サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

清水盛三選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

小久保友昭=レポート、サイト・ビー=まとめ

◆清水盛三選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

◆清水盛三選手の表彰式インタビューの模様はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018shimizu-interview

DAY1



7:35
■山田ワンド
Dゾーン、バイズクロー(テキサスリグ)。しばらく投げるが反応なし。
「やっぱり試合って釣れへんね」

04shimizu-1-0755
8:03
04shimizu-1-0802
04shimizu-1-0803
★推定300gをキャッチ! Dゾーン3/8oz。
「ねらいのサイズじゃないけど。神様ありがとう(笑)」

8:23
■山田ワンド下流出口付近
ジャカゴにDゾーンを通す。


8:36
■阿玉エリア
矢板にDゾーン。

8:40
★ワイルドハンチで1kgアップをキャッチ! 
「(リミットメイクまで)あとひとつ!!」

04shimizu-1-0839

9:07
■梶山エリア(金上対岸)
竹杭にワイルドハンチ。
「(魚が)きたらそれなりのサイズだと思うねんなァ」


9:36
■金上ワンド上流側
乱杭のエリア。
バイズクロー(リーダーレスダウンショットリグ)。

9:38
バイトあり。
「アタリちゃうの~?」


9:58
■阿玉エリア
矢板エリア。ワイルドハンチをタイトに通す。


10:14
■山田ワンド
1尾目が釣れた矢板エリアへ。
Dゾーンを矢板の岸際に通す。
「(この場所以外に)あんまりコンフィディンスがないねん(笑)」

04shimizu-1-1021
10:35
★約800gをキャッチ! リミットメイク!
ジャカゴ越しに強引に抜き上げ。
「神様ホンマにありがとう!!」

04shimizu-1-1033

10:58
■蔵川ワンド
乱杭エリアにDゾーン。
「ここでドカーンときたらエエな(笑)」


11:19
■外浪逆浦
乱杭をねらう。
「ここはきたら1kgオーバーやからね」


11:35
小見川閘門。通過待ち。


12:07
■閘門付近左岸側ワンド
ワンドの中に流れが入るのを見て「こうなってるとあんまりよくないかもね」。


12:12
■阿玉川閘門わきの消波ブロック帯
クランクベイト。
「ここでくるときはバタバタッとくるんやけどね」


12:30
■鹿島線鉄橋上流右岸消波ブロック帯
クランクベイト。

12:48
シーバスがヒット。
「もう~。50オーバーかと思ってドキドキしたわぁ(笑)」


12:59
■東関道下流側右岸
ブッシュ帯でバブルトルネードを巻く。
「水(の流れ)が完璧に止まってるな」

13:08
04shimizu-1-1307
★約900gをキャッチ! 入れ替え!
「なぁ! バズベイトで出るやろ~!!」

04shimizu-1-1308

13:31
■鹿島線鉄橋上流
アシにDゾーン、ラバージグ。

13:55
ストップフィッシング。


初日の成績
3尾3650g 3位

DAY2



6:13
■鹿島線鉄橋上流右岸消波ブロック帯
ワイルドハンチ、テキサスリグをローテしながら「(スタートが遅くて)閘門入られへんからここから始めます」

6:19
ベイトあり。
「何の魚かわからんわぁ」


7:09
■山田ワンド下流側マウス部
Dゾーン3/8ozを巻く!
「釣れてくれたらええなァ」

7:17
★推定300g(清水選手申告値)をキャッチ!
プレス所感:見たところ500gはありそうですが……。

04shimizu-2-0717
04shimizu-2-0718
「神様ありがとう!」

7:19
★推定500g(清水選手申告値)をキャッチ!
プレス所感:見たところ700gはありそうですが……。

04shimizu-2-0721
7:21
★推定500g(清水選手申告値)をキャッチ! 
プレス所感:見たところ500gではないと思いますが……。

04shimizu-2-0723
4分間でリミットメイク!

7:45
★4尾目をキャッチ! 推定450g。入れ替えならず。
「小さいわァ。入れ替わらんねェ」

04shimizu-2-0745

7:56
■阿玉エリア
矢板エリア。ワイルドハンチを矢板沿いに通す。

8:00
デカいキャットフィッシュがヒット。

清水盛三選手はかなりの頻度でラインアイのトゥルーチューンを行なっている。


8:25
■梶山エリア(金上対岸)
規則的に竹杭が並ぶエリア。
ワイルドハンチとDゾーンをローテーション。ときおりテキサスリグ。


8:42
■金上上流エリア
不規則に竹杭が並ぶエリア。バイズクロー(1/4ozテキサスリグ)を丁寧に1本ずつ撃っていく。


9:05
■山田ワンド上流側マウス部
矢板エリア。Dゾーンを矢板に沿って通す。


9:28
かなりの時間を費やしてキャストを続けたがバイトは得られず。


10:16
■沼尾
矢板にアシが絡むエリアでDゾーン。
「バイトが遠いねェ」
北浦を見切って移動。


11:09
■閘門付近左岸側ワンド
アシ撃ち4投目。
推定2㎏オーバーをミスフック。デッキに横たわりしばらく天を仰ぐ。
「ホンマに情けないわ!!」


11:40
対岸へ移動。
消波ブロック帯をワイルドハンチでチェック。


11:47
■東関道下流右岸
Dゾーン、バズベイト、テキサスリグとローテーション。
「風向きとかいろいろなことが昨日とまったく違うね」

04shimizu-2-1213
12:33
消波ブロック帯にワイルドハンチ。

12:35
ミスバイト。
「いまのデカかったわー」

12:42
★推定400gキャッチ。入れ替えならず。

04shimizu-2-1246
12:50
ストップフィッシング。


2日目の成績
3尾2390g 7位

2日間トータル
6尾6040g 4位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/26

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING