サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

BAC33/青木大介選手のフットステップ

第33回Basser Allstar Classic 全19選手・2日間の足どりを公開!

水藤友基=写真と文、サイト・ビー=まとめ
aoki-day1-1017map7a
◆青木大介選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2020年6月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆春開催となった今回の第33回大会。秋に開催されていた過去の大会と選手たちの戦略を比べてみると、エリアの絞り込み方やねらい方の違いが浮き彫りになります。
◆ただいまBasserの定期購読をしていただくとデジタル版のバックナンバーが7年分読み放題になるキャンペーンを実施中! この機会にぜひチェックしてください。
hyo1



DAY1

■スタート前
「風があれば……ね。ん?煙突はなびいてる、南西か」


6:38
■常陸利根川下流・右岸
水門に絡むアシの本流面から開始。
「風がないからウインディーサイドは厳しいかな、だからカバー」
ウイニングクローのリーダーレダウンショットス3.5g
表層シェイクで誘う。テキサスリグより宙層での姿勢がいい。

aoki-day1-1032map3-4
6:48
推定900gキャッチ。
アシを撃ちながら水門側に入りはじめたところで食った。

aoki-day1-0645map1
「みえちゃったよ~!」
(何gですかと聞くと)
「2ポンドくらい。って何グラム?」

漁師のおじさんがいたので「こっち釣りしていいですか?」がダメ。

「釣れた反対側のアシ壁も撃ちたかった」

そのあとアワセ1~2回「怪しかった」。

ボトムまで落とさず水面直下~表層で誘う、撃つ間隔は50センチ刻み。
「なんか流れてる、下の水門は開けないはずなのに」

aoki-day1-0707map1-2
サイレントキラー145もまじえて撃つ。
アシが倒れておらずワームでは表層で誘いにくいところで、連続トゥイッチで使う。

aoki-lure-2
「プラではタイニークラッシュも使ってたけど、デカすぎるかと変更」
そのまま上流側へ撃っていく。

7:37
「なかなか続かんw」
アシの茎に引っ掛けるよう撃っている。掛からないときは撃ち直し。

7:40
護岸に差し掛かって、Dブローシャッド58SPを巻く。
ライン8ポンド、ティップ上げて浅く巻く。

aoki-lure

7:47
■常陸利根川右岸・鹿島線下流のアシ。
同じくリーダーレスで。
水中に沈む木にカメラバ3.5g+ディトレーター(途中で5gに変更)。

「枝とかにサスペンドしてるバスに対しては、リーダーレスよりスモラバがいいかな、ルアーが丸見えすぎるので」

「甘くねぇな。無風っすね。(どっちがいい?)なんとも言えない。ないなら無いなりの釣りを」

8:24
常陸利根川右岸・鹿島線直下へ移動。
リーダレスおよびカメラバで同様に撃っていく。
上流からそよかぜが吹きはじめる。


8:39
■常陸利根川左岸・潮来大橋上
ウッドカバーをリーダーレス、サイレントキラー145で探る。
ウエイクが近くをブンブン走る。

9:19
対岸へ移動。常陸利根川右岸・さらに少し上の薄いアシ。

9:35
上流側へ小移動。護岸+桟橋。
防寒ウェアを脱ぐ。
アシが始まってリーダーレスメインで撃っていく。


9:55
■夜越川
ワームの色を濃く変更、濁ってる。

「吹いてきたな(河口側から風)」
護岸や沈船まわりなどでクロールアップを巻く。
「厳しいねー」

aoki-day1-0959map11
上流へアイドリングで上がる。
「ストッパ飲んだらやたら喉が渇くw」
エナジードリンクを飲み干す。
常陸利根川よりもやや水温が高い。

10:16
オカッパリに声をかけて通過させてもらい、橋をくぐって先のアウトサイド。

★アシ際で約500gがヒット。リーダーレス。
「水面直下で! ちっちゃかったね」

aoki-day1-1017map7
オカッパリから歓声が。

夜越川に来た理由:「無風で釣れるところないかと」
流れについて:「カバーについてくれれば風がなくても食う可能性がある」

上流に別艇。こっちに気づいてか、パワーポール降ろしてブロック(ハシタク艇)。
「風が吹いて来てる気がする」

下りつつ左岸を撃っていく。
「食うやつは落とせば食いそう、さっきもちょい誘いでバイト」

「こんだけ撃って2バイトか……」

「(川を出ながら)西風か?」


10:55
■霞ヶ浦・境島
常陸利根寄りの一角に。
Dブローシャッド58SPを巻く。
さらにドック壁横の沈みモノにレッグワーム2.5inダウンショット。
ドックにジグヘッドワッキー1.3g+5インチスリムヤマセンコー。


11:18
■天王崎
天王崎公園付近。
「べったべた! ウェザーニュースでは風速4~5m予報だったのに」
ドック先端だけジグヘッドワッキー。
水門まわりでシャッド、リーダーレス。


11:32
■妙岐水道・左岸
リーダーレスでアシ撃ち。
こっちやるの珍しいですねと聞くと「風が当たってるでしょ」。

aoki-day1-1130map10
しかしすぐ弱まって「本当に吹くのか? 思わせぶりなだけ?」。


12:15
■天王崎
岬の先端付近。
「吹いてなかったらやめる」と言って来たが、少しだけチェック。

12:34
さらに北、天王崎公園のドックへ移動。
シャッドにキャット2発。
「エサはいるんだね」
13時すぎにカスミ本湖を離れる。

aoki-day1-1303map12

13:20
■常陸利根川
ごく短時間だけ撃って、移動。


13:50
■北浦・水原
「思ったよりいい感じに風が当たってる」
終了までシャッドを巻く。

■終了後
「麻生が釣れそうだった。めちゃシラウオがいた。石積みのなかでも、ドック絡みがいいかとイメージしてやってた。プラでは釣ってないが」

「あと”ひとタイミング”なんだよな~」

結果
5位 2尾1720g


DAY2


スタート前
デッキのタックルを減らしている。ミノー、クランクはストレージへ。

朝は?
「常陸利根、でも長くはやらない。東岸石積みで釣りたい、魚がデカいし連発の可能性がある。あっちも朝イチありそう、そこがなー(迷う)」


6:26
■常陸利根川右岸
昨日釣ったところと違う、東関道すぐ上の水門まわり。
オカッパリに声かけて入る。
リーダーレスで撃っていく。
リアの魚探で10.96℃。
「泡が……」

aoki-day2-0650map1
上流へ小移動・昨日の水門。
ここも泡、澱んだ感じ。
どんよりしたぶん濁っている。
やはりアシに引っ掛けて誘うが、昨日よりも間隔が広い印象(50cm→1~1.5m)。

「水が動いてない」
「きついかな」
「アシはダメっぽいですね」(6:57の発言)

7:01
上流側へ小移動。
常陸利根川・右岸・垂直護岸のアシを撃つ。

「浅いアシはダメっぽい、深いとこだけやって。こういう垂直護岸のアシはあんまりないので、ここだけ。昨日は流れが利いてたんだな」

アシは張り出しも凹みも撃って、たまにボトムまで落とす。
静かに置くように着水。ディスタンスはロッド2本分くらい、もっと近いことも。
護岸はシャッドで巻く。
「水門開けてないのになぜ? 考えちゃダメなのか、出たとこ勝負していかないと」


7:18
■天王崎
天王崎公園北のドック~石積み。

「誰だあれ? モリゾーさん流したあとかな」

シャッドでドック外面を巻く。
「昨日よりぜんぜん暖かい」
風は南よりそよそよ、少し強くなってきた。

(石積みは外だけ?)
「なんとも言えない、内側でフィーディングもある、いまは風が当たってるから外。魚が動いてる場所だからどこで当たるかわからない」

7:43
キャットのスレ、そのあとも当たる。

「ここいっぱいいるわw」

コイもシャッドを口で食ってきた。

「エサはいるんでしょうね、シラウオ食ってる。外道はプラのときはほとんど釣れなかったのに。バスが釣れるときはバスばかり」


8:04
■大山の石積み
プラでも釣ったところ。

「風がないね、でもまだ朝だから」

やはりシャッド→石積み外から中へ巻いていく。
ここも泡がブクブク。
「水が死んでんな」
北から冷たいそよ風。


8:46
■東岸・小高干拓テトラ北の石積み
エグシュンがいる「ここやってたのか」。

「北寄りだね(風)」
晴れてきた。シャッド巻く。
バスじゃない魚のおさわりのみ。
12分だけやってすぐ移動。


9:03
■天王崎・銭湯の前の石積み
「(プラのとき釣っていた)シャッドのテロテロ巻き、今回はやってない。もう12.5℃だし、糸巻き量も少なめにしてるから」
リールは廃盤のディーズ6。
aoki-reel
「いる感じがしねぇ、まいったな釣れる気が……。昨日は1日中釣れる気がしてた」

9:16
レッグワームダウンショット。今日初のスピニング。
「まずい、やり直しか」


9:25
■東岸・牛堀ドック横
(天王崎は当たっていなかったが)「妙な風、ここだけ当たってる」。

インサイドの護岸でサイレントキラー145。

常陸利根方向へシャッドで流す。
水中に沈んでる石積みで、バレる。
重くなって……魚だ! というバイト。

aoki-day2-0943map7
「いまのバスだったっぽい。ほかの魚は釣れてないもん」

さらに風強まる(9:57)。
折り返してまたシャッドを巻く。
のちにこの動きを悔やむ。


10:05
■境島
ババ荒れ。エレキでは進めず、エンジンで流しなおすほどの風。
「バス釣り人生でいちばん荒れてるかも」
「尋常じゃない」

aoki-day2-1021map8

10:28
■常陸利根右岸・横利根入り口
リーダーレス、サイキラ。
「北浦どうなんだろう。この風だと常陸利根くらいしかないよね」

10:42
対岸へ移動。
左岸・牛堀テトラ下流端でシャッドを巻く。ゴミが引っかかる。

aoki-day2-1044map10

10:50
■常陸利根川右岸・潮来大橋上流
シャッドを巻く。


11:01
■常陸利根川・東関道上流・左岸水門
ウがいる。シャッドを巻く。


11:18
■北浦・水原エリア
めちゃくちゃ荒れている外浪逆浦を走って戻ったが「風が弱くてむしろ釣りやすいくらいだ。裏目に出てる」。

シャッド→カットテール4inのシラウオカラー、ジグヘッドワッキーに。
「ここにいちゃダメだ……。なんでこういう流れに……」


12:02
■外浪逆浦西岸の石積み
インサイドのアシをテキサスで撃つ。
「ヘタクソになってしまった?」


12:29
■小見川閘門周辺
シャッド、閘門側から強風。
風にあおられ岸に引っ掛けて「イライラする~」。

aoki-day2-1231map15
12:57
少し下流へ移動。
右岸の水門。
「やばいね、風が走ってる」
「こういうとき局地的によくなるところが……」
ジグヘッドワッキー、カットテールから5inスリムヤマセンコーに替える。


13:14
■常陸利根川下流・昨日釣った水門
ジグヘッドワッキーで探る。

13:26
ひとつうえの水門へ移動。
垂直護岸をシャッドで。


13:49
■北浦・水原の石積みのあいだの突堤
ジグヘッドワッキー、カットテール。

■終了後
朝、ちょっとやって以降は釣れる気がしなかった。
シャッドやりはじめて少し可能性感じたけど
吹いてからわけわかんなくなった。迷走。
シャッドでバラシたあと、往復しないで境島に行くべきだったかもしれない。風の吹きはじめを捉えられた。

aoki-day2-1357
aoki-day2-weighin
結果
10位 2日目0尾0g トータル2尾1720g



 
33rd Basser Allstar Classic



台風による延期に始まった幾多もの波乱を乗り越えて、どうにか開催に漕ぎつけたBasser Allstar Classicを全力特集!
「湖上で起こったことのすべてを公開する」という理念のもと、今年も全選手のボートに記録員兼審判員のプレスアングラーが同船。集まった膨大なデータと資料から第33回大会の全容を明らかにしています。
1日目にトップスコアをマークした江口選手の判断とルアーチョイス、小森嗣彦選手の洞察力と緻密な戦略、2日目に爆発した橋本卓哉選手が「待っていたもの」、そして北大祐選手と小野俊郎選手の「白浜戦」など、見どころが満載。誌上観戦にはもちろん、春を攻略するためのヒント集としても充実した一冊となっています。
そして雨貝健太郎さんが現地からお届けするUSツアーレポート。日本と同じく新型コロナ禍に見舞われているアメリカでも試合の延期が相次いでいるわけですが、「釣り」に対する各州政府の対応は日本とずいぶん違っているようで……?




  


2020/4/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

最新号 2020年7月号

【特集】インドアで上達する。

 バスフィッシングの楽しみは、フィールドで魚を釣るその瞬間だけではありません。釣行前の妄想も、自宅での準備も、すべてがバスフィッシングの一部といえます。
 今号は、そんなインドア・バスフィッシングを充実させるコンテンツを集めました。釣具の断捨離からルアーチューニングまで、今だからこそ試したい内容が満載です。
 第2特集では、直近のBasserオールスタークラシック&オカッパリオールスターで選手たちが見せた戦略や注目ルアーの使いこなし術を徹底深掘り! 明日の釣りですぐに実践し、釣果に繋げられる内容ばかりです。
 さらに「開発さんに学ぶルアーチューン」「地域のクランクベイト」と、クランク好きにはたまらない短期連載が同時にスタートするなど、ますますパワーアップした『Basser』から目が離せません。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING