サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/江口俊介選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

照沼臨=レポート、サイト・ビー=まとめ
eguchi_day1_1111_1a
◆江口俊介選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1


スタート前
「プラでは1本しか見つけられていない。カスミに行く!」
潮来マリーナ前の水温は9.7℃。
「先週の冷え込みで下がった」


6:51
■霞ヶ浦・麻生エリア石積み(小高干拓北側)
「思ったより風が強いな」
レベルシャッドを10mくらいのショートピッチで石積みをなめるように引く。

eguchi_day1_0715
「アシは暖かくなってからのほうがいいかな。決めたエリアの中でどう当てていくか。風が吹きすぎかも。一枚裏かな?(2列の石積みのひとつインサイドかな、の意)」

7:30
魚の気配あり。
「魚体に当たった?」

ファットウィップのテキサスリグ(シュンテキ)にチェンジ。
石積みの浅いところから深いところへ跳ねさせながら落としていくイメージ。

7:32
石積みにこすれて傷が入ったラインを結び替え。

7:34
レベルシャッドでファーストフィッシュ! 1㎏クラスをキャッチ! 
「口が赤かった。起きたばかりかな? 目も赤かったからスポーンがらみの可能性あり。水が濁ってるからゆっくり巻くのがよさそう」

eguchi_day1_0735
eguchi_day1_0736
7:44
シュンテキでニゴイをキャッチ。

8:09
コイのウロコをゲット!

8:21
AbemaTV現場レポーターの関和さん登場!

8:27
「風が弱すぎる。ベタベタ……。もうひと流し行ってみる」

「あのニゴイがバスだったらテキサスリグ撃つんだけど。スクールしてるっぽいから。手数が大事。バスの口元に通せるかがカギ。巻けないところはワームでフォローも大切だけど」

コイのウロコをゲット!

8:56
「朝イチはサーチの釣り。小高干拓北側の石積みエリアは南側に比べて浅くて有望なスポットが少ない分、サーチが速くて釣れたときの理由が絞り込みやすい。陽が昇った日中は魚がどう動くのか」

視野が広く丁寧なプランニングが印象的。

9:35
2尾目をキャッチ!
石積みの角にレベルシャッド(ジュエルワカサギ)を通してバイト。
最後の走りに備えてドラグを緩めるなどファイト中の技術も高い。

eguchi_day1_0939
eguchi_day1_0940
9:58
レベルシャッドのカラーをチェンジ。
ジュエルワカサギからスケベワカサギへ。陽が昇るにつれて色を弱めにしている。朝イチはネオンワカサギだった。

eguchi_day2_0909
10:09
小高干拓の南側に移動。
バトルホッグの5gテキサスリグで石積みにからむちょっとしたカバーを撃つ。

「石積みの内側は影がリップラップのブレイクに差し掛かったときや、秋など水温が落ちたときのほうがいいんだけど」

「ストレッチの中で釣れたスポットに張り付くのもありです」

10:34
「決めた! これをやりきる!!」

いまキャッチしているバスは短時間での連発ではなく時間をおいての2尾でしかもグッドコンディション。魚が回ってくるか来ないかだけの問題。

10:42
小高干拓北側に移動。
エグ玉Type-LEVELをフリップ。
当初は7Lbラインを巻いたスピニングタックルだったがベイトフィネスに変更。

11:01
バラシ。バスではないかも。

11:10
エグ玉Type-LEVELで3尾目、900gクラスをキャッチ! リミットメイク。
石積みから生えている木の枝に吊るして誘った。

eguchi_day1_1110
eguchi_day1_1111_2
トレーラーはバトルホッグ2.6in。エグバグよりも水押しが強いものをセレクト。ただしエビが見えたためカラーはうすめのものをセレクトしていた。はっきりした色で気づかせるよりも、シルエットをぼかして興味を持たせるという意図。

「スモラバで釣れた魚はシャッドの魚とは別。違うタイプの魚をねらうことは明日につながる! ファットウィップのノーシンカーをシェードに入れてみよう!」

11:40
小高干拓南側に移動。
いろいろなものが落ちている通称ゴチャゴチャエリアで、電柱の杭から出ているロープにスモラバを吊るして誘う。

「ここの魚は野池っぽい。いるから食うってわけじゃない。時合なのか、回遊しているのか……。でもカスミじゃないとサイズは出ない!」


12:57
■常陸利根川・潮来大橋下流右岸
バトルホッグの5gテキサスリグで旧郵便局前のアシを撃つ。

「シャッドの2匹は丁寧に当てに行った感じ。アシ撃ちは釣れる気がしない(笑)」

そう言いつつもアシ壁はテキサスリグ、枯れたアシなど吊るせる何かがある所ではスモラバと明確に使い分けて探る。

eguchi_day1_1149

13:30
■北浦・水原エリア
石積みを探る。

13:40
キャットフィッシュをキャッチ。

初日結果
1位 3尾4100g

DAY2


スタート前
マリーナ前の水温は11.8℃。
「魚の目の前に入れ込んで当てていく、手数勝負」

風の予報が気になる所だが工場の煙突の煙はすでに真横を向いている。気象学上この高度は「地表」。この風が下りてくれば予報的中。


6:40
■霞ヶ浦・麻生エリア
小高干拓北側の石積み。
朝イチはベタ凪。
レベルシャッドのジュエルワカサギからスタート。

eguchi_day2_0657
ロッドのガイドにラインが通っていないのに気づき、通しなおす。

6:50
「何かに当たった! バスではないだろう」

ベタ凪だからなのか、昨日よりキャストの距離が長め。

「こんなベタベタでシャッドで釣れる気がしない。本当に風吹くのか?」

魚っけはないが昨日と少し違う。コイ(?)が跳ねている。

石積みに沿って巻くときのリーリングスピードは1秒にハンドル1回転くらい。
石積みからダウンヒルで引くときは石を越えたあたりでポーズを入れる。

石積みの角周辺にかけるキャスト数は昨日より確実に多い。取りこぼしをなるべくなくそうとしているようす。

eguchi_day2_0659_1
eguchi_day2_0659_2
7:13
ファットウィップのシュンテキとレベルシャッドをローテーション。

シャッドはルアー交換のたびに必ずトゥルーチューン。

7:31
「このエリアで心中する! エリアを変えたら出会えなくなる」

7:35
コイのウロコをゲット!

7:36
「なんだいまの!? 手前に走ってきた! バスじゃないと思うけど……シャッドはたまに変な動きをする」

ルアーをバスの口元に持って行って食わせるリアクションの釣り。シャッドがいちばん手っ取り早い。

eguchi_day2_0744
7:53
魚に当たった。

風が吹き始め石に波が当たってチャプチャプ音がし始めた。

季節を問わず、霞ヶ浦の石積みはタイミング。ひと流しで終えてはダメ。

8:24
「……バスじゃない。いまのはバスじゃないな……。あんな引きじゃない」

「簡単に出ないことはわかっているけど、ベイトっ気がないわけじゃないから見切るほどではない」

8:36
「ん? これはなんだ? バスじゃない」
フックオフ。

「条件整ってきたしこっからじゃないかな。結果だけ見れば昨日はいいけどやってる釣りはしんどい」

「沖の生命感が強い。風がなくて沖に出ていたのが風が吹いて岸に寄ってきてくれないか」(典型的なパターン)

9:07
45cmくらいのコイに背掛かり。
直後に関和さん登場。

シュンテキにローテーション。
太陽が出てきて石積みにできたシェードをねらうため。

9:21
コイ? キャット? のバイトをフックオフ。
「やつらに混じってバスもいるんで」

9:27
ここにきて思い付きの釣りを試す。
バトルホッグのヘビダンで石積みの裏でジャカゴが露出している場所をねらう。

水面のあぶくが消えない。
水悪くなったのか? でも魚そのものはいるから問題なしなのか?

9:45
小高干拓南側のドック付近へ移動。

9:51
シュンテキで岸際の石積みをねらう。
「フィーディングじゃないならスポーン寄りの場所をやってみる」

風の強さが避難レベルに強くなってきた。


10:51
■常陸利根川・潮来港対岸
アシをバトルホッグのテキサスリグで撃つ。
風裏なのにエレキパワーが「5」。

潮来大橋よりのアシはブレイクは近く魚が差してくる可能性が高い。

eguchi_day2_1044
JR鹿島線寄りのシャローは魚が回ってくるのを期待して何度も流すのはアリだが……。

「これは避難フィッシングだ」

スモラバにチェンジ。
アシの凹凸の風裏側をメインでねらい、ラインを何かにひっかけて中層シェイクで誘っている。
基本はアシ際ギリギリにキャスト。アシの密度が低いところは中にもキャストしている。

11:28
テキサスリグにチェンジ。
いままではキャスト→シェイク→回収の流れだったが、
キャスト→シェイク→1mくらいズル引き→回収に変更。

アシに入る前の魚もサーチしている。

11:35
「移動すべき場所が思いつかない」

11:40
Thinking & Break Time!
「どうしよう! 釣りする場所がない」

11:47
「ググっと重くなったけどなんだ!?」

ワームのカラーをチェンジ。ダークシナモンブルーフレーク系からスカッパノン系へ。

12:16
フックオフ。ルアーが丸まって帰ってきた。
本人は「なんだろう」と言っているがバスだろう。
何度も流しなおしてやっと来たバイト、ねらい通りに我慢の展開からバイトを得たが痛恨のフックオフ。
この1尾が獲れていっれば優勝は目前だったはず……。

12:20
バイトあり?

12:48
バトルホッグ3.3inの5gテキサスリグで1200gをキャッチ!
アシの付け根からのズル引きの最中にラインが走った。

eguchi_day2_1251_1
eguchi_day2_1251_2
「手震えちゃうでしょ!」


13:38
■北浦・水原エリア
「あと15分はできる」

14:00
帰着。

結果

2位 2日目1尾1325g トータル4尾5425g
 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  

2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年9月号

【特集】Buzzbait +1/シンプルローテーションでバズる

 今号の特集は、サマーシーズンの定番である「バズベイト」が主役。朝夕の高活性時にバスを効率よく釣っていけるこのルアーの使い方・使い分けなどを紹介する……だけでは終わりません! たしかにこの時期、先発投手として起用されることが多いバズベイトですが、いつもどこでもそれが効くとは限りません。天候や水色、水深、そしてバスの活性やプレッシャーのかかり方によって、的確なルアーローテーションが求められます。
 そこで特集テーマを「Buzzbait+1」として、バズベイトを主軸としつつも、状況に応じてどのように釣りを展開していけばいいのかをエキスパートたちが徹底解説。中継ぎやクローザーとして登場するルアーはポッパー、ノーシンカー、S字系、トレーラーワームなどさまざま。「バズベイト最高!」というだけではない、釣るための実戦的内容が盛り込まれた必読の一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING