サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Basser Allstar Classic 2018準優勝・沖田護
表彰式インタビュー

フロッグで2日目の単日トップウエイト&ビッグフィッシュ賞を獲得

サイト・ビー=まとめ
dsc_1405 この記事はBasser Allstar Classic 2018表彰式での沖田護選手へのインタビューを掲載しています。司会はBasser編集長の堀部政男

 10月27日~28日に開催されたBasser Allstar Classic 2018。準優勝は2日目に3尾4335gをキャッチして初日の9位から驚異的な追い上げを見せ、1920gの1尾で今大会ビッグフィッシュ賞も獲得した沖田護選手。スタート前、手堅い釣りでウエイトを固めに行くつもりだったという沖田選手がジャークベイトとフロッグをキャストした理由は?


やっぱり大好きな釣りに手が伸びてしまった


―― 準優勝の沖田護選手です。そして、1920gの1尾でビッグフィッシュ賞も獲得。利根川のみごとなポテンシャルを見せていただきました。プレスアングラーから送られてきた途中経過を拝見していたら、すごく楽しそうな釣りをされているなと感じました。

dsc_1942
沖田 そうですね。ただ、試合の前のプラのときから考えると、3kgなんて誰も釣れるわけないと思っていたくらいの釣れなさでした。利根川からは優勝者は出ないだろうと思ってた。だから、今回出場した選手たちはとんでもない人たちだなと。自分の場合は、毎年初日はいつも外してしまっていました。試合をせずに大好きな釣りをしてしまってね。

―― ただ、毎年その初日の魚が2日目の好成績につながっています。

沖田 そう。2日目なんだよね。だから今回は初日も固めに行こうと思ってました。

―― そうだったのですか? 今回の沖田選手の釣り方を聞くと、ジャークベイトやフロッグでバスをキャッチされていますよね。

沖田 朝の3投くらいで「あれ?」って思って。

―― 3投で状況を判断したのですか? それとも本来やりたい釣りのほうが頭に引っ掛かっていたとか?

沖田 そうそう。ストレージの中に「今日はやらないぞ!」って決めてたジャークベイトのタックルが入っていたからつい(笑)。

dsc_1312
―― なぜ持って行ってしまったんですか(笑)!

沖田 そこがスケベ心なんでしょうね。自分の大好きな釣りで釣りたい! っていう思いが僕らはやっぱりあるので。

―― ちなみにルアーはなにを使ったのですか?

沖田 サイドステップのボーンモデル。ハイフロートのほう。それと、キッカーフロッグです。それでね、スタート前の想定では、反転流とそれが当たった流れの利くところにムシが溜まることがあるので、これのシャッドパターンがあるのでは? と思っていたんだけど……。

―― 溜まっているムシを食べに来た小魚がベイトになるパターンですね。

dsc_1411
沖田 そう。僕が今回やろうとしていた食わせの釣りは、岸際の切り立った壁のところにチェリーリグを置いておくというのがメインだったんですけど、実際はそのムシが湧いていなくてベイトも溜まっていませんという状況。「なんか違うのかな?」とストレージからフロッグを出して、オーバーハングのカバーの上からチョウチンでちょこちょこやっていたら「ガボッ」と。フロッグに出たので想定とぜんぜん違う。考えてみると、昨日はあったかくなって今日は雨が降って「あ、魚浮いたんだ。じゃあイケるじゃん」と。ただ、フロッグに出たはいいけど乗らない。それならジャークベイトで引っ張っちゃえと。

―― 釣ったルアーの内訳を教えてください。

沖田 初日はジャークベイトで2本、フロッグで1本、チェリーリグで1本。ウエイトは3115g。これで3㎏で固められたから、明日も固める釣りをしよう、と帰ってきたら4500gも釣ってきてる選手がいて「ありえねぇだろ!?」と。これはもうフロッグをやりきるしかない。キッカーフロッグに出る魚は確実に1100g以上なので、2日目の今日はそのなかでどれだけ2kgアップを混ぜて行けるかという釣りをしました。だって勝つにはそれしかないもん。あとは細かい話なんですけど、フロッグはシングルフックのモデルじゃないと、今回のような弱いバイトを掛けていけないんですよ。

―― キッカーフロッグがまさにシングルフックです。さらに標準的なフロッグと比べてフックの軸が細めですよね。

沖田 そう。イメージとしては浮くノーシンカーみたいな感じ。ひとつキモだったのは、ハツカネズミというカラー。表面にファーみたいな加工がしてあって水をまとうからモワンモワンっていうアクションが出せる。今回はそれがいちばんよかった。ロッドは6ft5inのML+パワーでメタルウィップというモデル。ラインはPEのステューター55Lb。このタックルバランスが絶妙によくて、フロッグを水に絡ませて操れる。ゴツいタックルでパシパシやっちゃうとミスバイトが多いんです。今日もそれでバイトを7発出して、4本キャッチできました。

―― 釣り方の詳細はBasserのオールスター特集号で記事にさせていただきます。沖田選手は「利根川で釣って見せることが仲間たちへの恩返し」だと、いつもおっしゃっていました。最後に観客の皆さまと仲間の皆さまへ、ひと言お願いします。

dsc_1300
沖田 今日のウエイトは自分ができるなかでMAXだったと思います。これで勝てなかったんだから、悔しいですけど、納得はしています。小森選手おめでとうございます。そして、僕の仲間たち。いつも支えてくれてありがとう。次はテッペンを目指してまた頑張ります。皆さんありがとうございました。

―― 準優勝の沖田護選手でした。もう一度大きな拍手をお願いします。

◆沖田護選手の釣りの詳細は11月26日発売予定のBasser2019年1月号で詳しく紹介します。また、siteBでは沖田選手だけでなく全選手の2日間の釣りを時系列でまとめたフットステップ記事をBasser発売に合わせて公開予定。こちらもお楽しみに!

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/21

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年11月号

11th オカッパリオールスター
ザ・チャンピオンシップ

 過去4年間の「オカッパリオールスター・ザ・キャノンボール」の勝者である川村光大郎さん(2015年)、山木一人さん(2016年)、松下雅幸さん(2017年)、早野剛史さん(2018年)を招いてチャンピオンシップを開催。その模様をレポートしています。
 競技エリアは広大! 東は霞ヶ浦水系、西は富士五湖や芦ノ湖という12のフィールドが設定されており、2日間の競技で選手はこれらのなかから2ヵ所以上のフィールドで釣果をあげなければならいというルール(いわゆるキャノンボール・フォーマット)。
 4人のテクニックや、喜怒哀楽、まさかのハプニングなども見ものですが、「限られた時間内で、最大の釣果を上げるためには、どのようなフィールドをどのタイミングで、どのように釣ればいいのか」また「手堅い釣りをしたいとき、リスクを取ってでもデカいバスをねらいたいときはどうするのか」といった各選手のねらいと動き方にも注目です。私たちが週末の釣行で「どのフィールドに行こうかな? 何をしようかな?」ということを考えるうえで、4選手の考えは大きなヒントになるはずです。
 もちろん、国内外のトーナメントレポートも充実しています。日本ではJB TOP50やW.B.S.、TBC、H-1グランプリなどがシリーズの折り返し点~終盤に差し掛かってますます盛り上がってきました。海の向こうに目を向ければ、大注目のB.A.S.S.セントラルオープン最終戦(速報)や、B.A.S.S.エリートシリーズとBPTのレポート(詳報)など、アメリカのトーナメント事情も網羅。『Basser』だけの内容が濃く詰まった一冊になっています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING