サイト・ビー by Basser
バサーをつなぐウェブメディア

五十嵐誠選手のフットステップ

Basser Allstar Classic 2018 全21選手・2日間の足どりを公開!

大澤悠平=レポート、サイト・ビー=まとめ


◆五十嵐誠選手のヒットルアー、タックル、釣り方の詳細は、現在発売中のBasser2019年1月号で詳しく紹介しています。ぜひ誌面と合わせてご覧ください。


◆全選手のフットステップ一覧はこちら!
https://basser.tsuribito.co.jp/archive/bac2018footsteplist

DAY1


■スタート前
「メインは北浦。でも16番スタートで最初の閘門を通過できないので、待っている間は利根川をやります。人も多いと思うのであとは状況次第。プラは木金土、火水木の5日半。去年のバサクラ以来のカスミ水系です」


6:55
■利根川・水郷大橋上流
2連水門前から釣り開始。

ルアーは通称イガラシワーム(プロトタイプ)の1.3gジグヘッドワッキー。カラーはグリパン系。
数メートル程度のショートキャストでシェイクをしながらリトリーブ。時おりボトムへの引っ掛かりを外すような動作をしている。
シェイクはロッドを斜め下の下段に構えて20㎝程度の幅で行なっていた。シェイクに合わせて弛んだラインが20~30㎝幅で縦に揺れる。
岸際にキャストしたときは着水後すぐに、水門の壁にキャストしたときは数秒フォールさせてからシェイク・リトリーブ。

要所でKOチャター7g+スタッガー3inのタダ巻きも試す。


7:35
■小見川閘門対岸
小見川閘門に到着したものの入れず。
「最悪やぁ~。閘門は入れなかったぁ。みんな同じこと考えるなぁ」

「5分ほど」と言って閘門の対岸(千葉県側)の杭が並んでいるエリアをイガラシワームの1.3gオフセットネコリグで探る。ベイトフィネスタックル。

7:59
小見川行も通過。
エンジントラブルで利根川へ戻ろうとしていた赤羽修弥選手とすれ違う。


8:24
■北浦・山田ワンド
ワンドの奥には北大祐選手のみ。
「よっしゃ。全然人がいない。釣れてないのか?」

12igarashi-1-0830
南側の矢板をKOチャターのタダ巻きで探る。

ボートポジションで水深1~1.5m程度。ワンドの内側から本湖に向けて流していく。
ななめ45度くらいの前方へ7~8mのショートキャスト。リトリーブスピードはギヤ比8のリールのハンドルを1秒に1回転。

雨が止んで雲の隙間から青空が見える。

8:35
「魚が触った気がする」
ネコリグでフォロー。

同ストレッチの逆側から市村直之選手が流してくる。声を掛け合いながらすれ違う。

五十嵐「昔見たいにすれ違いで釣れないかなぁ~」
市村「あったね、そういうの」

スペースがあるところなら矢板の内側にもKOチャターを通す。沖側にある鉄杭にも通す。

8:45
エンジンで対岸へ小移動。
同じように矢板を探る。

12igarashi-1-0846
矢板に南寄りの風が当たり、水面に白い泡が立っている。

8:51
矢板の中へネコリグを数投してKOチャターに戻す。
ななめに引くだけでなく、場所によっては矢板と平行のコースでリトリーブ。

9:00
12igarashi-1-0856
12igarashi-1-0857
★ファーストフィッシュをキャッチ。
推定1000g。

「あと2本! 僕が釣れるってことは、(ワンドの奥にいる)北さんも釣れるってことだ。山田ワンドはみんなやるから、プラよりパワーダウンしてる。でもサイズはデカい」

プラでは1時間半で3㎏以上釣れた日もあったという。

9:13
エンジンで対岸へ小移動。

沖の杭へジグヘッドワッキーをキャスト。
「プラでは釣ったことないんだけど、魚が岸から離れた場合、こういうところしか食わせられる場所がないので」

ボートポジションで水深2mくらい。
南寄りの風が強まってきた。

9:19
北選手がワンドを出ていく。
「あれ? 貸し切りになっちゃった」

ワンドの奥へ向かって流していく。ルアーはKOチャター。
「うわ! 食った! (岸際の)石からすげー離れたとこで食った」

乗らず。プラでは乗らなかったことはなかったというが……。

9:28
根掛かりを回収するため岸際へ。
「シラウオがいっぱいいる。これ食ってんな」

9:29
矢板だけでなく、沖の杭もねらうため、ボートポジションを少し沖にとる。

ルアーをバレッジスイマーアナザーエディション(3/16oz)+スイングインパクトファット3.8inへチェンジ。
理由は「スピードを出したかったので」。

9:31
アタリらしき反応があったスポットへ、フォローでジグヘッドワッキーを数投。

9:33
マイクロスピン7gへローテーション。

9:42
ワンド奥の風車があるアシ原前へ移動。
「山田川からのカレントがすごい。すげー流れてる」

9:50
12igarashi-1-0946
12igarashi-1-0947
★セカンドフィッシュをキャッチ
推定1000g。ルアーは1尾目と同じくKOチャター。
ウルトレックスでボートポジションを固定し、リアからボートの後ろへ投げるようにして並んだ杭と平行引きしての釣果。

「チャターは水深30~50㎝の中層を引いて、上を意識した魚を釣っている。その下のレンジはスイムジグかスピナーベイト。バス釣りって楽しいなあ」

9:57
同チャターでバラシ。
「獲りたかったなぁ、今の。そんなにデカくないけど……獲り返そう!」

10:08
「実釣時間が少ないし、1匹釣れるまでは焦るけど、釣れたらコレ釣れるじゃん! ってなる」

10:31
12igarashi-1-1031
同チャターでまたもバラシ。
「さっきボイルしてたところで食いますね。プラではバラさなかったのになぁ」

数多くある杭に対して、平行引きや間を通すようにしてリトリーブ。


10:48
■メルヘン前
石積みの先端付近をジグヘッドワッキーでチェック。
「浚渫が絡んでるスポットで、それに向かって風が当たっていて、流れが巻いているのでいいのではないかと」

10:57
フローシャッドタイプ1を石積みと平行に巻く。

少し上流に向けて流しながら、岸に向かってKOチャターを投げる。


11:10
■蔵川ワンド
「あの2匹が獲れていればなぁ。次掛けたらバラさないんで!」
ワンド内南側の矢板をチャターで探る。

11:19
KOチャターのウエイトを7gから10gへチェンジ。

「朝ほど食い上げてこないのかもしれない。ということにして、レンジを下げてみます」

11:20
ハイピッチャー1/2ozダブルウイローを数投してすぐにチャターに戻す。

11:28
根掛かり。陽射しが強くなってきた。

11:32
矢板の内側でKOチャター7gにバイト。
「こんなとこ~?」


11:44
■山田ワンド
北側の矢板をKOチャターで探る。
対岸の南岸には市村選手がいる。
「ちょっと風向きが変わりましたね」

12:00
ネコリグにルアーチェンジ。シェイクしながらリトリーブ。


12:11
■水原エリア
石積みをKOチャターでサーチ。

12:20
石積みと石積みの間のスペースにはジグヘッドワッキーも投入。

12:39
「一匹でいいから」
TN60へチェンジ。
石積みと平行気味にキャスト。

12:44
マイクロスピンへローテーション。

12:47
「山田フィーバーのみですね(笑)」

13:10
小見川閘門へ到着。
待ち時間に周辺へジグヘッドワッキーをキャスト。


13:34
■利根川・津宮
消波ブロック帯にある水門前へ。
流れと同じ方向に強めの風が吹いている。
ジグヘッドワッキーでチェック。

13:43
水門から上流に流しながら、TN60、スイムジグをキャスト。

13:55
ストップフィッシング。


初日の成績
2尾2435g 12位

DAY2


■スタート前
「今日は6番スタートなので、最初の小見川閘門の通過をねらう。ねらいは山田ワンド。自分の勝利はそこしかない。昨日釣ったチャターでやりきる!」

6:15
小見川閘門着。最初の通過に間に合う。


6:58
■山田ワンド
一番奥のアシ+杭のエリアに入る。南岸の矢板には市村選手がいる。

「釣れますように」と手を合わせてお願いしてからスタート。
アシ原沖の四角に杭が並んでいるところをスピナーベイトでサーチ。ルアーはマイクロスピンとハイピッチャー。

「チャターしか投げない、と言いながら1投目がスピナーベイトというのが俺らしい(笑)。チャターだと根掛かりしそうなので」

7:10
より岸に近い杭群をKOチャターでチェック。

7:20
「昨日ほどカレントはないけど、濁ってる感じなので濃い目の色に替えます」
スカートをグリパン系にチェンジ。

7:23
「もっと濃い色にします」
スカートをグリパン&ホワイトのツートンカラーにチェンジ。
「今日は寒いね」

北よりの風が冷たい。前日とは逆向きの風。

前日は撃たなかった岸により近いエリアを流していく。

7:38
根掛かりが頻発。
「ぜんぜん魚が触らない。魚がストラクチャーから離れたとして、少しディスタンスをとってるんですけど、めちゃめちゃ引っ掛かる」

7:46
ハイピッチャーにチェンジ。
それでも引っ掛かる状況……。
チャターに戻す。

8:05
エンジンで小移動。南側の矢板へ。
北よりの風が当たっている。

8:10
前日とは違い、ディスタンスをとって矢板へ直角に投げていく。
「昨日釣れたのは浅いところ。矢板の前にタマネギがあって、そこに魚がついているイメージで。でも昨日も途中から釣れなくなって、浅いところではなくタマネギのアウトサイドに浮いたのかも? と仮定して、効率は悪いけど、そういうアプローチ。でも、食わせ方まではわからないのでルアーはチャターのまま」

8:26
「プラでは風のあるなしでの反応も確認してたのに……。水温は昨日と同じだし、暖かかったから釣れたっていう感じでもなかったんだけど……。新規開拓しないとダメかな?」


8:32
■メルヘン前
シンセンコーの1.3gジグヘッドワッキー。
シェイク&リトリーブでねらう。


8:51
■山田ワンド下流
粗朶消波工をKOチャターでねらう。
「ワンドの外に魚が出たパターン。夏に釣ったことはあるけど普段は来ない場所。いつもの場所だと同じようなコトになりそうなので……」

12igarashi-2-0857
8:58
12igarashi-2-0859
★ファーストフィッシュをキャッチ。
ウエイトは推定500g。

「30㎝はあるだろ! ウエイインできる! とりあえず、このルアーは食う。なんか状況が変わったっぽい。昨日1本目が釣れたのも同じ時間。時合か?」


9:13
■山田ワンド
南側の矢板エリアをKOチャターでチェック。

9:25
矢板沖の鉄杭群をジグヘッドワッキーのチェイク&リトリーブでねらう。

対岸の矢板には清水盛三選手。

9:35
ワンドの奥の先行者(一般アングラー)が離れたタイミングで奥へ移動。

アシ原前の杭群をねらう。

9:40
北選手がやってくる。
岸に近いポジションに五十嵐選手、沖側に北選手という配置になる。

10:00
12igarashi-2-1002
キーパーサイズをバラしてしまう。
「へったくそぉ~」
ボートポジションやリトリーブコースの関係でうまくフッキングできなかったようす。

10:13
ワンド南側の矢板へエンジンで小移動。本湖側へ流していく。
岸際にはフィルターユニット(タマネギ)が見えている。

10:20
12igarashi-2-1022
12igarashi-2-1023
★セカンドフィッシュをキャッチ。推定500g。
「ありがたい! 風が当たってるほうがいいのか? 同じようなところをまわるか」


10:29
■吉川
風が当たっている矢板+タマネギのエリア。
KOチャターでサーチ。

・浅いところ
・風が当たっている
・フィルターユニット(タマネギ)がある
この条件のエリアを探る。


10:39
■蔵川ワンド
南側の風が当たる矢板。
上記の条件を備えた場所をランガン中。


11:00
■水原
移動中、本湖はかなりの荒れ具合。
立っているのがやっとの状況。
そのなかでボートポジションをキープしてチャターをキャスト。


11:30
■鰐川
KOチャターを岸に向かってキャスト。
風の当たる浅いところ。
「まぐれでいいから、3kgフィッシュ釣れてくれ~」


11:52
■常陸利根川
岸にタマネギのあるストレッチ。
KOチャター。水門にはジグヘッドワッキーも。


12:00
■常陸利根川
対岸の水門をジグヘッドワッキーでねらう。

12:14
小見川閘門を通過。


12:36
■佐原の2連水門前
ジグヘッドワッキーをシェイク&リトリーブ。

12:42
★サードフィッシュをキャッチ。推定600g。

12igarashi-2-1244
12igarashi-2-1245
12igarashi-2-1246
「手、震えてます……。バサクラで初めて利根川で釣ったわ。利根川って釣れるんですね(笑)」


12:55
■会場上流の消波ブロック帯
帰着へ向かうと思いきや会場を通り越して上流の消波ブロック帯(茨城側)でストップし、KOチャターを数投してストップフィッシング。


2日目の成績
3尾2020g 9位

2日間トータル
5尾4455g 12位

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/25

つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…
つり人社の刊行物
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編
SERIOUS 15 2018 JB TOP50参戦記 3rd&4th STAGE編 本体3,800円+税 DVD-180分
第3戦 奈良県 七色貯水池 第4戦 福島県 北浦 TOP50のラストファイト! 青木が得意とするフィールド2連戦を完全収録。 日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」に参戦する青木大介に全試合完全密着する本…

おすすめ記事

最新号 2019年1月号

トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。
「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。
また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国無料。印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号からバックナンバーまで約1年分が無料で読めます。

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING