サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

河辺裕和選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

増田英陽=レポート、サイト・ビー=まとめ

◆河辺裕和選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

DAY1


「今日は弱気大作戦!! とりあえず魚を触りに北浦の山田ワンドを目指すよ」

7:10
萩原閘門着。門が開く前にシャロークランクで周辺をチェック。

20kawabe-1-0702
7:25
閘門通過。北上して北浦を目指す。
途中、鰐川の西岸を少しチェック。


7:54
■北浦・潮来マリーナ下流の石積み
シャロークランク、シャッド、4inグラブのジグヘッドリグをローテーションしながらマリーナ方向へ流していく。

20kawabe-1-0805
「サイズは望めないけど、とりあえずリミットすぐ揃うからここまで来たのに……」

8:04
「なんか風がなさすぎない? 晴れたら強風になるパターンかな……」

8:25
「そろそろ釣れてほしいんだけど……」

8:41
「先端までやったら移動するね」

8:45
エンジンで移動……と思いきや「やっぱりその辺もやる」と50mほど上流の石積みからクランクをキャスト。

20kawabe-1-0811
8:48
石積み周りをシャッドプラグでチェック。

「いまいちパッとしないな……。意外にスローなんでしょうか、今日は……?」
4inグラブジグヘッドリグにチェンジ。

9:01
潮来マリーナ手前付近。
「湖面が大人しすぎるんだよ」

9:19
「早め早めの展開にしないと……」
移動。


9:27
■金上ワンド
「濁ったな……」

シャロークランクでスピーディーにチェック。

20kawabe-1-0937
キャストするコースによってこまめにトゥルーチューンをして、きっちり丁寧にリトリーブ。

9:40
「ダメだ。北利根に行こう」


10:04
■常陸利根川・萩原閘門対岸付近
沈船のピンスポットをいろいろな角度からネコリグでねらう。
かなりしつこくチェック。

10:25
少し下流の水門と護岸際をクランクとシャッドで探る。
「ダメだ。水が汚い」
プラのときより岸寄りの水がかなり濁ってしまったようす。

20kawabe-1-1021
10:29
「やっぱり沈船をやろう」
少し下流の別の沈船をネコリグでしつこくねらう。

11:00
「濁ったせいかな~……。ん~、食わねぇなぁ! オイッ! コンニャロウッ!!」

11:18
太陽が出る。
「食いませんね……。厳しいなぁ」

11:20
レッグワームのダウンショットリグにチェンジ。

11:27
アタリあり。
「ボラかな……? ブンブンブンっていった……初生命感」

11:35
また別の沈船をネコリグでねらう。

11:39
「くぅ~たまんねぇ~! シビレチャウネ!! 何が違うんだ……う~ん……」

11:53
小移動。萩原閘門対岸付近。
シャッドプラグでチェック。
「こっちは水キレイじゃん! これこれ! この水の色だよ」

12:00
「利根川に行こうか」
萩原閘門へ……「の前に手前のアシを撃ってから」。
少し手前のアシ際をモコリークローのテキサスリグでチェックしながら閘門へ。

20kawabe-1-1204
12:25
閘門通過。シャッドプラグで流しながら利根川へ。


12:28
■利根川・最下流付近
アシ際をテキサスリグでチェック。
5分ほどで移動。


12:37
■小見川大橋上流
レッグワームのダウンショットリグ、モコリークローのテキサスリグでチェック。
「浅くなってる……地形変わったのか?」
すぐに移動。


12:45
■東関道下流
紅白の鉄塔前の倒木。
ネコリグで角度を変えながらしつこくねらう。さらにダウンショットリグ、テキサスリグも投入。


13:05
■東関道上流
アシ際をモコリークローのテキサスリグで撃つ。
「1匹は釣ろう!!」


13:18
■水郷大橋上流
アシ際をモコリークローのテキサスリグで撃つ。

13:20
フットボールジグ(キャリラバTG1/2oz+6inジャンボグラブ)に持ち替える。

13:22
★ファーストフィッシュ! 約800gをキャッチ!

20kawabe-1-1321
20kawabe-1-1340
「ヨッシャー!!」

ライブウエルにすぐ魚を入れて釣り再開。


13:38
■水郷大橋上流
フットボールジグでチェック。


13:40
■水郷大橋上流
次のエリアに到着したが実釣時間は3分しか残されておらず帰着へ。


初日の成績
1尾965g 18位

DAY2


「今日はニューエリアへ行くよ! まずは黒部に行く」

6:23
■黒部川
閘門をくぐってすぐに「沈み石がある」。その周りをフットボールジグ(キャリラバTG1/2oz+6inジャンボグラブ)でチェック。
そのままアシ際を釣り進む。

20kawabe-2-0625
6:35
チャター系、モコリークロー(テキサスリグ)をローテーション。

6:55
ドックの護岸際にシャロークランクをタイトに通す。

7:00
アシ際にテキサスリグ。

20kawabe-2-0640
7:15
バイトあり。アワせるが乗らない。
「いまのバイトじゃないの?」

7:39
杭周りをシャロークランクでチェック。

8:13
同じストレッチの一段下のブレイクをレッグワームのダウンショットリグで探っていく。

8:15
バイトあり。

「お? でもニゴイだな」

8:54
利根川に出る。閘門が開き利根川が見えると「うわー、ザバザバだなー。巻き以外やりたくなくなるよね」。

閘門周りをクランクでサーチしてすぐに移動。


9:00
■利根川・最下流域
「(GPS魚探に)マークはついてるけど……どんなところか思い出さないと……」

フットボールを数投して「あー……なるほどね」。

9:05
少し上流へ移動。
プロトタイプのワームがセットされたチャターベイト系で杭周りをチェック。フットボールでも反応なく移動。


9:26
■小見川大橋
カットテールワームのノーシンカー、4inグラブのジグヘッドリグでチェック。


9:33
■東関道下流
モコリークロー(テキサスリグ)を撃つ。


9:40
■東関道下流
岸から10mほど沖の杭周りをモコリークロー(テキサスリグ)でねらう。
「浅いのかな~? たしか杭周りはそこそこ水深があったはず」

20kawabe-2-0943
9:53
上流へ小移動。
「お! あそこによさ気なカバーがあるじゃないですか!」


10:01
■東関道下
杭やアシ、流木にキャストしながら「こんな目に見えるものやってちゃダメなのかな……。意外と水位があるからよさそうなんだけどね」。

ブレイク絡みの倒木をねらう。


10:12
■JR鹿島線鉄橋下
アシ際からフットボールでサーチ。

「んッ……小魚がいっぱいいた……」


10:30
■水郷大橋上流
フットボール+ジャンボグラブをスイムジグ的に巻いている。


10:45
■水郷大橋上流
同ルアーをスイミングさせたり、撃ったり変幻自在に操る。


11:22
■水郷大橋上流
「そろそろ釣れてくれないと困るんですけど……。病んじゃうよー……」

同ルアーでアシ際を撃ちながら釣り上がっていく。

11:44
「いねーなー……。いれば食うはずなんだけどな……」

12:05
バイト?
「怪しかったけどね……」


12:15
■神崎大橋下流
消波ブロック帯をレッグワームのダウンショットリグでねらう。


12:23
■神崎大橋下
岸から20m程度沖のブレイク絡みの障害物をモコリークローのテキサスリグでねらう。

20kawabe-2-1234

12:50
■水郷大橋下流
フットボールジグとシャロークランクをローテーション。

13:00
帰着。


2日目の成績
0尾0g 20位

2日間トータル
1尾965g 20位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/25

つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…
つり人社の刊行物
THE CRANKER(ザ・クランカー)
THE CRANKER(ザ・クランカー) 本体3,600円+税 DVD-145分
超緻密ローテーションから正解を導き出す“釣り勝つクランク理論"のすべてをここに公開! 巻物系ルアーのスペシャリスト、北大祐がもっとも得意とするクランクベイトを徹底解説する本作。 昨今のよくあるビッグフィッシュのインパクトだけを狙った映像と…

おすすめ記事

最新号 2019年10月号

【今月の研究テーマ】
虫・カエル・ネズミ

小動物ルアーの使いこなしがわかる1冊です。バスフィッシングの多様化により近年ますます存在感を増してきこれらのルアーですが、そのサイズ感や、表層付近をメインステージとする特性上、使い方や出しどころによっては思うような釣果を得られないことも少なくありません。しかし、今号の記事を読んで実践すれば、これらのルアーが「釣れる」ことを体験、実感できるでしょう。
たとえば、浮く虫ルアーと沈む虫ルアーはどのように使い分ければいいのか。その判断を正確に行なうための理論とバスの観察の仕方が、大塚高志さんの記事読めばわかります。
「野良ネズミとフロッグの違いと使い方は?」
「虫ルアーの有効な使い方ってサイト以外にあるの?」
「フッキングやバイト率を上げるための秘密やチューン方法はある?」
「小動物ルアーって具体的にどんなのが売ってるの?」
こんな疑問をもつ方も、必ず手に取りたい内容となっています。
また、アメリカ在住のトーナメントウォッチャー・雨貝健太郎さんによるBPTとB.A.S.S.のレポートが読めるのも『Basser』だけ。とくに今号では、日本人選手がボーターとして9名エントリーしている注目のセントラルオープン第3戦の模様を16ページの大ボリュームで詳報。
青木大介さんが4位入賞を果たすきっかけとなったプラクティスでの気づきと試合中のアジャスト。そしてランキング暫定1位でこの試合を迎えた伊藤巧さんの苦悩と葛藤が、本人のインタビューも交えてレポートされています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING