サイト・ビー by Basser
バスフィッシング全力投球!

Basser Allstar Classic 2018第5位・市村直之
表彰式インタビュー

変化し続ける状況に対応するアジャスト力が試された

サイト・ビー=まとめ
dsc_1371 この記事はBasser Allstar Classic 2018表彰式での市村直之選手へのインタビューを掲載しています。司会はBasser編集長の堀部政男

 10月27日~28日に開催されたBasser Allstar Classic 2018。5位に入賞したのは、初日3尾3640gをウエイインし4位タイに着けていた市村直之選手。フィールドコンディションの変化にうまく対応してウエイトを作ったという。アジャスト力を身につけるうえで重要なこととは?

フィールドに通いこんで「場所を知る」こと


―― 第5位の市村直之選手です。2日間のトータルウエイトは6尾5410gで、1尾の平均は900gです。この水系で普通に試合を行なうと800g前後がアベレージになるのではないかと思うのですが、市村選手はプラス100gを上乗せするためにどんな釣りをされたのですか?

dsc_1376
市村 僕はJBの試合に出ているので、厳しい状況で絞り出すことを得意としています。ただ、オールスターの3尾リミットでウエイトを作って勝つためには、釣りを弱くしちゃいけない。なので、なるべく強い釣り、ハードベイトの釣りをメインにしました。とくに今回はプラから本番にかけて状況がガラッと変わりました。さらに初日と2日目の今日もぜんぜん違う状況。そんなふうに移り変わっていく状況に絶えずアジャストしていけるように、今の一瞬を強い釣りで釣っていくというのが、今回のプランでした。実際初日は、朝は雨パワーで浅いところがよかったんですけど、時間とともに徐々に魚のレンジが落ちてきていました。そこで、深いところをスローロールしてみようと試してみたらキロアップが釣れた、ということがありました。

dsc_1326
―― 「アジャスト」とはひと言でまとめられてしまいがちな言葉ですが、釣りに関していちばんハイレベルな部分だと思います。

市村 大事なのはフィールドに通いこんで場所を知ることだと思います。これだけ広大なエリアのなかで、僕が今回メインにしたのは北浦。なぜかというと、JBでも長いこと練習をしているのでいちばん勝手がわかっているからです。状況が変わったときにあそこに行こう、ここに行こうっていうのが頭の中に入っているんです。たとえば風が当たっている面がいいのかな? と思いついたとき、この風向きだったらここがよくなりそう、というスポットをたくさん思いつける。

dsc_1227
市村 初日は「完全に風裏だな」と状況が読めました。風裏のひとつ深いレンジで、キンチャクの下でデカいのが食っているとわかって、同じような条件の場所が2~3か所頭に浮びました。そこを巡るとやっぱり釣れるんですよね。

―― こういう条件なのかな? と思って行った場所で釣れたんですね。だいぶ気持ちいい展開ですね。

市村 初日は気持ちよかったですね。前回出場させてもらったときは攻めと守りをバランスよくやろうとしていたんですが、利根川を知らな過ぎて最後は守りきれなかった。今大会は2日目の今日、北浦で1匹だけしかキャッチできなかったのですが、利根川に帰ってきて最後の10分くらいで2匹キャッチできました。その2匹があったおかげでここに立てていると思います。これからもまだまだいろいろなフィールドを熟知していって、もっとほかのところでもアジャストができたらなと思います。

―― ありがとうございました。第5位の市村直之選手でした。大きな拍手をお願いします。

市村 ありがとうございました。

◆市村直之選手の釣りの詳細は11月26日発売予定のBasser2019年1月号で詳しく紹介します。また、siteBでは市村選手だけでなく全選手の2日間の釣りを時系列でまとめたフットステップ記事をBasser発売に合わせて公開予定。こちらもお楽しみに!

 
Basser AllstarClassic 2018 平成最後の大乱打戦!



 トッププロやレジェンド級アングラーが一堂に会するBasser AllstarClassic。今年の会場で1万4500人が、そしてAbemaTVやsiteBで延べ100万人以上がリアルタイムで目撃したこの平成最後の戦いを、今号では特集しています。

 「湖上で起きたことのすべてを公開する」というオールスターの理念に基づき、1日目に3尾・4505gという圧巻のウエイトを叩き出した小森嗣彦選手の戦略や、2日目に猛チャージをかけた沖田護選手のフロッグパターンなど、生中継では見ることのできなかった各選手の戦いぶりを詳報します。

 また「米国ツアー最前線」では、雨貝健太郎さんがアメリカのトーナメントシーンに衝撃を与えた新たなツアー「BPT(バスプロツアー)」が発足した背景について解説。B.A.S.S.やFLWとの違いや、そこに在籍していた選手たちが来年からBPTへの出場を選択した理由、そしてこの新興団体を動かす超大物の存在……。今アメリカで何が起きているのかを詳細に伝えてくれています。


  

2018/11/12

つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…
つり人社の刊行物
Final Finesse ーファイナルフィネスー
Final Finesse ーファイナルフィネスー 本体3,800円+税 DVD-155分
2019年度から日本のバスフィッシングトーナメントトレイルの最高峰「JB TOP50」からバスフィッシングの本場アメリカに主戦場を移した青木大介。 JB TOP50では通算3度の年間タイトルを獲得するなど無類の強さを誇った青木だが、そのよう…

最新号 2019年8月号

[特集]山上湖
日常マイナス5℃の深呼吸と初夏の魚影を求めて

 今号では、夏こそ行きたい山上湖の釣りを特集。桧原湖、芦ノ湖、野尻湖、河口湖、榛名湖など、水面標高600~1,000mの涼やかな湖を取り上げ、夏の攻略法を紹介しています。
 桧原湖の案内人・澳原潤さんは、近年の同湖における傾向と対策、そしてベイトによって異なるフィシングパターンを解説。津留崎健カメラマンの美麗な写真も必見です。
 芦ノ湖の山木一人さんはトップウォーターとボトムという両極の楽しみ方を紹介。河口湖を担当してくれた藤田京弥さんは、ギル系ビッグベイトとジグポークによる攻略法を、五十嵐誠さんは野尻湖のスモールマウスと遊ぶためにぜひ覚えたい、ハードベイトとソフトベイト2種のキャロライナリグについて教えてくれています。
 この号が店頭に並ぶ6月末から7月、8月と今夏いっぱい役立つ山上湖情報が満載! 避暑と釣果の一石二鳥に大いに参考にしていただけること間違いナシの一冊です。
[ 詳細はこちらから ]

オンライン書店Fujisan.co.jp

Basser最新号を、毎号、発売日当日までにお手元にお届けいたします。 (地域や交通事情によって発売日より遅れて届くことがございます。予めご了承ください。) 送料は全国一律で税込100円! 印刷版、デジタル版共に1冊から定期購読がはじめられます。 店頭で売り切れてしまったり、忙しくて買いそびれる、という心配もありません。
定期購読をお申し込みいただくと、デジタル版の最新号から2012年10月号までのバックナンバー約6年分以上が実質無料で読み放題!

[ 定期購読はこちらから ]

 

NOW LOADING