サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

関和学選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

酒井努=レポート、サイト・ビー=まとめ

◆関和学選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

DAY1


11番フライト。
スタート前「カスミに行きます!」と話す。
小見川閘門には入れず萩原閘門を通過。


7:50
■麻生エリア
消波ブロック帯の手前や奥を交互に。4inカットテールワーム(1.3gネコリグ)を投入。
着水してからピックアップまで3~4秒程度。フォールでのアタリをねらっている。

17sekiwa-1-0757
8:17
17sekiwa-1-0816
17sekiwa-1-0817
★1㎏アップをキャッチ。
「テトラの手前にいたなー」

直後にもバイトを得たが乗らず。
「魚見えたよ。小さかったな。このテトラに入ってる」

17sekiwa-1-0823
ラインはフロロ10または12Lbを使用。フォール速度がキモで10Lbラインがもっともバイトが出やすいとのこと。600~700mほどの消波ブロック帯の内側にボートポジションとってねらっている。
結果的にバイトがあったのは50mの範囲のみに集中。プラクティスでは別のストレッチにバイトが集中していたという。


10:30
■麻生エリア
ボートで5分ほど北上したエリア。ボートドックに隣接した消波ブロック。
ネコリグを投入。
水深2.0m、水温18℃。


10:48
■麻生エリア
「なかなか手ごわいですよ」

10:51
17sekiwa-1-1050
17sekiwa-1-1051
★ファーストフィッシュと同じ場所で約600gをゲット!
「まったく同じ場所。テトラ選んでるのかな? 北東風だと魚入ってるけど、今日に限って南風とは。今日はここで心中しますね」

11:58
★同エリアから約600gゲット。
「やったー! リミットだー」

17sekiwa-1-1157
数投して移動。


12:15
■麻生エリアの浚渫
エスケープツイン(ヘビキャロ)を数投。
「釣れない場所。チェックしてもダメだ」


12:38
■小見川閘門手前
水門周辺の杭をカットテールのワッキーリグでチェック。
「明日北東の風吹かないかなぁ」

13:00
小見川閘門通過。


13:12
■利根川最下流南岸
アシ周辺を6.5inカットテールワーム(ネコリグ)でチェック。
数投で移動。


13:24
■小見川大橋上流北岸
竹杭やウッドカバーへ6.5inカットテールワーム(ネコリグ)やDゾーンを投入。


13:39
■JR鹿島線下南岸
消波ブロック帯に6.5inカットテールワーム(ネコリグ)。
「くそー。入れ替えしたかった」

17sekiwa-1-1340
13:54
ストップフィッシング。


初日の成績
3尾2520g 11位

DAY2



7:05
■出島の消波ブロック帯
テトラの内側にボートポジションを取り、穴の中にネコリグを撃つ。
テトラの外側にはスピナーベイト。
「いない。大変だ」

17sekiwa-2-0708

7:46
■美浦の浚渫
魚探で位置を確認してフットボールを投入。


8:10
■玉造エリア
ボートドック周辺の鉄パイプや杭に対してネコリグやスピナーベイトを投入。

17sekiwa-2-0814
8:16
「昨日の場所に戻ります」


8:22
■麻生エリア
「濁ってるな」
テトラの外側からスタート。ネコリグ。


8:51
■牛掘の波よけエリア
波を避けるように内側からワッキーリグでチェック。
風が直接当たる外側はスピナーベイトでチェック。


9:24
■和田岬
竹杭周辺をネコリグでチェック。

9:34
「テトラに移動します」


9:38
■麻生エリア
ボートドックと隣接している消波ブロック帯。
ネコリグを数投して移動。


9:46
■麻生エリア
消波ブロック帯に入り直す。

10:08
「一度リセットして魚を探しに行きます」


10:13
■常陸利根川・横利根川河口付近
鉄杭にネコリグ。


10:27
■常陸利根川東関道上流北岸
杭周辺をネコリグでチェック。

10:28
移動。
常陸利根川を進みながらスポットを探すが、オカッパリアングラーが多く断念。
小見川閘門を通り「利根川で魚見つけます」と話す。

11:05
清水盛三選手とともに閘門通過。


11:10
■利根川・小見川大橋周辺北岸
杭周りをネコリグでチェック。対岸のストラクチャーにはスピナーベイト。
 
17sekiwa-2-1115

11:26
■JR鹿島線上流北岸
アシやブッシュなどをネコリグでチェック。

17sekiwa-2-1145
11:51
17sekiwa-2-1149
★3inファットヤマセンコー(ワッキーリグ)で約600gをゲット!
昨年は小森嗣彦選手と取り合いになったという「バスのなる杭」。

17sekiwa-2-1150
フォール後にアクションし中層でバイトを得た。
「こういうバイトには大きいのはいない」と話す。
フォール中か、ボトムでのバイトがビッグフィッシュの特徴だという。

しばらく周辺でねばる。


12:17
■津宮エリアの消波ブロック帯
ワッキーリグを投入。
そのほか、スピナーベイトやネコリグでチェック。

時間ぎりぎりまで釣りをしてストップフィッシング。

17sekiwa-2-1341

2日目の成績
1尾665g 19位

2日間トータル
4尾3185g 17位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  



2018/11/25

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

おすすめ記事

最新号 2019年7月号

……そしてNewプロダクトに至る

 今号では、各アングラーが培ってきたバスフィッシング理論やルアー遍歴を辿り、それが現在の釣りやプロダクトにどう反映されているかを特集しました。
 巻頭では、ケイテックの2代目社長である馬路久史さんが、先代・林圭一さんからモノ作りの精神とともにバトンタッチを受けた「フレックスチャンク」の開発舞台裏を紹介。
 並木敏成さんは、これまで使い込んできたジャークベイトの数々と、阿修羅シリーズに込めたねらいを語ってくれます。
 また、現代のハネモノブームとそれを牽引するルアーはどのようにして生まれたのかを、江口俊介さんと川島勉さんの証言から紐解きます。
 そして、川村光大郎さんはこれまでのスピナーベイト遍歴と、「釣れるスピナーベイトの条件」を解説してくれます。
 さらに、赤羽修弥さんのバスフィッシングにおけるフロッグとの関わり方の歴史や、H-1グランプリウィナーの松村浩邦さんによる新旧クランクベイトの使い分けなど、今後のルアー選びに新たな視点をもたらす記事が盛りだくさんです。
 アメリカのトーナメント情報も充実しています。リミット無制限というBPTフォーマットにおける勝つための戦術分析や、日本人選手が目覚ましい活躍を見せるB.A.S.S.セントラルオープンのレポート。そして2戦連続でシングルフィニッシュを果たし、暫定年間ランキングを首位とした伊藤巧さんへのインタビューなども見逃せません。


[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING