サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

菊元俊文選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

山田賢治=レポート、サイト・ビー=まとめ

◆菊元俊文選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

DAY1



7:23
■外浪逆浦の沈船
「デカい船ふたつだからめっちゃ根掛かりするけど、練習でバカデカいのが来たわ」

ボートのエントリー角度を風に合わせて細かく調整。
ルアーはDゾーン3/8oz(ダブルウィロー シルバー/ホワイトブレード)、バスエネミー(2.8gテキサス・ペラ付)などをスローリトリーブ。

「ゆっくり巻かないと食わないけど、ゆっくり過ぎると根掛かる」

角度を少しづつ変えて、同じスポットに多投。根掛かりを外した後は必ずラインを結び替える。スピナーベイトのブレードのチェンジ(ゴールドブレードのダブルコロラド)や、テキサスのウエイトを3.5gにするなど微調整も行なう。

沢村選手が来て、インサイドの沈船に入る。

「沢村さん、俺がここどいたら入ると思う。動きたくないな」

一服してエリアを一度休めてから、再びスピナーベイトを投げる。

ハングオフしたときにベイトが跳ねたが期待に反してバイトなし。

「岬から入って1発めの沈船だから、回ってくるやつもいると思う。でも、練習の時と風が逆だなぁ……。状況が変わった。アカン、留守かも。50分以上は流石にやりすぎやわ」

8:17
移動。


8:23
■外浪逆浦・トンボ公園前

浚渫が横にあり、ディープが近いシャローエリア。

「風が収まってきたから、今ならできる。水温は18.3℃あるけど結構濁ってる。濁ったばかりならいいけど、駄目かもしれんからサッと流して終わるつもり。水位がもう少し高ければ、石のインサイドで食うと思うけど、逆に水路から汚い水が入ってきとる。駄目やわ」


8:43
■扇島
風裏側のバンクをC-4ジグ2.7g+アントライオン2.7inで撃つ。

14kikumoto-1-0849
「思ったより風が無いんで、割り切ってスモラバ。北利根は魚多いけど、大きいのは難しい。ジャンクフィッシングだよ、その場の水見て決めてくみたいな。一回ボトムまで落としてから、手前にちょっとミドストしてる」

★アシ際で1尾目、約400gをキャッチ。

14kikumoto-1-0858
「落ちたらすぐ食うの見えたわ」

ブッシュにはカバークリーパー3.5g+アントライオン3.3inにチェンジ。
付近の沈み物にはビビッドテールのダウンショット。
ハードボトムはバスエネミーの5gテキサスをスイミング。

「アオサギおるわ。ホンマはスピナベとか巻きたいけど、ベタ凪やろ」


9:33
■霞ヶ浦本湖・和田
「本当はアシ際がねらいだけど、ボラが多いから少し沖目からやるわ」

14kikumoto-1-0940

■西の洲
TGブロー1/2oz+バスエネミー3.5inをブレイクのシャロー側に投げ、ダウンヒルに落としてくる。投げ過ぎるとすぐ引っ掛かる。

「プラでは3回入って2回釣れた。でも風が逆で、ディープからシャローに向かって吹いて欲しい。エエところに入ってるんやけど、おったらすぐ食うからおらん感じ。ここはフィーディングの魚だからサイズもねらえるんやけど、もうちょっと風が欲しい」

コンバットクランク320も投げる。


10:40
■大山の石積み
「うわー、思ったより風無いわ」

14kikumoto-1-1045
内側の石積みの先端でクラフトを巻いて、コイのスレ掛かり。

内側の石積みに覆いかぶさるベジテーションの際に、バスエネミーのバックスライド(ストレートフック仕様)を細かくピッチングしていく。天気は雨がやんで曇り空。

「この釣りは陽が出たほうがいいけど、中途半端。撃たれた後かもしれないし。とにかく釣れないからちょっと考える」

手帳を取り出し、マップをにらみながらしばし考え込む。
「プラのときから、釣れるところがバラバラ。いろんなところでかき集めるしかないわ」

外側の石積みへクランキングへシフト。

11:11
14kikumoto-1-1112
14kikumoto-1-1113
★大山の石積みのアウトサイドで、クラフトを巻いてヒット。約1300g。

南東からの風が強めに当たっており、「ちょっと風が強くなってきたな」とコメントした直後のヒットだった。

14kikumoto-1-1118

11:25
■麻生~天王崎周辺

インサイドにある枯れかけたヒシモを、キッカーバグ3.5inの8.8gフリーテキサスで細かく撃つ。

「晴れてきたから、一か所だけ残ってるヒシモを撃つわ。プラからバイトはあるんだけど、どうしても乗らないから今日はテキサスをフリーにしてみた。でもだいぶヒシが枯れてとんでしまった」

11:51
★小さなヒシモのパッチを、細かく細かく撃ってついにリミットメイク。約500g。

14kikumoto-1-1149
14kikumoto-1-1150
「アタリかどうかわらんような微妙なバイト。とりあえずアワせたら乗った」


12:20
■外浪逆浦の沈船
「ここでデカいのに入れ替える。風がプラのときと逆だから、釣れる風向きかわからんけど」

朝と同じく、スピナーベイトとテキサスのマキマキで探る。


12:48
■小見川閘門前
小見川閘門の待ち時間に、周囲のハードボトムをビビッドテールのダウンショットで探る。


13:13
■利根川最下流
島状になった場所のアシ際に、Dゾーンとジャックハンマーを通していく。
「水が多ければいいんだけど、少ないな……。思ったより濁りも入ってるから、スピナベよりチャターのほうがいいかも」


13:49
■横利根川合流部
横利根川とのインターセクションの岬の沖にある、ロックやオダといった沈み物をダブルモーションの5gリーダーレスダウンショットリグで撃つ。
「もう時間ないから3投だけするわ」

14:00
帰着。


初日の成績
3尾2330g 13位

DAY2



6:13
■利根川・横利根川合流部
「岩系の沈み物にオダが引っ掛かってる。今日はフライト遅いからここからやるわ。水温は17.7℃。でも風がちょっと冷たいな」
ダブルモーション3.6in(7gリーダーレスダウンショット)。ボトムを確実に捉えられるうえ、フッキングもいい。

マーカーブイ投入。カバークリーパー3.5g+アントライオン3.3inへ。

一投目から引っ掛かる。引っ掛けて止めておかないと食わないこともあるという。
角度を変えてアプローチ。近めのボートポジションからプレゼンテーションするのは、根掛かりを防ぐ意味もある。


7:23
■外浪逆浦の沈船
「昨日とは風が逆、この風や。頼む、来てくれ!」

Dゾーン3/8oz(ホワイト/シルバーブレード・ホワイトスカート)。

「根掛かるのとブレードに干渉するのが嫌なんで、トレーラーフックは外した。水はいい感じやけど、もう先に叩かれとるかもしれんな」


8:01
■霞ヶ浦・境島
沖の鴨撃ち小屋をDゾーン3/8ozとバスエネミー(チャート)のバックスライドでねらう。
「来ればデカい。ワカサギとか接岸してると炸裂するんだけど。」

14kikumoto-2-0807
クラフト(ブルーギルカラー)でウインディーサイドの石積みを巻く。

「もっと激荒れのほうが釣れる。何か魚体に触れたわ。コイかな」


8:31
■西の洲の浚渫
「今日は浚渫の壁に風が当たってるからいいかも。ただ、強過ぎてエレキでステイできるかな?」
バウから波が入ってくるくらいの爆風。

TGブロー1/2oz+バスエネミーでダウンヒルに探る。

「しかし、エエとこ入っても喰わんな? これだけ荒れとったら、ちょっと落ちたとこにおると思うんやけど……」


9:01
■大山ドック
「外側の石積みでクラフト巻いて、内側のベジテーション撃つわ。昨日スレで掛かったコイみたいなバス釣りたいな」

14kikumoto-2-0916
14kikumoto-2-0917
★大山護岸の内側の草をカバークリーパー3.5g+アントライオン3.3inで撃って推定550gをキャッチ。

「なんでこんな小さいねん! まあ何も無いよりはマシやけど」


9:50
■川尻の石積み
「風裏で風がないから、ちょっと弱めのクランクで。角だけ深くなってるから、そこだけ。こっちは思いっきり風裏で、もうちょっと風が欲しい。来るときはもう、入ってすぐに何かしらの反応があるんだけどね」


10:06
■沖のジャカゴ
沖のジャカゴ周りをクラフトで巻いていく。
「魚は薄い場所やけど、来たらデカいからな。シラウオが泳いどる。」

角の部分など、要所にはバスエネミーのバックスライドを投入。


10:32
■崎浜一文字
「ええサイズがポンポーンと獲れるのは、こういうところやないかなと。ワカサギが絡むと爆発するんやけどな」

クラフトで流す。


11:15
■大山石積み
石積みに入り直し。

「頼むでクラフト!!」

14kikumoto-2-1113
★石積みに絡んだ草をカバークリーパーで撃ってヒット。推定500gをキャッチ。
「やっぱりジグストっぽくちょっと手前に引いてこんとあかんわ」

14kikumoto-2-1116

12:23
■横利根川合流部
「ここで最後。ここで始めてここで終わる。ええ風や」

ブレイクに絡む沈みオダを、ダブルモーション5gテキサスリグで撃つ。

途中で沢村選手、小森選手も姿を見せる。

その後ビビッドテール5gダウンショットに変更。

13:00
帰着。


2日目の成績
2尾1225g 15位

2日間トータル
5尾3555g 14位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/25

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING