。

14:00
帰着。

結果
15位 1尾730g

DAY2

6:12
1番フライトでスタート。


6:14
■北浦・水原の石積み
リレンジでいちばん南側の石積みからスタート。
「今日はファーストキャストがいちばん早いかもですね。荒れる前になんとか1本でも釣りたいですね」

hayano_day2_0618

7:00
■外浪逆浦・徳島
護岸沿いにジャークベイト。
「護岸とアシの境目、魚の差し口になりそうなところですね」


7:15
■樋門前のテトラ
穴撃ちでねらう。
「風が吹くとできなくなっちゃうところなので。魚がいれば割合食いますね」

hayano_day2_0724
7:30
すぐ沖の沈みものねらいにシフト。水深1.5mくらい。ネコリグで探る。


7:41
■常陸利根川
点在する杭やアシをねらいつつ、ネコリグをボトムでスイミングさせる。
「ここの地形は岬状になっていて魚の差し口ですね」

7:49
杭周りにジグヘッドワッキー。
「杭にゆっくり落として誘ってみます」

8:17
樋門まわり。スピナーベイトとジャークベイトをローテーション。

hayano_day2_0814
hayano_day2_0826

8:40
■外浪逆浦西岸
前日もねらった場所。
岬状のアシをジグヘッドワッキーで撃つ。
「モーニングバイトを逃しましたね」


8:50
■外浪逆浦東岸
樋管前の石積み。北浦へ移動の途中、急にハンドルを切って「1か所だけ石積みあるんで寄り道していきます」
スピナーベイト、ジャークベイト、シャッドで探る。


9:16
■北浦・山田ワンド対岸
石積みでスピナーベイトとシャッドをローテーション。
「ここは過去、連発することが多かったところです」


9:42
移動して同じような形状の石積みをねらう。
「いきなり風が来ましたね。とりあえずまだ風下やってみます」

hayano_day2_0953

10:11
■矢幡ワンド
石積みをねらっていると急に爆風になる。
「やっぱり予報どおりですね」


10:30
■水原エリア
朝イチとは違う石積みをジャークベイトでねらう。
「風上でもワンチャンあるかもしれない」


11:09
■神宮橋下流のドック
テキサスとジグヘッドワッキーで壁撃ち。

hayano_day2_1119
11:16
バイトあり。
「せっかくアタったのに乗らない!!」
コンクリートの壁から矢板に変わるところ。


11:39
■掘割川河口周辺
常陸利根川まで出るつもりで来たが、外浪逆浦が大荒れでさすがに引き返す。
「これ以上行ったら船のどこかが壊れるレベルですね」


11:59
■水原エリア
朝イチの石積みに戻る。
水原は風裏になっているため。
「もう水原で釣る方法を考えたほうがいいな」
ダウンショットとシャッドで探る。


12:29
■矢幡ワンド
北浦上流を目指したが思っていたよりも荒れていたため船を止めここで釣りをすることに。
「いったんここでやってみます」

hayano_day2_1223
石積みとリップラップをシャッド、ジャークベイト、スピナーベイトでねらう。


12:51
■蔵川ワンド
ワンドの奥にある風裏のドック。テキサス、ジグヘッドワッキー、ネコリグで壁撃ち。
「今日はなかなか魚の挙動がつかめないなぁ」


13:24
■水原
石積み沿いにシャッドを巻く。
「やっぱり戻ってくるしかなかったですね」

hayano_day2_1327
13:57
帰着3分前まで粘ってストップフィッシング。

結果
17位 2日目0尾0g トータル1尾730g



 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年7月号

【特集】インドアで上達する。

 バスフィッシングの楽しみは、フィールドで魚を釣るその瞬間だけではありません。釣行前の妄想も、自宅での準備も、すべてがバスフィッシングの一部といえます。
 今号は、そんなインドア・バスフィッシングを充実させるコンテンツを集めました。釣具の断捨離からルアーチューニングまで、今だからこそ試したい内容が満載です。
 第2特集では、直近のBasserオールスタークラシック&オカッパリオールスターで選手たちが見せた戦略や注目ルアーの使いこなし術を徹底深掘り! 明日の釣りですぐに実践し、釣果に繋げられる内容ばかりです。
 さらに「開発さんに学ぶルアーチューン」「地域のクランクベイト」と、クランク好きにはたまらない短期連載が同時にスタートするなど、ますますパワーアップした『Basser』から目が離せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING