サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

Basser Allstar Classic 2018 ウイナー予想キャンペーン実施中!

優勝・準優勝選手を予想してBasserタオル&ELECTRICコラボTeeをゲットしよう!

siteB=まとめ
top001  
 Basser Allstar Classic 2018開催記念として、「Basserタオル」と「Basser × ELECTRIC CO-LAB L/S TEE」が当たるウイナー予想キャンペーンを行ないます!
 
下記の応募フォームから優勝~準優勝に入賞する選手を2名予想して投票してください!

 みごと的中させた方のなかから抽選で5名様に「Basserタオル」と「Basser × ELECTRIC CO-LAB L/S TEE」をセットでプレゼントいたします。奮ってご応募ください!

 ※選択した2名の選手が上位2位までに入っていれば的中です

薄手でも高機能なマイクロファイバー製

Basserタオル(白地×レインボーロゴ)
01towela
 素材にマイクロファイバーを採用した新しいBasserタオルが登場しました。マイクロファイバーとは直径が8マイクロメートル以下の化学繊維。吸水性と速乾性の高さが特徴で、なにかと水に濡れる機会の多い釣り場で活躍してくれます。また、その割にとても薄手に作られているのもこだわりのひとつ。サイズは35×85cmとフェイスタオルとしては大き目ですが、たたむとズボンのポケットに突っこめるくらいコンパクトに収納できます。

サイズ:35×85cm
素材:マイクロファイバー(ポリエステル80%、ナイロン20%)(毛足短め)

“エレク”の稲妻! ボルトストライプパターンのBasserロゴを右腕に

Basser × ELECTRIC CO-LAB L/S TEE WHITE
elec-teea
 「ELECTRIC」は、スノーボードやサーフィンの世界で絶大な支持を得ているブランド。その“エレク”がバスアングラーの間でも注目度が高まっているのはBasser2018年10月号で紹介したとおりなのですが、なんとコラボが実現しました!
 CO-LAB L/S TEEのデザイン上のこだわりは、同ブランドを象徴する「ボルトストライプパターン」を組み合わせた右袖のBasserロゴ。山形県蔵王では、このパターンのラッピングがド派手に施された雪上車が登場しコアなスノーボーダーの間で話題になりました。このTEEでは左袖のロゴとあわせて全体的には落ち着いた雰囲気のデザインを目指しました。

s__31571972a
サイズ:M、L、XL
着丈 M/70cm L/72.5cm XL/75cm
身幅 M/51cm L/54cm XL/57cm
袖丈 M/57cm L/58.5cm XL/59.5cm
肩幅 M/50cm L/53cm XL/56cm

「Basserタオル」と「Basser × ELECTRIC CO-LAB L/S TEE」は釣り人道具店通販サイトでただいま好評発売中! 
また、Basser Allstar Classic会場の釣り人道具店ブースでも販売します! ご来場の際はぜひご確認ください!


douguten1200-400pxout
応募受付は終了いたしました。

●当選者にはご入力いただいたメールアドレス宛に「当選メール」をお送りいたします。折り返し「Basser × ELECTRIC CO-LAB L/S TEE」のご希望サイズをご連絡ください。


2018/10/26

つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…
つり人社の刊行物
並木敏成のThis is バスルアー
並木敏成のThis is バスルアー 本体1,600円+税 A5判並製148P
キミのルアーセレクト、本当にそれでOK? バスフィッシングに用いられるルアー、全18ジャンルを徹底解説。 あなたのルアーセレクトはココが間違っている!? 日本のフィールドに必要なのはフィネスだけなのか!? バスフィッシングの頂点を見…

最新号 2018年12月号

2号連続! まだまだ溢れるクランク愛

前号に引き続きクランクベイトを大特集!
巻頭では、ふたりのロコアングラーがそれぞれのクランキン・スタイルで秋の新利根川を楽しみます。
15年ぶりのカムバックとなった『秘密のクランクベイト』では、デビッド・フリッツの名作「DT」誕生に隠された裏話が明らかに。
さらに、前回大好評だった開発学さんによるクランク解剖企画「ルアーのはらわた、みてみませんか?」では、ミドル~ディープクランクを真っ二つ! ルアーの内部構造からさまざまな真実が見えてきます。
また、泉和摩さんがリップ構造とアクションの関係性について解説。名作ルアーたちを例にとり、「このようなリップだと、このようなアクションになる」ということを教えてくれます。
今号はクランベイトの実釣ハウツー記事も充実です。
木村建太さんはウイードを味方につける方法を、折金一樹さんはPEラインの活用術を、伊藤巧さんはカバーコンタクト術を、中田敬太郎さんは河口湖のディープクランキングパターンを詳細に解説します。
加えて、清水盛三さんのクランクベイトタックル論や伊豫部健さんのフック考、水槽実験によるディープクランクのアクション検証など、前号に増してクランク愛が加速する一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING