サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/橋本卓哉選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

高橋史央、大場高士=レポート、サイト・ビー=まとめ
hashimoto_day2_0731a
◆橋本卓哉選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1

スタート前

かなりスピードを出すので気をつけて、との話あり。

「最初は外浪逆浦に行く。フライト順が遅いから、入りたいポイントに入れるか心配。プラには1週間入った。基本は釣れない印象。状況に合わせて春の釣りをする。冬の釣りは絶対しない。風が吹いてからが勝負だと思う」


6:55
■外浪逆浦・トンボ公園付近
トンボ公園の東側。
スピナベ(スティーズスピナーベイト)からスタート。アシ際を探る。風がないから難しい。

6:59
風が吹いてきた。鳥が絡んでほしい。

「普通なら終わったけど、このまま風が吹いてくれれば」

岸ギリギリをねらっている。リトリーブスピードはスローめ。

やっと風が吹いてきた。
「風が当たらないと、シラウオが地面で我慢してしまう。波が出れば、シラウオが岩にくっつけなくなる。鳥がようすを見にきて、水面をついばみ始めたら勝負。オレの釣りは絶対朝イチ勝負じゃない。風と鳥を見ながら、勝負する。カモメ、アオサギ、シロサギ、カイツブリが来ないとダメ。シラウオを食うような水鳥が大事。たぶん、みんなより攻めてると思う」

hashimoto_day1_0720
7:26
トンボ公園西側へ移動。
風が当たらない。だが、釣れる気配を感じて、引き続きタイトに探る。時折タイニークラッシュも使用。トゥイッチで操作する。

「気温が上がって風が吹いてくれば……」

ヒジが痛い。

「ベイトが入っていれば、シーバスでもなんでも釣れる。結局、ベイト次第。今、釣れるとしたらそれは事故みたいなもの」


7:39
■鰐川橋南詰
「ここの風は悪くない。春はただランガンしても意味がない。いいタイミングでポイントに入るのが大事。カイツブリがいるから今は悪くないと思う」

hashimoto_day1_0815
護岸際を探る。
使用ルアーはシャッド。ミディアムスピードでリトリーブ。距離15mくらい。橋周りを繰り返し撃っていく。

シロサギがやってきた。
「これはいい。ただ、まだ魚を食っているわけではない。エサをついばみ始めたらそこは丁寧にやる。本当にいいときは、カモメが頭上を旋回し始める」

足下に石がたくさん入っているところをねらう。

「この大会は勝たないと意味がない」

ここでルアーのカラーをチェンジ。
カイツブリがエリアに執着しているので、魚は絶対にいる。

ルアーをスピナーベイトにチェンジ。水門と橋が絡むエリアを探る。

8:00
「横の風はダメ。岸に吹く風じゃないと……。ここは今はオカッパリがいないからできるけど、たぶんこれから人が増えるから難しいと思う。自分はバンクフィッシャーマンだから、オカッパリと競合する部分がある」

8:12
鰐川河口付近へ移動。
再び外浪逆浦。スピナーベイトでアシ際を探る。
もうちょっと風が欲しい。
岬の先端を探る。すごく根掛かりが多い。

鳥が飛んでいる。
「まだエサを探している状態。オレの時間じゃない。この状況をしのげる場所もあるが、遠い……」

ヒジが痛い。ドライブビーバーのテキサスを試してすぐにタイニークラッシュにチェンジ。本人曰くダメ元。トゥイッチしながら誘う。

「(周りを見回して)鳥がいない」

沈船をねらう。風がないので一段下をねらう。本人曰く、閃きでやってるだけで、甘い考えとのこと。

ルアーをダウンショットにする。風を待っている繋ぎの釣り。プラで釣れたパターンではないが、可能性を感じた。どうせ食い気はないし……。

「(いいところにルアーが入ったが釣れず)ここに入って食わねぇなら、食わねぇな……」


8:33
■トンボ公園付近

朝イチのポイントに戻る。オカッパリアングラーの姿も。スピナーベイトをバンク際へいれてスロー目にリトリーブ。
「風はいい。岸への当たり方もいいし。捨て網だらけのポイントで、非常にひっかかりやすい。風が弱いので、かなり岸ベタベタにタイトに投げている。フィーディングに入った魚がいれば、そんなにタイトでなくていいんだけども」

アオサギが近くに入った。期待できる。鳥が風を見てここに入ったなら、今のところは正解の流れ。
フィーディングに入っている魚はサイズはともかくコンディションはいい。

「(良い魚を)見せてあげたいなぁ……。アイツ(鳥)はすごい。一番いい場所を知っている。トンビも来たけど、アイツはだめ。鳥がちゃんと回ってくれば3匹なんかちょろいよ」

だが、反応なし。その後も執拗にキャストを続ける。

「いやぁ、釣れねぇ……。1匹入ってくれれば、ずっとここにいられるのに……」

鳥がスタンバイをやめてしまった。まだ早かったか? 

「こういうときに1匹を絞り出しにいける場所があればいいけど……。釣れるときはシーバスでもナマズでも、フィッシュイーターは釣れる。ここ(ファーストポイント)にはカイツブリがあまり来ない。アオサギは風を見て自分が入る場所を決めている。エリアに執着のあるアオサギは動かない。一番欲しいのはカモメ。カイツブリは岸に向かって潜ってくれるといいが、沖に向かって潜ってしまうと難しい」

9:00
「9:00か……早えな……」

何もない護岸は釣りづらい。アシが絡めばいいが、そうでないと食わせどころがない。

「このストレッチがダメならダメだな……。ダメだ、カモメが眠ってやがる。ここからはテンポを上げる。アイツら(鳥)は食えるときに食うからね」

9:07
何かがアタッた。フォローでスピニングのジグヘッドに変更。2投くらいして、再度スピナベに戻す。

「風がなくても平気なエリアに行く。人気だから、時間潰しになっちゃうかもしれないけど……。一本でも取れていれば、一日中このストレッチにいるのに……」


9:18
■夜越川

風がないので、流れのあるポイントを探る。アシがなくなってしまって、オカッパリが増えたエリア。
オカッパリの方に、船を進めていいか丁寧に確認しながら、釣りを続ける。

「めっちゃ水温上がってる。人気のエリアなので、いろんな人が来てやってる」

スピナベを巻いている人は少ないかな? と橋本さん。

かなりのショートキャストでバンクのギリギリを探っている。
濁りがあるから、バンクに寄っても平気とのこと。

「スピナベだとゴミが絡んでしまうから、このポイントはあまりいい条件ではない。こういう場合はチャターだとゴミを回避しやすい。食い気があるときなら、ちょっと離れたところでも食ってくるから、そんなにベタベタに投げないでもいいんだけど……。ここで(アタリが)出れば、いい魚が釣れると思うんだけど……」

9:38
チャター系にチェンジ。釣り方はスピナベと同じく、バンク際をショートディスタンスで。チャター系はスピナベと違い、浮いている硬い枝は乗り越えられる。

9:42
怪しいアタリあり。
撃つ釣りをしてもそんなに釣れないし、時間がかかり過ぎてしまう。

風が吹いてきた。
「一本釣って、あそこに行きてえんだよな……」

アピールを減らそうとスピナベに再度変更。チャター系に比べて、同ウェイトでも軽く感じる。どちらも3/8oz。パーツの構造や、トレーラーの関係。同じレンジを引きたいから、ウエイトを合わせている。

よく釣れる場所は過ぎてしまった……。

流れもあるし、ボラがめちゃくちゃ多い。風を待たなくていいから釣りやすい。ボラが多いエリアを探すことが必要になることも。

一艇もすれ違わないため、「思ったよりボートの数が少ないなー」。

「釣ってあげなきゃな……。絶対にいるのにな……」

キャスト後にルアーが枝に絡んだあと、ラインチェック。結び変える。

「バスはやっぱり日陰が好きなんだね」
デカいバスはともかく、小さいのはシェードから出てこない。

スピナベからスモラバに替えるが、すぐにスピナベに戻す。悩んだ末にタイニークラッシュ。

「やる気のあるバスがいれば食うと思うんだけど……。1匹入ってくれねーかな……。ルアーを巻いていると、魚に当たっている感じはある。ボラかな……」

10:09
またアタった。

「こういうプアなところをやる人は少ないかな……秋はともかく」

かなり浅いレンジ(目視できるレベル)をスピナーベイトで巻いてくる。

再度ジグにチェンジ。ここで1尾、頑張って獲れれば……。

「こんな練習してないんだけどな……」
プランと変わってしまっている。

10:17
「マズいですよ、これは……」

いけるところまで行ったが、反応なし。
ただ、上流に行けばよいというものではない。引き返す。

ボラがはねた橋の向こうがワンチャンあるかも。巻物はひたすら我慢するしかない。戻りながら引き続きスピナベを投げる。

10:27
「ここから丁寧にやって魚を見に行きます」

10:29
青木大介選手が対面から登場。
そのタイミングで、橋の下でスピナベを投げているとバスがルアーを追ってきた。
丸々と太ったバス。フォローでジグヘッドを投入するが反応なし。

10:38
オカッパリアングラーが多くやりにくいようす。
往路はたまたま人が少なく見えたのかも。
大きなエリア変更は難しいので、鳥を見て動く。移動。途中、ベタ凪状態。

hashimoto_day1_1043

10:56
■外浪逆浦・南岸

岬のエリア。入った直後、風が強くなってきた。ただ、鳥はいない。

引き続きスピナベをスローに巻いてくる。ボラの子どもがたくさんいるのを発見、タイニークラッシュにチェンジ。

「いやー、でねぇなあ……」といってスピナベに戻す。

ベイトもいるし、風も吹いている。期待はあるが……。

「食うときは一撃だからね……」

11:08
執拗にひとつのスポットをねらい続ける。自分の魚はいないのか……? 良い風なんだが……。

「10時くらいに風吹いてくれよ。吹くのが遅い」

再度タイニークラッシュに変更。


11:12
■トンボ公園周辺
たぶん魚入ってる。

「やっといい風が吹いてきた。これを待ってたんだよ。これで釣れなかったら俺の考えは崩壊だね」

「俺が一番風のパターンを持っている。表現できないのが悔しい」

朝と比べて、風がかなり吹いて水面が荒れている。カモメやサギもいる。カモメがクルクル回り始めたら完璧。

横から波を受けると、だいぶ揺れるくらいの風。

近くで釣っているオカッパリの人はエキスパート。ちょうどいい場所にいいタイミングで投げている。

11:28
食った! かと思いきや根掛かり。
キンキンに張り詰めているから、怪しいものはアワせてしまう。

カモメが下を見ている。下りなければいけない。

「でも、俺がやれるのはこれしかない……。練習では釣れたのに!」

11:35
「悔しい! ここまで来ているのに……」
条件は揃っているのに反応がない。

11:37
上と同じ趣旨(条件は揃っているのに悔しい)という言葉を繰り返す。

引き続き、ウィンディーサイドに鳥が絡むエリアでスピナベ。丁寧に探る。

11:44
波がかなり強くなってくる。

11:47
「めちゃくちゃ悔しい! なぜ釣れない!」
何か足りない。ベイトが入ってない気がする。ベイトがいればカモメは食うはず。

正しい枠の中には入ってるんだけど、なにが足りないのか……。

hashimoto_day1_1153
「1匹釣れてくれたら、全然違うんだけど……」

11:57
オカッパリがいなくなったので、自由に流せる。この風が当たっているならやるしかない。

「こういう状況でしか釣れない魚がいるんだよ! ちくしょう! 荒れすぎなんじゃ!」

かなりの荒れ方になっている。

12:05
「悔しいな……くっそー」
改めてタンデムウィローのスピナベで探る。
「もう意地だよ! くやしいな……。ベイトいなくなっちゃった……」

12:12
「1匹! 1匹!」

カイツブリまでいなくなってしまった。

「12時半までやろう」

波が当たっている面が悪いのかな……。風が強すぎる。

12:16
移動。飛んでいるカモメを見て、「あれがエサを食えば……」
本当はこういう風で、デカいのが入ってるはずなんだけど……。
「だめだ、違う……」


12:25
■鰐川橋南詰
橋周りをシャッドで探る。
北浦のシラウオがいるエリアはとてもオカッパリの人が多い。
「いやー、全然食わない」


12:48
■潮来マリーナ周辺
マリーナ横へ移動。
スピニングのジグヘッドでシラウオパターンねらい。このエリアは練習では1尾しか釣れてない。岩の隙間で根掛かりが多そうなエリア。

13:11
シャッドに変更。
「動くこともできず、辛い」
水門は一級ポイントだが、シャッドを投げて簡単に釣れるほどには甘くない……。

13:13
ラストに移動することに。


13:18
■矢幡ワンド
「今日も明日も『らしい釣り』をしよう。オールスターは絶対魚を持って帰りたい」

ジグヘッドの釣りもシラウオパターンねらい。でも、シラウオがいなさすぎて……。

チャター系も試すが、すぐにスピナベに変更する。
ひと通り流したあと、Uターンして再度流す。

hashimoto_day1_1336
13:34
「悪くはない状況なんだが……」

13:37
ノーチャンス。
「練習は長い時間やるし、1日中やって1本なんてのもあったはず」

13:40
「これがラストチャンス。(風が)吹いていれば……。魚が浮かないんだよな……。おらん。あと2投」

13:42
自分の釣りはやりきっている。無観客だからできる部分もある。明日もやる。

13:48
「5投くらいだけする」といってキャストをする。しかし、実際にはもっと投げていた。
釣りをするのがキツいレベルで波が出ている。上下動がすごい。その後帰着。

hashimoto_day1_1350
結果
16位 0尾0g

DAY2


フライト前
プランを聞くと、朝イチで外浪逆浦トンボ公園⇒(もしかしたら)古渡⇒東浦。

「東浦は風が無いと釣れない。」
あまり緊張していないようす。


6:22
■外浪逆浦・トンボ公園周辺
トンボ公園エリア下流からエントリー。

べた凪。ルアーはSTEEZスピナーベイト 3/8oz。
「30分くらいざっと様子見ます。ずっと鳥を見てプラしてた。アオサギ・カイツブリ・カモメが三種の神器。
これが揃えば100%釣れる。昨日は、2種まで揃ってたときがあったんだけどねー」

「風の無いうちに東浦行こうかなー。このエリアのベイトはシラウオ。ワカサギは東浦とか」

6:42 
マルチジグ4g+ドライブビーバーにチェンジ。

カイツブリを発見。

「カイツブリは一番探すのが難しい鳥。まだ沖にいる。もっと岸に寄るといいんだけどなー」


7:11
■霞ヶ浦東浦東岸 
霞ヶ浦大橋すぐ上流のドック外壁。
ハイカットDRフローティング。

hashimoto_day2_0716
「東浦はワカサギが多い。フックにかかるぐらい。風が吹くまで冬の定番の釣り。風が吹いたら自分の釣り!」

7:22 
1尾目キャッチ! 推定:1,000g。
「いい食い方! 色合ってる!」

hashimoto_day2_0723
7:31 
2尾目キャッチ! 推定:1,000g。
「今日は捲るよ! 俺を誰だと思ってるんだ!!」

hashimoto_day2_0731a
7:46
北よりの風が吹いてくる。

「いい風が吹いてきた。ここで揃えられたらいいなー。まだまだ引き出しが残ってるから!」

AbemaTVの中継入る(関和さん)。

中継中にナマズヒット→バレる。

「でもこいつがいないとダメ」

8:17
「ここから超丁寧にやってくよ。しぼり出す。水深1.5mぐらい。ディープ。潜らせすぎるとゴロタに根がかる。でも当てないと食わない。絶妙な当て方がいい。ここが一番大切」

8:41
移動を迷いだす。
「風が吹いてきたら食わなくなった。さすがに見飽きたかなー。人は人。俺はワカサギパターンの魚を追う」

8:43
(ジャケットを脱ぎながら)「凄く神経質に引けてる。こういうときはチャンス! 釣れそう!」

風がやんできて「風がやんできて動けなく(移動できなく)なっちゃった」。

「陽も出てきた。バスは晴れると食う。なぜならサンフィッシュ科だから……って友達が言ってた(笑)」

8:57
タイニークラッシュ(長谷川ピンク)にチェンジ。

8:58 
移動。


9:00
■石田エリア
対岸のドック(石田ドック)外のテトラをねらう。
ハイカットDRフローティング。
「ここのバスはスレてる。食う場所が決まってる。」

hashimoto_day2_0919
9:11 
コイのスレ。

9:26
移動。


9:29
■霞ヶ浦東浦東岸
②に入り直す。
ハイカットDRフローティング。

1往復流し終わり2往復目に入るとき「これだけ丁寧にやってダメだったら諦めがつく! ってぐらい丁寧にやる」。

9:47 
予報にあった南西の風が吹き始める。

「いい気がする。釣れそう。でも、ここでこれをやりきっちゃったら後悔するから……ドシャロー行くよ! ランガンスタート!」


9:58
■八木第一ドック沖
ハイカットDRフローティング。
「オカッパリの人が多いから、バスが沖に出てるかも。ここは風が強くなっても風裏だから釣りができる。もったいないから移動しよう」

1、2投してすぐ移動。


10:00
■八木干拓対岸 
リップラップをSTEEZスピナーベイト 3/8ozで探る。
リップラップをさまざまな角度からしつこくトレース。

プレスコメント:ここから雰囲気が一変したように感じました。ギアが入ったというか、ゾーンに入ったというか。しゃべりかけるのを控えようと思いました。

10:06
タイニークラッシュ(長谷川ピンク)にチェンジ。
すぐにSTEEZスピナーベイト 3/8ozに戻す。

10:23 
少し上流のリップラップへ移動。
STEEZスピナーベイト 3/8ozとタイニークラッシュ(長谷川ピンク)をローテーションしながら探る。

「あと一本! あと一本!!」

10:45 
STEEZスピナーベイト 3/8ozで3尾目をキャッチ! 推定1,200gでリミットメイク!

hashimoto_day2_1042_1
hashimoto_day2_1042_3
雄叫び!&プレスとハイタッチ!

「やみくもにマイゲームを貫いてるんじゃなくて、パターンがわかってて貫いてることを証明したかった。この風が吹かないと釣れない。これが俺の釣り! ねらって穫った!」

すぐにもう1バイトあったが、乗せきれず。

「デカかった……。体の感度が上がりすぎて、バイトを敏感に感じとり過ぎてる。オールスターこわい」

スピナベのカラートーンを落としたり、シャッドにローテーションしたりしつつ、丁寧にさまざまな角度からトレース。

11:12 
⑤に少し触ってから移動。
風が強くなってきたので、余裕を持って戻る方向に。

hashimoto_day2_1111

霞ヶ浦大橋を越え、本湖に出ると爆風。波もかなり高く、ピッチも小さい。
プレスが経験したことないぐらい大荒れの状況。

途中、何度もライブウエルの魚をチェック。
1尾、かなり弱ってきたが、ケアをしながらなんとか常陸利根まで戻る。


12:18
■外浪逆浦南岸 
岬の先端をSTEEZスピナーベイト 3/8ozで探る。
移動で全身ずぶ濡れ&強風で「寒い!」を連発。
キャストもままならない状況。

「デカい魚はいる。そいつとの我慢比べ。でもちょっと負けてる……」

12:41 
下流のリップラップへ移動。上流から流す。
STEEZスピナーベイト 3/8oz。

「シラウオいる。釣れるかも」

ここでスピナベ用のロッドガイドが破損。

「でも大丈夫。あと2本あるもんねー」
(STEEZスピナーベイト 3/8ozだけで3セット リグってあった)

「戻ろう!」

13:16 
移動。


13:38
■北浦・水原エリア
リップラップでSTEEZスピナーベイト 3/8ozを巻く。

「皆、どれぐらい釣ってんだろうなー。シラウオいるなー」

一瞬だけ、スピニングタックル使用(ジグヘッド)するが、すぐにスピナベに戻す。

「帰着しよう!」

hashimoto_day2_1336
13:55 
帰着に向かう。

「よく頑張ったなー、俺の船。」

結果
5位 2日目3尾3895g トータル3尾3895g

 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年7月号

【特集】インドアで上達する。

 バスフィッシングの楽しみは、フィールドで魚を釣るその瞬間だけではありません。釣行前の妄想も、自宅での準備も、すべてがバスフィッシングの一部といえます。
 今号は、そんなインドア・バスフィッシングを充実させるコンテンツを集めました。釣具の断捨離からルアーチューニングまで、今だからこそ試したい内容が満載です。
 第2特集では、直近のBasserオールスタークラシック&オカッパリオールスターで選手たちが見せた戦略や注目ルアーの使いこなし術を徹底深掘り! 明日の釣りですぐに実践し、釣果に繋げられる内容ばかりです。
 さらに「開発さんに学ぶルアーチューン」「地域のクランクベイト」と、クランク好きにはたまらない短期連載が同時にスタートするなど、ますますパワーアップした『Basser』から目が離せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING